はんじゅくっ!ぺろぺろばーじょん今回はエグゼの

「はんじゅくっ!ぺろぺろばーじょん」


試してみました。

はんじゅくっ!」のハンドホール版ですね。










ギャップ二層構造

「流行っている」状態をすでに超越して、もはや一つの構造としてすっかり定着してしまったこの構造。
前作の「はんじゅくっ!」でもエグゼで採用されており、しっかり高得点を叩き出した事もあって「約束された勝利の構造」という程には安定感はないものの、今の所この構造を採用したオナホールはわりと丁寧に作られているような印象がありますね。

はんじゅくっ!ぺろぺろばーじょん
「ぺろぺろばーじょん」

前作の「はんじゅくっ!」が何バージョンだったのかはよくわかりませんが、今回はフェラチオ感のあるぺろぺろ的なバージョンになっていますね。

エグゼがこういう感じでシリーズ化してきたという事は、ギャップ二層構造のオナホールをこれからは「はんじゅくっ!」という名前で発売しようとしているのかもしれませんね。

001

アヒル口なのか半笑いなのかの判別が付きにくい口の造型が特徴ですね。
外側の素材は少し固めに作られており、油っぽさは控えめ気味ですが少しガソリンっぽい臭いがついていますね。

001

内部はもちろん分厚くて柔らかい二層構造となっており、フェラチオホールよろしくしっかりと舌のようなパーツがついています。
それ以外の部分にはあまりヒダやらイボやらがついていないように見えますね。

ho6649jp-004

フェラチオタイプのオナホールは、どちらかというと穴の口径をかなり広めにしてバキューム感を演出しているようなものが多いんですが、今作は穴の口径はかなり狭めになっており密着感を重視しているように見えますね。

002

どうなんだ・・・これは・・・

確かに普通のオナホールのようなニュルっと入ってニュルっと抜けるような感じではなくて、舌がベロンと当たって喉でゴツっと当たるような挿入感にはなっているような気がしますが、

これがフェラチオなのか?

と問われると決してそのようなイメージは持てないような挿入感となっていますね。

ストロークする度に舌パーツが亀頭をベロベロと舐め上げる・・・というよりかは、すごく舌の使い方が下手くそなフェラチオをされているような不器用さのある舌の当たり方になっており、一応これはこれで亀頭に刺激は加えてくれるのでこのオナホールの特徴にはなっている感じですね。

奥の方はどちらかと言えばのっぺり感のあるまったりとした挿入感で、真ん中付近の下から突き上げてくるようなコブが2つ目の刺激の要になっているような挿入感となっています。

つまる所どんな挿入感なのかというと、ベロっと亀頭に当たる舌と、ボコっと突き上げてくるコブの2つのコンビネーションでペニスを攻めたくってくるようなオナホールなわけですが、フェラチオホールっぽい動きにはなっているもののフェラっぽくはなく、オナホールとして気持ちいいのかと言われるとそんなに気持ちよくはないオナホール・・・といった感想になってしまいますね。

★1をつけてしまうくらいに絶望的に気持ちよくないわけではなく、舌の動きに集中しながらうまくストロークすれば射精くらいはこぎつける事が出来たので、オススメ度的には★2くらいが妥当な評価なんじゃないかと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■□□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:2200円前後
nkp(1g当たりの値段):7.6円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る
22_16x16DMMで詳細&レビューを見る