001今回はタマトイズの

「マジカルサキュバス エナジードレイン」

試してみました。

サキュバス的なオナホールですね。 










オナホールで

「サキュバス」

と言えば真っ先に思い浮かぶ、というかもう「それしかない」っていう領域なのがキテルキテルのサキュバスシリーズですね。

だからといってほかのメーカーがサキュバスのオナホール出してはいけないなんていうルールもないので今回はタマトイズからのサキュバス的なオナホールになります。

マジカルサキュバス エナジードレイン
毎度おなじみタマトイズのことなので何かのパロディかもしれない・・・と疑いつつもさっぱり見当がつかないのでここは華麗にスルーして、心強いパロディ鑑定団の皆様のご協力を仰ぐことにしましょう。

001

重量は約325gの程よい肉付きなミドルサイズのオナホール。
表面はツルンとした丸みを帯びた形になっていますが、底面にはちょっとした平らな部分があるので机に置いた時に多少は安定するような造形になっていますね。

素材は少し固めで、臭いや油っぽさはほどほど。
あまりオナホールっぽくない青春時代にどこかで嗅いだ事のある記憶をくすぐるような謎の臭いが漂ってきますね。

001

内部には細かいヒダの塊のようなヒダがぽつぽつと付けられている構造になっており、ベースの壁はかなりのっぺりさせていますね。

_SL1024_

断面図で見てみると何かの幼虫のような縦ヒダがたくさんついた構造になっているようですね。
奥の方は「花咲く膣球」という謎のイボが付けられた構造になっています。

001

なんだか挿入してもいまいちピンとこないぼんやりとした刺激だったので、「こりゃああんまりよくねぇな・・・」と判断しかけていたんですが、なんてことのないただのローションの入れすぎて内部構造のディテーテルが飛んでいるだけ、という初歩的なミスを犯していました。

ぶっちゃけいうとローションを入れた段階で誤って多く入れすぎた感があったんですが、大丈夫だろう・・・と思ってそのまま挿入したらひどい事になったので、みなさんもローションの量には気をつけてください。

一旦ローションを拭き取ってから適量に入れなおして挿入してみると、このオナホールの詳細が浮かび上がってきますね。

まるで小さい隕石が降り注いでくるかのように小さなヒダのついたイボの数々がペニス全体をまんべんなく刺激してくるような挿入感になっており、是非ともこれを「メテオ構造」と名付けてみたい所ですね。

001

ただ、そのメテオ構造がそこまで劇的に気持ちいいかと言われるとそうでもなく、オススメ度で言えば★3くらいで収まってしまっているのが惜しい感じ。

「吸い付いて離さないサキュバス名器」

というキャッチコピーよろしく、バキューム感がやたらと前面に押し出してきているオナホールなのに、肝心なバキュームはどちらかというと弱めになっており、メテオ構造といえば聞こえはいいものの、単純に言えばザラついたイボがいくつかついているシンプルな刺激のオナホールといった感じです。

これにコンセプト通りな吸い付いて離さないレベルの強烈なバキュームがついていてようやく★4が見えてくるかな・・・といった感じの使用感なので、気持ちよさ的にも使用感的にもオススメ度は★3がしっくりくるオナホールだと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:2000円前後
nkp(1g当たりの値段):6.1円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る