オナホトピックス

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりて、オナ郎がペニス休みを行ないながら、締め切りの迫った仕事にひたすら没頭する為の偽装のコーナーです。 

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルトグッズについての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

最近のオナホまとめ

いきなり家にTENGAが送られてきたんだけど|VIPPER速報

オナホを固定する方法ってある?|VIPPER速報

オナホかヘッドホンどっち買うか迷ってる…|同人音声ちゃんねる

昨日のワイ「初めてオナホ使うゾ~ワクワク」→結果wwwwwwwww|特定しますた

マツコの知らないオナホールの世界|キニ速

【マジキチ】今からコンニャクオ●ニーするぞwwwwww|キニ速

ラスベガスのアダルトショップから3万個のコンドームが盗まれる|Sputnik日本

3702346

米ラスベガスのアダルトショップに泥棒が2度入り、コンドーム3万個が入った箱と、1万5000ドル相当のアダルトグッズが盗まれた。CNNが報じた。

盗難があったのは先週末。5月26日夜に店に泥棒が入り、コンドームの入った箱が盗まれた。そして翌日朝、泥棒は再び店を訪れ、従業員用のドアを突き破って侵入、アダルトグッズを奪った。

「パパ、ここはおもちゃのお店?入っていい?」と聞かれた父、そこはアダルトショップだった―中国|Record China

2017年5月11日、山西晩報によると、中国山西省晋中市の小学校近くにアダルトグッズを売る店がオープンしたことが保護者らの頭を悩ませている。 「こういう店が学校近くに…。子どもにどう説明すればいいのか分からない」と話すのは8歳の息子を持つ李さんだ。

放課後、学校まで迎えに行った李さんと一緒に歩いていた息子は店の前で突然、「パパ、このお店はおもちゃを売っているんでしょ?入ってもいい?」と質問。答えに困った李さんは「おもちゃを売ってくれるお店ではないよ」と急いでその場を離れたという。

障害者の性、男性不妊の研究・開発に取り組む「TENGAヘルスケア」の挑戦|Abema Times

2
TENGAを使って"障害者の性"を豊かに  アダルト雑貨のメーカー「TENGA」が、医療・福祉分野に本格的に進出しようと、新会社「TENGAヘルスケア」を設立した。

まだ社員数は数名の規模だが、代表取締役の佐藤雅信さんは『「性を表通りに、誰もが楽しめるものに変えていく」というTENGAのコンセプトの"誰もが"の通りに、障害のある・なしや、年齢、性別問わず、性を変えていきたい」と意気込む。

まん◯画太郎先生×TENGAをグッスマがフィギュア化! リアルTENGAにも取り付けられる|KAI-YOU

825fa6de6ba34d576461787556d454f6

漫画家・まん◯画太郎(漫☆画太郎)さんとTENGAのコラボフィギュアが誕生してしまいました。 まん◯画太郎先生が連載中の漫画「ミトコンペレストロイカ」に登場するネズミ「ドクミ」が、「LOVE ME TENGA」Tシャツを着用している姿を、なんとグッドスマイルカンパニーがフィギュア化。

成人本自販機全撤去宣言する自治体続出、消滅した県も|NEWSポストセブン

erohon2
昭和の時代、街中にひっそりと佇んでいたエロ本の自動販売機。近年、すっかり見かけないあの箱はいったいどこにいったのか? 3年半にわたって全国中を探し求め、『あの日のエロ本自販機探訪記』を上梓した黒沢哲哉氏が青春時代の原風景が残る世界へと誘う。

自販機専用に制作されたエロ本、いわゆる「自販機本」が出現したのは1975~76年頃。その数年前に登場した雑誌の自販機に関わる業者が、エロ本の出版社と組んで自販機本を作り始めたのだ。エロ本自販機は瞬く間に広まり、『ポルノ雑誌の昭和史』(川本耕次著)によれば、その数は1977年11月時点で全国に1万台、東京では3500台が稼働していた。

しかも、その頃はたばこの自販機と同じように、夜でも人通りのある道路に置かれていた。

「カリビアンコム」運営者逮捕に見るAV業界崩壊の危機|DIAMOND ONLINE

2

 昨今、アダルトビデオ業界関係者の逮捕劇が繰り返されている。2016年6月には、AV出演を強要した「労働者派遣法違反の疑い」でAVプロダクションの社長ら3 人が逮捕。

16年7月にはキャンプ場でAV撮影を行ったとして、計52人が「公然わいせつ」に触れるとして逮捕された。さらに同年11月には、所属するAV女優をソープランドに紹介した「職業安定法違反容疑」として、こちらもAVプロダクション社長3人が逮捕されている。

東京五輪を理由にコンビニからエロ本が消える!? ちばてつやも「エロ・グロの規制は言論統制の始まり」と警鐘|LITERA

ero_170512_top
2020年、この国から成人誌が消えてなくなる──。「非実在青少年」問題など成人誌を規制しようとする動きが日を追うごとに強くなっていることに加え、2020年東京オリンピックの存在がその決定打となるかもしれないと、現在業界関係者の間ではしきりに囁かれている。