001今回はリクエスト頂きました、タマトイズの

「グルングルンファンタジーDX」

試してみました。

グルングルンファンタジー」のデラックス版ですね。
 










多少のひねりっこちゃんな構造は加えられているものの、元となっている構造は誰しもが「触手裏剣」と答えてしまうくらいインスパイア感が半端なかった前作の「グルングルンファンタジー」を経て、今回はそれがデラックス版となって登場してしまったようですね。

グルングルンファンタジーDX
前作と同じであれば元ネタとなっているのは「グラブル」というゲームで、あまりにもキャラが多そうなのでオナホられているキャラクターを探しにいく気がおきませんでした。

デラックス版

一応こんなコンセプトにはなっているものの、デラックスなだけに肉厚が増えたのかというとそうではなく、内部構造に変化を付け加えたバージョンのようですね。
前作でも400gオーバーとハンドホールにしてはそれなりに大きいサイズだったので、デラックスでサイズは大きくなっていないといっても十分な肉厚感はあるんじゃないかと思います。

001

重量は約465gなので、前作と比べても20g程しか大きくなっていないですね。
ツルっとしたシンプルな筒状の形状は同じ感じですが、入り口の穴がかなり小さめに作られているのが大きな変更点で、ここらへんは挿入感にも影響してきそうですね。

素材は少し固めで、臭いと油っぽさはやや控えめ気味なものが使われています。

0001

前作ではスパイラル状の縦ヒダだけだった構造に加えて、奥の方に大きめのイボがいくつかついたギミックが追加されていますね。

_SL1024_

オナホールのコンセプトとしては奥のイボ部分は先端を刺激する為のサムシングだと說明されているんですが、経験上奥についているイボは非常に感じにくいのでおそらく狙ったようなボコボコ感は出ないんじゃないかと予想してしまいます。

001

普通に気持ちいい。

例えばこの構造がタマトイズが生み出したもので、オナ郎が今回初めて使ったのであれば「うぉお!!」だの「すげぇ!!」だのいった感嘆の言葉でこのレビューは埋め尽くされている事でしょうけど、今までにさんざんコスられてきた勝利の構造なので、そこには何の感動も生まれずにただただ「気持ちいいですね」と真顔で答えてしまえるような、いい意味で安定感のあるオナホールとなってしまっていますね。

横ヒダのゾリゾリとした普通に気持ちのいい刺激に加えて、縦ヒダがグニョグニョと動くアクセントはまさしく触手裏剣系のオナホール特有の挿入感で、ヒダ好きであれば納得の一本だと言える仕上がりになっています。

刺激の加減は10段階で言うと大体7とかそこらへんの加減になっており、刺激特化型のオナホールが苦手なオナ郎でもお尻をピクつかせながらも射精まではこぎつけたくらいの刺激レベルですね。

今回の大きな特徴でもある奥のイボゾーンは、やはり予想していた通りイボのゴツゴツした感触はさっぱり感じられませんでしたが、その代わりに緩めの子宮に挿入しているようなクポクポとした亀頭へのひっかかりが追加されており、グニョヒダ+ゆるめの子宮感を楽しめるオナホールへと変化している感じですね。

入り口を狭めにした事によってバキュームも効きやすい構造になっており、「空気の方法その2」を使えば十分な密着感も得る事が出来ます。(その1では多少空気が残ってしまう模様)
しっかりと空気を抜いて密着感と高刺激を楽しむのもよし、少し空気を残してゆるめな刺激を楽しむのもよしと刺激の加減を調節出来るのは刺激寄りなオナホールとしては大きいメリットですね。

もう若干だけ素材が柔らかくて刺激がマイルドな方がオナ郎の好みな仕上がりではるあるので、オススメ度としては文句なしのズバリ★5は少しつけにくく、★4か★5か・・・で迷って★4にしておこうかな・・・という感じのオナホールですね。

後発のオナホールであるならば、「そんな事は関係なかったぜ」と言えるくらいに気持ちよさが抜き出ていた「温泉欲情」ばりの感動があるか、オリジナルを超えるような独特な挿入感が出ていないと、やはり評価も厳しい目で見ざるを得ずにオススメ度として★5をつけるにはいつも以上に少し辛(から)くなってしまいますね。

とりあえず、

手裏剣構造はやはり優秀な構造である

というのはオナホールの教科書に載ってもいいくらいの一つの真実だと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:2200円前後
nkp(1g当たりの値段):4.6円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る