001今回はリクエスト頂きました、マジックアイズの

「すじまんくぱぁ ろりんこ もっちり ソフト」

試してみました。

すじまんくぱぁ ろりんこ」のソフト版ですね。










キテルキテルのサキュバスシリーズ同様に、マジックアイズのすじまんくぱぁシリーズもやたらとシリーズ化されすぎてどれがどれだったかいまいち記憶に残っていない今日この頃。

cc615483
すじまんくぱぁ!ろりんこ|過去シリーズの中では最高傑作なんじゃないか疑惑の処女型くぱぁホール

ノーマル版でもある前作は2014年と約3年前のオナホールだったんですね。

「過去シリーズの中では最高傑作なんじゃないか疑惑」

とタイトルにもなっている通り、実はすじまんくぱぁシリーズはこのサイトでは全体的に評価が低めにつけられており、そんな中でも「これは!」と思えるような挿入感だったのがこの「すじまんくぱぁ ろりんこ」という商品だったのだ。
というのをレビューを見て思い出しました。

すじまんくぱぁ ろりんこ もっちり ソフト

過去最高傑作なんじゃないか疑惑、と言っても前作をレビューしたのが2014年なので3年前のオナ郎のペニスはすでに自分自身でもそこまで信用出来ないレベルなので、それが本当に正しい評価だったのかをソフト版の素材の変更点と共にしっかりレビューしていきましょう。

パッケージはピンクを基調とした背景になっているだけで、使われているイラストなんかはノーマル版とおそらく同じですね。

001

マジックアイズのパッケージにもよく採用されている爪開きタイプのこの箱の留め具の部分。
動画を撮影する時にいつもこの部分で手間取ってしまって若干イラっときているのはここだけの話です。(たまに破いてしまう始末)

001

パッケージには婚姻届が書かれていてのは前作と同じ仕様ですね。

こういう細かい設定があるのはとてもいい事だとは思うんですが、この欄に自分の名前を書いてしっかり保存している所を誰かに見られた日には相当な精神的ダメージを負ってしまうでしょうね。

001

重量は約425gで使われている型はノーマル版とまったく同じですね。
ソフト版なだけあって、素材がかなり柔らかめのふわとろ系なものが使われています。
臭いはほどほど、油っぽさは少し気になるくらいですね。

001

入り口から少し奥にいった所に処女膜っぽい壁がついていますね。
内部の素材は外部素材とははっきりと分かるくらいに固めのものが使われていますね。

001

処女膜っぽい穴がついているものの、裏返そうと思えば普通に裏返す事が出来ますね。
うっすらとした二層構造にイボやらヒダやらの無造作系の構造になっています。

_SL1500_

深さで素材感が変化

と書いていますが、別の素材が使われているわけではなくて、おそらく内部素材を奥にいくにつれて薄くする事によって外側のふわとろ素材の触感を出そうとしているんだと思います。

内部構造はノーマル版と同じく、入り口付近に特徴的な処女膜を配置して、奥の方はうねうねとさせて無次元っぽい構造になっていますね。

001

入り口についている処女膜は程よい固さもあってコリっとした弾力とともに穴に入っている感触をしっかりと味わう事が出来ますね。
そこまでキツい穴というわけではないので、刺激耐性が低めな方でも十分刺激のアクセントとした楽しめるくらいのバランスだと思います。

奥の方にはすっぽりとハマってくれるような優しめの子宮ゾーンも存在しており、ストロークすると根本らへんでは処女膜のザラザラとしたヒダが、奥の方では子宮口のポコポコ感を楽しめて、根本と亀頭を同時に刺激されているような挿入感を味わう事が出来ますね。

入り口付近の処女膜の刺激が印象的だったので、奥の方がやけにユルイな・・・と最初思っていたんですが、よく考えたらソフトなふわとろ系のオナホールだったというのをふと思い出して使用感を改めて見直してみると、このオナホールの全貌がつかめてきました。

簡単に言うと

処女膜のコリコリ感が楽しめるふわとろ系ホール

というのが一番しっくりくる表現で、処女膜のコリコリ感に気を奪われて刺激系ホールだと勘違いすると少し物足りないような印象になってしまいますね。

奥にいくにつれて内部の壁が薄くなっていくので、奥の方はかなり柔らかめなまったり感のある挿入感になっており、子宮のポコポコ感があるとはいえかなり緩めな刺激ですね。
徐々に快楽を上げるようにゆっくりと奥の素材感を楽しみながらストロークしてあげれば、まったり系特有のこみ上げるような快楽が徐々に顔を出し始めますね。

それと同時に根本付近では処女膜のザラついたヒダっぽい感触も楽しむ事が出来るので、刺激のグラデーションを一つのオナホールで体感出来るような挿入感になっているのが大きな特徴ですね。

入り口の処女膜を出入りするようにロングストロークをすればそれなりな刺激を楽しむ事が出来ますが、どちらかというと奥の部分でショートストロークをした方がまったりホールとしての魅力を最大限楽しむ事が出来ますね。

ただ、★5をつける程に圧倒的な気持ちよさではないので、オススメ度としては★4くらいで収まってしまうオナホールだと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■□□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:2600円前後
nkp(1g当たりの値段):6.1円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る