NIKU-MAN[にくまん]2200今回はG PROJECTの

「NIKU-MAN[にくまん]2200」

試してみました。

NIKU-MAN[にくまん]」の大型版ですね。










「NIKU-MAN」の大型版ですね。

なんて言ってみたものの、それがどんなブツだったのかさっぱり覚えていなかったので、過去のレビューを見に行ってみたら

「感動はいらない、そこにあるのは、シンプルな気持ちよさ」

このような大げさなタイトルがついていて少し動揺してしまいました。

サイトを初めてからしばらくは少し大げさな表現でタイトルを付けたりもしていたんですが、ここ最近はオナ郎が感じた以上の誇大表現はタイトルにしないように心がけているので、どんな挿入感だったかはいまいち覚えてないけど、良いオナホールだったという事なんでしょうね。

NIKU-MAN[にくまん]2200

前作では「肉まん」のコンセプトでもある、肉厚感よりもイボの心地よさの方が評価を受けているようなレビューになっていましたが、今回はどうあがいても肉厚を感じざるを得ない大型なサイズになっての登場ですね。

イラストを描いているのは前作と同様に、成年コミック作家の「すめらぎ琥珀」さん。
肉々しいお尻中心のイラストが「肉まん」らしさを強調したシンクロ率のあるパッケージになっていますね。

001

本体は2.2kgという事で据え置き型ホールとしては程よい重量感。
イラストに合わせてお尻がかなり大きめに作られているような印象を受けますね。

001

大きな特徴としては、アソコとお尻のぷっくり突き出た部分らへんにとても柔らかい素材が使われており、ボディの方はそこそこしっかりとした固さの素材が使われていますね。

つなぎ目みたいなものもほとんど分からずに、触って初めて2つの素材が使われているというのに気付くくらい自然に出来上がっていますね。

臭いは控えめになっていますが、その分油っぽさはほどほどよりも少しキツめについているのは、柔らかい素材ならではの欠点ともいえますね。

002

いくらなんでも上付きすぎるだろう


と言いたくなるくらい、アナルの位置がかなり下の方についてしまっており、少しリアル感に欠ける造型になってしまっていますね。

2穴ホールの挿入感を優先してのこの位置なのであれば、中途半端に肉薄になってしまうくらいであればこのくらいの非現実さはある程度目をつむってしまえるくらいの些細な問題・・・とも言えますね。

_SL1000_

アソコ側は前作の流れを継承してイボメインな構造になっていますね。
一番奥にはバキュームを効かせる為の空間が設けられているみたいですが、据え置き型ホールは空気がそもそも抜きにくいものなので、どれほどバキュームが効いてくるのかがポイントになりそうですね。

アナル側はかなり細めな穴となっており、多少のうねりと多少のヒダがつけられている構造になっています。

003

妙に生っぽくていい

2.2kgの重量感なので肉厚感の良さは当たり前のように発揮されているとして、このオナホールの良さはそんな所ではなくて、妙に生っぽい挿入感に他ならないと思いますね。

入り口付近の素材をかなり柔らかくしている為に、挿入した時にヌルっとした肉質感のある柔らかさがペニスを包んでくれる感じで、さらにその奥に進むとしっかりとした膣内の締めつけ感というか膣筋みたいなものを感じられる固めの素材へと変化していくさまがやけにリアルさがあり、かつ心地よい挿入感となっています。

あまり据え置き型ホールでは思った事のない

ずっと挿入していたくなる感じ

が、こみ上げてくるくらいの心地良さで、据え置き型ホールの中でもしかしたら一番好きな挿入感と言ってしまってもいいかもしれませんね。

ただ、肝心なイボイボの刺激が前作に比べて少しあっさりしすぎているようで、一応イボっぽいものがザラっと当たる感じは分かるんだけど、それがはっきりと気持ちいいものにはなっておらずに、ちょっとしたアクセント程度にしか機能していないのが残念・・・とまではいかないものの、もうちょっとイボがくっきりしていたほうが気持ちよかったかもしれないな、と思ってしまいますね。

ペニスを挿入してからお腹辺りを押すと、バフッという音と共に一応空気は抜けてくれる上に、密着感と刺激も少し上昇するので、挿入するのであれば空気をしっかり抜いておいた方が吉な使い方ですね。

004

対してのアナルはというと、アソコ程の心地よい挿入感があるわけでも、ヒダ感がしっかり出ているわけでもないただの穴っぽい印象があり、アナルっぽくて良いとも言えるしオナホとして少しつまらないとも言える微妙な加減の穴となっていますね。

アナルっぽい挿入感を目指すのであれば、お尻のギュっと締まる括約筋があれば納得の判子をバボンと押してみたい所ですが、アソコの穴と同様にアナルの穴も入り口が柔らかくなってしまっているので、これはアナルにとってマイナス要素になっているんじゃないかと思います。

総評

めちゃくちゃリアルなわけでもなく、めちゃくちゃ気持ちいいわけでもないけど、

確かにある心地よい挿入感の秀逸さ

というものがしっかりと感じる事の出来る非凡なオナホールだと思いますね。

挿入感の心地よさだけで言えば満点を付けられるレベルではあるので、あともう一つ素敵なサムシングがあれば文句のない★5をつけていたんじゃないかと思います。

未だに出会ったことのない、オナ郎が想像する究極のオナホール

リアルっぽさとオナホっぽさが融合したオナホール

の正解にとても近い挿入感なんですが、今回のものはそのどちらもが少し中途半端な感じで終わってしまっている・・・ような印象も受けてしまいました。

オススメ度でいうと★5にはギリギリ届かずな★4くらいがちょうどいい評価なんじゃないかと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■~■□[刺激系] (5段階:3と4の間くらい)
ショップ平均価格:8300円前後
nkp(1g当たりの値段):3.7円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16DMMで詳細&レビューを見る