001今回はリグレジャパンの

「極イボクラッシュヘブン」

試してみました。

極めてイボ寄りなオナホールですね。










前回の「連続子宮ホール」に続いて同時発売されていたのが今回のオナホール。
繁忙期なわけでもないので新規メーカーがこうやってポンポンと発売してくれるのはとてもありがたいですね。

極イボクラッシュヘブン

「見た事もない大きなイボ!」

という事で、ネーミングやキャッチコピーでも分かる通りイボがメインコンセプトになったオナホールですね。

今までレビューしてきた中で最大に大きかったイボのオナホールはトイズラブの「ノヴァインパクト」というオナホールだったわけですが、オススメ度を見ても分かるように「過去最大に大きかったからといって気持ちよくなるわけでもない」のがオナホールの難しい所。

極端な造型や構造のオナホールはそれだけでインパクトが出て注目されやすいわけですが、そこに実用性を持たせるのが製作者の悩みの種になるんでしょうね。

そんな中で「極端なもの」で過去に一番成功した例はおそらくラブクラウドの「ふわトロ名器」じゃないかと思います。

001

前回の「連続子宮ホール」と全く同じ型が使われていますね。
重量は約260gで固さは普通くらい、臭いと油っぽさは控えめ気味なこちらも「連続子宮ホール」と同じ素材が使われていますね。

001

「見た事もない大きなイボ」はちょっと井の中の蛙すぎたかなと言わざるを得ない感じの、大きくはあるけど過去最大では決してないサイズのイボが上下に配置された構造になっていますね。

その合間には小さめのイボと、浅めのヒダがつけられた構造ですね。

999

「連続したサムシングが襲いかかってくる」という点では、名前こそは違いますが「連続子宮ホール」と、ある意味同じコンセプトとも言えるので、シリーズとして販売してもよかったかもしれませんね。

上下のイボ感がどれだけ気持ちよさに貢献出来ているかがポイントになりそうな構造ですね。

001

上側のイボの刺激は少し分かりにくい感じですが、下側のイボの存在感はかなり大きく、まるで高速道路に設置されている赤いポールコーンをなぎ倒しながら爆走しているような挿入感になっていますね。

001

もう少し分かりやすくオナホ寄りに例えると、フェラチオホールについている舌のギミックがいくつもついているかのような挿入感で、裏筋をベロンベロンに舐め上げられているような挿入感といってもさほど遠くない表現かもしれません。

ただ、そのイボがあまりにもせり上がりすぎている為に軽い感じの挿入感になってしまっており、密着感こそはそこまで低くありませんが、刺激に直結しているポイントとペニスとの接地面が普通のオナホールよりも少なくなってしまっていますね。

ポールコーンをペニスでなぎ倒したいんだ!!

そんな挿入感をお求めの方であれば、この挿入感は間違いなくフィットするようなオナホールだと思いますが、別にそうでもない方にとっては単純な気持ちよさの面で見ると少し足りない印象を感じてしまうんじゃないでしょうか。

横側から刺激してくるベースの壁の部分も、ザラっとした感触は多少あるので最低限機能していますが、あくまで最低限の刺激の補助くらいにしか存在感がない為に、特徴的なイボ頼りの挿入感では少し物足りなさを感じてしまいますね。

オススメ度としては★3くらい・・・になってしまうわけですが、何の面白みもない無難なオナホールに付けられがちな★3とは違って特徴がしっかり出ているだけに、システム上同じ★3のカテゴリに入れなければいけないのは少しもったいなさも感じてしまうオナホールですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:1900円前後
nkp(1g当たりの値段):7.3円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る