オナホトピックス

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりて、オナ郎がペニス休みを行ないながら、楽しみにしていた釣りがまたしても中止になってしまった原因の台風15号を全力でしばきに行く為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルトグッズについての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

最近のオナホまとめ

【緊急】なんか捨ててあるんだがwwwwwwwwww|キニ速

Amazonから何か届いたwwwwwwwwwww|キニ速

【画像】幼女の足コキオナホ買ったぞwwwww|虹萌えニュース速報

ロバを獣姦した少年たち、次々と狂犬病に|ニコニコニュース

2565051p
狂犬病に感染していたロバを獣姦したモロッコの少年グループが、病院へかつぎ込まれる事件が起きた。 複数の欧米メディアによると、若い活力を持て余した15人ほどの少年たちが、ロバを相手に無理やり発散させてしまったという。

だが、少年たちが次々と体調を悪くしていったことで、このロバが狂犬病に感染していたことが判明する。

朝6時から深夜2時まで毎日研究! "男性の秘め事"に果敢に挑んだTENGA創業者の半生|AbemaTimes

1
 自宅のガレージでロシア製の古いバイクの整備に夢中になっている男性。彼こそ、"アダルトグッズ業界の革命児"といわれる、

株式会社TENGAの創業者、松本光一代表取締役社長だ。  1967年、静岡県に生まれた松本。現在独身。専門学校卒業後、車の整備士を経て営業マンをしていた34歳の時に脱サラし起業した。松本は、いかにしてアダルトグッズ業界へ足を踏み入れることになったのか。

AbemaTV『創業バカ一代』では、その半生に迫った。

フット岩尾、自宅ベランダに卵形珍グッズが…「本当に気持ち悪かった」|デイリースポーツ

001

お笑いコンビ・フットボールアワーの岩尾望が24日、フジテレビ系「バイキング」で、自宅ベランダに、卵形のアダルトグッズが置いてあった恐怖を語った。

アダルト業界の大物が9位の資産家に-DMM亀山会長の飽くなき起業精神|ブルームバーグ

-1x-1
メディアには一切顔を出さないことで知られるその男は、目立たない身なりで現れた。アダルト動画(AV)配信サイトの成功で財をなし、今ではネット上でゲーム配信から外為取引、英会話まで幅広く手掛け、国内有数の資産家にのし上がったDMMホールディングスの亀山敬司会長(56)だ。  

DMMは数年前、ビートたけし氏が広告に出演したことで世間一般から信頼を得るようになった。 亀山氏は昨年12月には慶応大学から講演に招待され、その1カ月後には文春オンラインがコラムの執筆を依頼した。

マイナビと日本経済新聞による4月の調査では大学生の希望就職先100社に選ばれ、業種別では楽天を上回った。

これからのVRアダルト作品はどう進化していく?「AVオープン2017」からその傾向が見える【カリスマ男の娘・大島薫】|日刊SPA!

SnapCrab_NoName_2017-8-17_17-33-9_No-00-550x382
見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?  AVオープンの開会式から1か月が経過した。  8月に入り、各ノミネート作品が発表されたことで、それぞれのメーカーはその売り上げの報告に一喜一憂しているところだろう。  昨年から続く、乙女部門や、熟女部門とは別に今回新たに並行して開催される「VR-1グランプリ」も盛り上がりを見せている。

カメの性感をブルブル刺激し……希少種を絶滅から救うため、大人のおもちゃが活躍中!?|日刊サイゾー

kame0805
国際自然保護連合によると、淡水に住むカメの約半分の種は、絶滅の危機に瀕しているという。そんなカメたちを、“大人のおもちゃ”が救うかもしれない。  カメに限らず、希少種の保護に当たっては、雄と雌それぞれの生息数を正確に把握することが必要だ。

ところが、淡水に住むカメの多くは生殖器が外から確認しにくいため、鑑別が難しく、研究者泣かせとなっている。雄雌鑑別には生殖器の一部を切開する必要があり、カメにとっても負担がかかる。

職場でも使いやすそうな「貼るTENGA」誕生 スタイリッシュなデザインのふせんで業務連絡してみたい|ねとらぼ

mach_170814tenga01
男性用アダルトグッズでおなじみ「TENGA」から、「貼るTENGA」が登場しました。同商品をモチーフにしたステッカー、ふせんになっており、デザインはなかなかスタイリッシュ。これさえあれば、いつでも「TENGA」と一緒にいられるね!(ニッコリ)

【閲覧注意】“ミミズを使った”尿道オナニーがキモ官能的すぎる!! 糸を引く感じがたまらなくエロい… 飽くなき性の探求「蟲姦」の実態|TOCANA

1708_wormmasterbation_1
普通の自慰行為では飽き足らず、より強い刺激を求めて“尿道オナニー”に興じる男性は少なくない。世界各国では、さまざまな異物が尿道に挿入される事例が後を絶たず、ボールペンや延長コード、さらにはダイヤの指輪などが手術によって摘出されている。

また2014年には、中国・湖北省に住む男性が自身の尿道にゴム縄跳びを挿入し、抜けなくなる事故が発生。緊急手術により摘出された太さ4mmのゴム縄は、なんと長さ1.1mもあり、すでに膀胱内にまで侵入していたという。

【インタビュー】世界最大の吸血ヒルを育てた“ヒル専門店店長”「ヒル愛が暴走して、ペットとの関係を超えた」「尿道オナニーに利用する者もいる」|TOCANA

170A3052
古来より、人間は、ペットを飼う生き物である。日本では石器時代に犬の墓が存在したといわれているくらいで、人間が愛玩動物を飼うという行為は、極めて根源的な欲求なのかもしれない。しかし、我々の根源的な欲求とは、全く相反するようなペットを愛している男がいる。

その人物、吉田一貴氏は、よりによって人間の生き血を啜る吸血生物=ヒルに心を鷲掴みにされ、その専門店「蠢くもの達」を始めてしまった人物なのである。今回は「愛情とビジネスの間」について聞いた。

オナホール業界の重鎮たち9人が裏話だらけの秘話トーク激論!実はクールジャパンの屋台骨?二次元パッケージが海外で熱い!あの有名イラストレーターも描きたがる!?今オナホが楽し過ぎる件!【コミケ新刊コラボ企画・ロング座談会を書き起こし】|DMM NEWSR18

2
今回の記事は、オナホール業界の重鎮たちを中心に9名が都内某所に集い、秘密裏にこっそりと開催された座談会を文字起こししたものである。現代日本や世界各地におけるオナホール普及の現状を話し合い、未来へ向けての展望や野望を、飛ぶ鳥を落とすような業界の勢いと酒の力で語り尽くしたものである。

「オナホール白書2017」と題された「第一部」は、今年の夏コミ(C92)の3日目で頒布される冊子に掲載される予定。 その後に展開された「第二部」を今回、このDMMニュースR18で先行公開してしまおうという趣向である!