キャンパスライフ 合コン編今回はリクエスト頂きました、トイズハートの

「キャンパスライフ 合コン編」

試してみました。

キャンパスライフシリーズの第4弾ですね。










最近のトイズハートの中では頭一つだけ飛び出ている感のある今回のキャンパスライフシリーズ。
清楚系」、「体育会系」、「就活編」と3作目からなぜか”系”ではなく”編”になってしまったシリーズですが、今回は合コン編ですね。

キャンパスライフ 合コン編

残念ながらオナ郎はキャンパスライフを送っているピチピチの女子大生と合コンする機会なんてないので、なんともハッキリしないんですが、この頭の上にサングラスを乗っけるファッションってバブル時代のオシャレ文化なんじゃないでしょうかね・・・。

「それはね坊や、作っているのがおっさんだからだよ」

という明確な解答はもちろん持ち合わせているんですが、もしかしたらオナ郎の知らない流行の最先端ではこんなファッションが流行っているのかもしれませんね。

001

重量は約293gで使われている型や素材はすべてシリーズで同じですが、色だけはシリーズごとに変えているみたいですね。

少し固めで臭いや油っぽさは控えめなフレッシュスキンという素材が使われています。

001

この型の特徴は何と言ってもこの穴子さんのタラコ唇のような入り口部分ですね。
元々はトイズハートが昔発売していた「SAKURA美少女物語」という型が流用されているみたいなので、小陰唇に対しての穴の小ささがなんとなく昔っぽい作りに見えますね。

001

今までに出た3つ全てが★4を叩き出しているこのシリーズ。
「せめたてる刺激」、やら「かきわける刺激」やら「からみつく刺激」やらとシリーズごとに刺激の印象を変えてきているわけですが、今回は

「くらいつく刺激」

という事で、真ん中付近らへんの狭まったヒダの部分がくらいつくスポットになっているようです。

_SL1000_

内部構造の說明部分の語尾がすべて「だよ」で統一されており、テンプレ感のある女王様が優しく說明してくれているようにしか見えない奴隷気質なオナ郎です。

001

一番特徴的なのはやはり真ん中部分の狭くなっている細穴ヒダの部分で、入り口からすぐの所から子宮口に入るようなクポっとしたひっかかりを経て、そこから長めのヒダ穴を経て、最後のバキュームスポットでペニスが開放されるような挿入感になっていますね。

弾力のあるプリプリとした素材に加えて細いヒダ穴ゾーンがあるので、刺激はわりと強めになっており

「くらいつく刺激」

というのは分からなくもない、”喰らわれている”かのような挿入感は再現出来ているように思います。

ただ、本来であれば★4はつけてもいいような挿入感なはずなのに、★3との間で迷ってしまっている理由は、亀頭寄りな刺激のバランスとオナ郎の感度の相性がいまいち噛み合わずに、「気持ちいいようでそんなに気持ちよくない」と思ってしまうような挿入感になってしまっているからですね。

そこそこ人気なシリーズもついに4作目となって「外せなくなった」トイズハートが、これまたバランスを取りに来てしまって角が取れたような挿入感や刺激の強さに感じてしまうのもいまいち評価が上がらない理由かもしれませんね。

残念ながら今回は★4寄りな★3止まりなオナホールでした。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:2300円前後
nkp(1g当たりの値段):7.7円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16DMMで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る