くびれ姫今回はタマトイズの

「くびれ姫」

試してみました。

くびれで楽しむタイプのオナホールですね。










くびれのある女性とセックスしたいという気持ちは余裕で理解できるとしても、くびれのあるオナホールに挿入したいかと言われれば別にそうでもないと答えてしまいがちなわけですが、今回はそんな「くびれ」がコンセプトになったオナホールですね。

_SL1024_
さすがにコンセプト重視っぽいオナホールなので、何かのパロディではないと思いたいところですが、きっとタマトイズのことなので隠し味として何らかのキャラクターが今日も元気にオナホられているとは思いつつも、さっぱり見当もつかないオナ郎です。

003

肉厚とクビレのギャップで楽しむ新感覚オナホール

クビレをコンセプトにしてきているので、てっきりトルソー型のオナホールかと思いきや、入り口からすぐの所が極端に狭まったハンドホールでクビレを再現してきているようですね。

重量は約258g。
少し固めで、臭いや油っぽさはほどほどな素材が使われています。

_SL1024_

別にクビレがついていようがいまいが握ってしまえば刺激が自由自在に操れるのがハンドホールというものですが、あえて乗っかっていく気持ちでしっかり握っていきたいと思います。

004

内部は基本的にはスタンダードな横ヒダがつけられており、くびれ部分には小さめのイボがキレイに並んだ構造になっていますね。

_SL1024_
断面図で見てみると、奥の部分にもっこりとした突起がつけられていました。
内部構造だけで言うとなんて事のないありきたりな構造なので、後はくびれ部分がどこまで機能しているかがポイントになりそうですね。

001

入り口周辺にクビレがあるからといって想定したような強い締付け感はあまり出ておらず、特に入り口周辺が強いというわけでもなく全体的に締まりはほどよい加減な挿入感になっていますね。

基本的には横ヒダの刺激なのでそれなりに気持ちよさもあって、ニュルニュルとした素材感も適度に心地よい感じなのでガッカリするでも満足するでもない無難なオナホールとしての役割は十分果たせている使い心地ですね。

コンセプトであるはずの「肉厚とクビレのギャップ感」がそこまで印象的ではない使用感になってしまっているので、プラスアルファな要素もなく★3もつけば十分なオナホールだと思います。

002

クビレの部分はなるほど手でギュっとするにはちょうどいいグリップ感ではありますが、その位置があまりにも下側すぎる為に基本的には根本周辺がグイグイと刺激される上にストロークのし辛さもあり、どちらかというと握らないでストロークした方が快適に使えてしまいました。

ハンドホール型の造型であれば、クビレの部分は亀頭側の奥の方についていた方が使いやすさも向上していい結果になったかもしれませんね。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:1100円前後
nkp(1g当たりの値段):4.2円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る
22_16x16DMMで詳細&レビューを見る