001今回はタマトイズの

「オナホールドロップアウト」

試してみました。

ランダム封入系のオナホールですね。










タマトイズ+ランダム

この組み合わせの商品は今までにもいくつか発売されてきており、去年なんかは「無次元のランダムホール」が年間ランキングにまでギリギリ食い込んでくるくらい好成績を収めていたのは記憶に新しい所ですね。

5f51c284
無次元のランダムホール|無次元かどうかはともかくコスパは非常に良いランダムホール

現在では「在庫切れ」となっているので完全売り切り型のなんの発展性もないシリーズなわけですが、

ランダムなだけあってコスパが半端ない

という圧倒的アドバンテージでそれなりに需要がある商品なのかもしれません。

特にタマトイズのランダムシリーズはRIDE JAPAN製のオナホールが入っている事が多いので、お得感をさらに加速させてきている感じですね。
オナホールドロップアウト
オナホールドロップアウト

元ネタはもちろんさっぱり知らないけど「ドロップアウト」と「悪魔」というキーワードがあるので、そこらへんで検索してみるとあっさり元ネタであろう「ガウリールドロップアウト」というアニメが出てきてくれました。

http://gabdro.com/
001

オナホられているのは「サターニャ」というキャラクターの分かりやすいパロディでしたね。

001

「我が悪魔的選択したオナホで堕天せよ」

との事なので、この子がデビルズチョイスしたオナホールという体(てい)で一応ランダムホールながらもコンセプトはしっかり成立している感じですね。

001

多分今回もRIDE JAPANのオナホが入っているんだろう

・・・と思っていたら案の定その通りで意外性もなにもなかったですね。

ピンク色のバンジータッチ素材の方が約266g。
半透明なハードタッチ素材の方が約312gと、なんのオナホかはさておき合計で578gのオナホが最安値で816円で買えてしまう事になり、

nkpでいうと1.4

というマッコスジャパンも裸足で逃げて出してしまうくらいの脅威のコスパとなっています。
もちろん中身はランダムなのでこれより上下する事はあると思いますが、ある程度バランスを取っていると思うので大体1~2nkpくらいの間で収まる数字に振り分けられていると思います。

001

さてこれが何のオナホだったか・・・。

ピンク色の方は「ナース」的なアレだったな・・・と思って調べてみると「ナースのCQ挿入感」で一発ヒット。

相変わらずランダムでそんなに好きでもないCQ系のオナホールを引いてしまうオナ郎のくじ運の悪さはともかく、ハード素材の方はさっぱり覚えていないのでローラー作戦で一つずつ調べていくと出来たのがこちらのホール。

fed7880c
ぷにスティック|レッスン3、回転は無限の力だそれを信じろッ!

そういえばこんなのもあったな程度にしか覚えていない2013年にレビューした「ぷにスティック」と同じ型なんですが、それのハード版ですね。
確か「ぷにスティック」のハード版は発売されていないはずなので、試作品として作った(であろう)オナホールを味わえるという地味に嬉しいランダムな仕様となっており、RIDE JAPANファンの方であればそれだけでも買う価値がありそうなオナホールだと思います。

001

どちらもしっかりとレビューしているオナホールなので、詳しい説明は過去記事を見て頂くとして、今回のポイントは

★5が出た「ぷにスティック」のハード版は果たしてなんぼのもんなのか

という点ですね。

地味なランダムホールのレビューでそこまでテンション上がっていなかったんですが、ここに来て少し楽しみが出てきましたね。
ちなみにナースのCQ挿入感の方は2013年のレビューでは★3がついていますね。

002

「ナースのCQ挿入感」と出会ってから約4年・・・。
あれから数多くのCQ系のオナホールに挿入してきたオナ郎が、改めてこいつに挿入してみた感想としては

わりと嫌いではないCQ感

で、とても優しいクポクポとした穴に出入りするその感触は、気持ちよさで言えばたいしたものではないにしても、奥のアクセントとしてはとても有効に機能しているように思いますね。

その優しすぎるCQ感は、例えていうなら

「むかしむかしあるところに、クポクポとした挿入感をもつオナホールがあったそうな」という日本昔話風のナレーションが脳内で再生されてもおかしくない牧歌的な挿入感

といった感じですね。

全体的な気持ちよさで言えば★4にはギリギリ満たない気持ちよさではあるので、過去にレビューした時の★3で間違いはないものの、「だからどうしたんだ?」という感想よりかはもう少し前向きな心地よいアクセントがあるオナホールだと思います。

001

続いての本命となる未発売なぷにスティックのハード版。
ハード素材なのである程度の刺激があるとは予想していましたが、想像よりかは若干おとなしめな感じで十分気持ちよさも感じられる挿入感となっていますね。

全体を纏っているやけにザラつきのある射精力の高い刺激に比べて、縦ヒダがいまいちどこにあるのかよくわからない感じとなっているのが少し気になる点ですね。

4年前ではとても斬新さのあった縦ヒダ構造ですが、2017年の今となってはすでに散々コスられてしまった構造なのでとくに新しさを感じる事もなく、わりと無難気味なオナホールに感じてしまうのは仕方のない所ですね。

これが例えば完全新作で「ぷにスティックハード」として発売されたとして、真面目に評価すれば、オナ郎的には★3ですが、オナ郎のペニスである「ペニ郎」が「この気持ちよさで★3はちょっと殺生ちゃいますのん」と主張している意見をあわせて、ギリギリ★4をつけているんじゃないかと思います。

他にはどんなオナホが入っているのか?

気になったのでAmazonレビューを参考に少し調べてみました。
  • VDD
  • ヴァージンループノーマル
  • ナースのCQ挿入感
  • バンジーシェイクグランツ
  • 金の萌天ハード
  • 超オナホ
  • ボクちんのあな
  • うらぷにツインテール
  • CQロールソフト
ククク・・・、どうやらぷにスティックのハードを引いたのは私だけだったようだな・・・

RIDE JAPANは在庫処分するほど売れてないはずがないので、おそらく多少傷があったり気泡が入っていたりのB級品をタマトイズが安く買い取ってランダムで出しているんでしょうね。

ランダム封入という事なので今回レビューしたオナホでの評価はしにくいので、これらのオナホが2つはいっていて800円程度なのであればオススメ度的にはかなり高い商品ですね。

ランダム商品に★5をつけるのもなんだか違う気がするので、★4くらいの評価でお茶を濁しておきましょう。

オナホデータ

ショップ平均価格:800円前後
nkp(1g当たりの値段):1.4円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る