ずらキュン~下着娘をずらしてキュンキュン~今回はリクエスト頂きました、エンジョイトイズの

「ずらキュン~下着娘をずらしてキュンキュン~」

試してみました。

下着を脱がす事が出来るオナホールですね。










胸が躍るオナホール



オナホール自体の評価はともかく、パッケージやコンセプトを見ただけで「こいつぁ新しいじゃねぇか!」とワクワクしてしまうようなオナホールが、年間で言うと片手の指で足りるか足りないかくらいには発売されるわけですが、2017年で言うと「ブルーフレーム」や「Love Style 48」がちょうどそんな感じの期待感のあるオナホールでしたね。

今回はエンジョイトイズというメーカーがそんなオナホールを出してくれたようです。

ずらキュン~下着娘をずらしてキュンキュン~
下着を付けたトルソー型ホール

似たようなコンセプトで言えばメイトの「ぷるりんパイ」というオナホールが下着着用系のオナホールでしたが、あれと違うのはぷるりんパイが下着を着用したトルソー型ホールだったのに対して、今回は

着脱が可能な下着を付けたトルソー型ホール

という事で、パッケージから透けて見える下着のパーツが完全に別素材で作られているのが最大の特徴となっています。

もう一つは一昔前にNPGから発売されていた「空想少女群 梶ヶ谷 藍」というオナホールにぴったりサイズの水着が付属しているオナホールというものがありましたが、あれは完全に布で作られている水着でしたね。
今思えばあれはあれでかなり斬新なコンセプトのオナホールで、今やってもなかなかウケるんじゃないかと思いますが、あの頃のNPGだからこそ出来たバブリーなコンセプトだったのかもしれません。

001

重量は約247gで下着を付けている点を覗いては一般的なトルソー型のミドルホールといった感じの造型ですね。
普通~少し固めの素材で、臭いは控えめ気味、油っぽさはほどほどな素材が使われています。

001

下着はかなり柔らかめの素材で作られており、完全に着脱して素っ裸に出来るようになっています。
実用的かどうかはさておき、コンセプトとしては十分面白い試みで、さらに凄いのはこれを定価2268円の実売価格1000円程で収めてしまった価格設定ですね。

このような金型が余分にかかっている商品は普通のオナホールよりも値段が高くなってしまうものなんですが(ブルーフレームよろしく)、普通のオナホールと同じかそれ以下のnkpで発売出来たエンジョイトイズの企業努力をとりあえず評価したい所ですね。

001

下着を取ってすっぽんぽんにしてしまうとこんな感じの、普通のトルソーホールと成り下がってしまうので、最大限楽しむのであればやはり下着は着用させておいた方がいいかもしれませんね。

下着の素材がかなり柔らかい為に着用させる時にうまくつけられなくて多少イラっとしてしまったのはここだけの話です。

001

前半部分には小さめのイボがぎっしりと、そして上下には大きめのイボが数個ついた構造で、奥の方には「バンジーシェイク」系のストリングスがついている構造になっていますね。

001

みんな大好きなパンツを横にズラしての挿入シチュエーションが楽しめるのはずらキュンだけ!

という事で、パンツはあえて脱がさずに挿入してみました。

やはり下着がついているからといってビジュアル的にいつもより興奮出来るというわけでもなく、挿入中にオナホールに目をやってみてもただのトルソー型ホールにしか見えないのはまぁ予想通りな結果でしたね。

肝心な挿入感はというと、前半部分の大きめなイボがコリコリと分かりやすい刺激で、小さなイボのザラっとした感じも十分伝わり、また奥についているストリングス構造がたまにプリプリと亀頭にひっかかってきてアクセントとしてもしっかり機能している感じですね。

前半のイボゾーンと奥のストリングスゾーンがなかなかいい感じのバランスでペニスを刺激してくれるので、斬新なコンセプトと共にオナホールとしてもしっかりと実用的なものに仕上げてきていますね。

オススメ度も★5とまではさすがにいきませんが余裕で★4くらいはつけられるくらいのものなので、ちょっと気になる程度の方でも買ってみてもそこまでガッカリはせずに普通に楽しめるんじゃないかと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:950円前後
nkp(1g当たりの値段):3.7円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る