Dolphin!(ドルフィン)今回はリクエスト頂きました、大人のおもちゃ通販大魔王の

「Dolphin!(ドルフィン)ソフト」

試してみました。

イルカ的なオナホールですね。 










2016年の終わり頃になにやらやたらと噂になっていた大人のおもちゃ通販大魔王のイルカ的なオナホール
もちろんオナ郎の耳にもその噂は届きまくっていたわけですが、なかなかに入手困難だという事で最近まですっかり忘れていた所、たまたま思い出して大魔王のサイトを見に行くと、ソフト版だけ在庫があったみたいなので迷わずポチってようやくレビューまでこぎつけたというわけです。

dolphin_15

一体何がそんなに話題に・・・

という事で軽くググって見たら、イルカ伝説まとめみたいなものをツイッター上で発見したので紹介してみましょう。
イルカオナホ伝説
  • 発売と同時に鯖落ち
  • 3分で完売
  • 発売2日目でオナホ売り上げランキング1位を達成
  • あまりにも売れるため工場でイルカオナホだけを生産する日が設けられる
  • 作者により本物のイルカの感触を再現する手順が公開される
  • 作者は既にイルカックス済m誰だろうこんな時間に
https://twitter.com/eachslit/status/805483548077477888
この「作者」というのがサイバーイグアナという方のようで、この方が今回の騒動の鍵を握っているようですね。

調べてみても情報が少なくて、なんとも言えない所なんですが、

とにかく情熱を費やしてイルカのオナホを作った

のは断片的な情報からは伝わってきました。

「なんでもは知らないわよ、オナホの事だけ」

というオナ川さんの精神で、オナ郎はオナホールの使用感をしっかりレビューしていくのでそこらへんお事情に詳しい方がいれば教えていただければ幸いです。

001

重量は約365g。
造形にはイルカ的なサムシングは施されておらずに非常にシンプルなオナホオナホした筒状の形状になっていますね。
「レギュラーハード」、「レギュラー」、「ソフト」と3種類発売されており、今回レビューするのは「ソフト」の素材。
臭いや油っぽさは控えめ気味でどちらもそこまで気にならない素材ですね。

ちょうどこの前レビューした「CQロールソフト」が手元にあったのでバンジータッチ素材と柔らかさを比べてみると、大魔王のソフト素材の方が1段階くらい柔らかい質感になっていますね。
また、臭いや油っぽさもバンジータッチに比べると少し控えめになっている、というのが比べてみるとよくわかる感じです。

001

内部にはうっすらとした細ヒダがベースの構造になっており、その中に大きめのヒダが3本程ついている構造になっていますね。

dolphin_14
大魔王の公式ページに掲載されているやけに詳細な断面図がこちらですね。
ゆるりとしたカーブに加えて、大きめの子宮口のような部分が3つ程設けられている構造になっているようです。

「なるほど、イルカの膣はこうなっていたのか・・・」

と、与えられた情報を鵜呑みにするでもなく、「ほんまかいな」といろんなワードで検索してみると、わりとガチくさい動画がYoutubeに上がったいるのを発見しました。

https://www.youtube.com/watch?v=mjoloW7AlFk


イルカの膣にシリコンを流してオナホでいう所のノック(芯棒)を作ってみた・・・という動画で、是非ともAV女優のオナホにも見習って欲しい所ですね。

001

イルカの膣内はこんな感じでスパイラルしてるんだよ、という研究結果なわけですが、これをオナホ用にデフォルメしたのが今回のイルカオナホという事なんでしょうかね。
リニューアルに伴い、前作「Orca(オルカ)」の原案者であるCyberIguana(サイバーイグアナ)氏に協力を求めたところ、快諾していただきました。
CyberIguana(サイバーイグアナ)氏に監修のもと、前作「Orca(オルカ)」を踏襲しつつもイルカの膣を参考に、3連子宮口構造オナホールとしてリニューアルしました。
說明を読んでみるとイルカの膣に寄せつつも、どちらかというと「3連子宮口構造」というのがメインなコンセプトになっているようですね。

001

「こ、これはまさしくイルカの膣ですね・・・」

さすがにイルカの膣に挿入した事のない修行不足なオナ郎は、そんな気の利いた台詞を言えるわけがないので、イルカ感はさておきオナホとしてどうなのかというのを真面目にレビューしていきましょう。

「3連子宮口構造」

という名前の通りな3つの子宮口にポコンポコンポコンと連続で挿入出来る感覚がとにかくはっきりとした挿入感で、そこそこ柔らかいソフト素材なのにその存在感はかなり大きいですね。

一段目と二段目の子宮口の間隔が少し狭くなっている感じなので、早めにストロークするとボボコン!!といったような一つの子宮口のように感じられまずが、意識しながらゆっくりとストロークすると確かに2つの穴に連続で挿入している感じがありますね。

一、ニ段階目までの子宮口はこれまでにもあるような子宮系のオナホールのボコンボコン感とそれほど変わりはない、「穴」って感じの挿入感なんですが、一番特徴的なのは最後の三つ目の子宮口で、この部分が穴に入っているという感じよりも、ちょっと狭めの穴にヒダが絡みついてくるような変わった挿入感になっていて、子宮系のオナホールに一つ個性が上乗せされているように感じました。
なのでロングストロークでその子宮口のポコンポコンした刺激を味わうよりも、奥の方でゆっくりとしたショートストロークをした方が亀頭へのコリコリとした刺激が分かりやすく気持ちのいい使い方でしたね。

そんなに子宮のポコポコとした挿入感が好きではないオナ郎でも「これは★4だな!」と素直に思えるくらいには気持ちよさは感じたので、とりあえずソフト版は★4は無事につけられるわけですが、おそらくこれ以上に子宮感が押し寄せてくるであろうレギュラーやハード版はこれ以上オススメ度が上がるとは思えず、ソフト素材の★4がおそらくピークなんだと思います。

逆に言えば

子宮系のボコンボコンとした挿入感が好きな人程ハードな素材を買った方が楽しめるはず

という目安にもなると思うので参考にしていただければ幸いです。

「イルカのオナホ」というのが話題になって盛り上がっていたんじゃないかと思いますが、

「これは丁寧に作られた子宮系のオナホ」

というのが実際に使用してみたオナ郎の素直な感想ですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:3000円前後
nkp(1g当たりの値段):8.2円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16大人のおもちゃ通販大魔王で詳細&レビューを見る