36982_6_300_300今回はトアミの

「バックストピリット」

試してみました。

ホモ感溢れる括約筋のオナホールですね。










オナホ業界のホモ市場はエーワンの「K2MANシリーズ」が今の所独占状態なわけですが、数多くあるオナホの中でもかなり数の少ないのが今回のジャンルですね。

001

トアミというメーカーは自社で商品を開発しているというよりも、海外の製品をリパッケージして売っている事が多いメーカーなので、今回の商品も

「オナホ業界のゲイ市場はワシがもろた」

というチョモランマよりも高い志を持ってこのオナホールをリリースしたというわけではなく、面白そうなオナホールがあるのでオラちょっくら売ってみっぞ!的なノリでリリースされたんじゃないかと思います。

001

シックスバックの腹筋やたくましい胸筋の造形はさておき、とりあえずオナホを手にとって一番はじめに目に入るのはタヌキもびっくりな巨大なタマキンですね。

これだけいかついタマキンがついていながらも、チンチンがついていないので見方によっては下腹部に出来た大きな腫瘍のようにも見えなくもないですね。

このオナホール自体がチンチンの造形になっている

という見方も出来なくもないんですが、そうした場合チンチンをシックスバックに割るチントレ方法を是非とも教えてもらいたい所ですね。

002

入り口は括約筋まで再現されているアナルっぽさのある造形になっていますね。

201

内部はシンプルながらも全体的に丁寧に作られている感じで、前半部分はイボと後半部分は細めの横ヒダと、外型のはちゃめちゃが押し寄せてくる造形に比べるとおとなしい内部構造ですね。

515rwEhXctL
想像をより膨らませる大きな玉袋は見て良し、さわって楽しむも良し。
想像を膨らませるのは結構な事ですが、玉袋自体が膨らみすぎですね。

ちなみに重量は約430gと公式重量よりも40g程少ないサイズ。
素材は少し固めの油っぽさは控えめ気味で、ガチムチボディからは想像の出来ない石鹸のような香りがする素材ですね。

001

キツすぎる、というわけではないにしても入り口は少し狭めに、その周りも多少肉厚に作られているので、イメージを膨らませればアナルっぽいと言えなくもない挿入感になっていますね。

奥の方には筋肉的な肉の膨らみがモコっと当たってくるようなアクセントに加えて、おとなしいヒダがコスってくるような挿入感で鉄板のシンプルなヒダ構造にしてはそこまで気持ちよさも大きくないかな・・・といった具合になっていますね。

001

欠点らしい欠点と言えば、このウエストの部分の肉厚が少し薄めになっている為に少し根本付近が寂しめに感じる事くらいですね。

パッケージから溢れるハードなアナルの締付けというわけでもなく、刺激レベルで言ってもレベル3くらいの弱くも強くない刺激加減で、アナルっぽさみたいなものはなくもないですが挿入感や気持ちよさはギリギリ★3くらいに届いたくらいの無難なオナホールといった感じですね。

どでかいタマキンを愛でたい

という方にはちょっとだけオススメしたいオナホールですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:1200円前後
nkp(1g当たりの値段):2.79円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る