001今回はタマトイズの

「ディープスロートフェイス」

試してみました。

全頭タイプのフェラチオホールですね。












全頭ホール

001

数え切れないくらい数多くのオナホールが今までに発売されているのに、数えるくらいにしか発売されていない、

オナホ業界のアンタッチャブル

といってもいいくらいレアな存在なのがこの「全頭ホール」というジャンル。

PPPが発売した「マジックフェイス」ではその実用性を証明出来ていたわけですが、それ以降他のメーカーから全頭ホールが発売される事はなく長い沈黙を経て今回タマトイズが挑戦してきたわけです。
_SL1024_
「ディープスロートフェイス」というタマトイズにしてはわりと一直線なネーミングになっていますね。
ただ、イラストの女の子は何かのアニメのキャラクターがオナホられている可能性は十分あるので油断は出来ない所。

かなり大きめな箱に顔面アップのイラストでインパクトはかなり大きく、全頭ホールのコンセプト感もしっかりと演出できている感じですね。

001

借金の為に風俗で働かざるを得なくなった出勤初日の女の子の表情

をうまく再現出来ており、とても哀愁のある造型になっていますね。

公式重量は1.8kgとなっていますが実際の重量は約1580g程となっており、中型オナホール約1個分の重量がまるまるどこかへ消えてしまっていますね。
固さは普通くらいで臭いや油っぽさはほどほどな素材が使われています。

deep1
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップで再生)

「てめぇ生意気なんだよ!!!」

と、風俗のいじわるな先輩に軽く小突かれたくらいではへこたれない強い精神と、バランス感覚を持っています。
マジックフェイス」では自重でスッテンコロリンしてしまうくらいのバランスの悪さがネックだったのに対して、「ディープスロートフェイス」では安定感のある自立が可能になっていますね。

これで「戸棚にオナホが入っています」というお母さんの渾身のギャグも炸裂出来るようになったというわけですね。

001

目の窪んだ部分がやけに指とフィットしてしまう為に、なぜか動画撮影時にグイグイと目玉を押しまくるという謎のプレイを無意識に楽しんでいたオナ郎です。

001

内部は二層構造になっておりピンク色の着色がされていますね。

「てめぇ生意気なんだよ!!」

と、初めてついたお客さんに舌を引っ張られたくらいではへこたれない精神と、柔軟な長い舌がついていますね。
この子であればきっとしばらくしたらナンバーワンのイラマチオ嬢になると確信出来ますね。

_SL1063_

内部の穴は斜め下に伸びているような形になっており、そこまで複雑な造型ではなく、ザラザラさせた壁に加えていくつかカーブを描いている感じの構造になっていますね。

見た感じでは少し大きめな口径になっているので、後はこれがしっかりとバキュームされるのかが挿入感のポイントになりそうですね。

deep2
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップで再生)

なるほど、挿入してみれば哀愁のある表情は「イラマチオをされている時の苦しそうな顔を表現しようとしていたんだな」というのがとてもよく伝わってきますね。

挿入感うんぬんの前に、やはりこうして頭部がしっかりあり、頭を抱えてペニスをグイっと挿入するという行為だけでフェラチオをされている、あるいはイラマチオをしているような感覚に非常に近いものがあり、

最早頭部なくしてフェラチオホールは成立しにくいんじゃないか

と思えるくらいの臨場感を味わう事が出来ます。

もう少し言うと、実際にリアルなフェラチオをされている時は「これがフェラチオの挿入感だ」とフェラチオをされているのだから当たり前の話そのように認識するわけですが、フェラチオホールの場合はまずオナホールに挿入している前提があって実際のフェラチオの挿入感とイメージを照らし合わせてああだこうだとレビューする事になるわけです。

全頭ホールの場合はその前提が「オナホール」よりも実際のフェラチオをされている時のような気分にとても近い為に、多少挿入感がフェラチオっぽくなかったとしてもフェラチオっぽい挿入感のように脳が感じやすいという事になるわけですね。

では実際の挿入感はどうなのかというと、やはり前提としてフェラっぽいと脳がすでに認識してしまっているので、それを切り分けて考えるのがとても難しい作業ですね。
口内は少し固いような気もするし、舌もそこまで動いておらず、のどちんこもオナホっぽいひっかかりになっていたり、もちろんバキュームするような動きもないので、厳密に言えばフェラっぽくはない挿入感なんですが、そんな些細な事は関係ないくらい「フェラっぽい」と、そう言えるような臨場感がそこに存在している感じですね。

空気抜きがしっかり出来ているのかはよく分かりませんでしたが、一応密着感はそれなりにあり、喉奥に突っ込んだ時のグポっと穴を突き進むような感じは挿入感としても心地いいですね。

のどちんこに亀頭がひっかかる感じも刺激のアクセントとしてしっかり機能しており、フェラっぽさもあるしオナホっぽい部分も垣間見えたりで、まったり気味な穴にオラオラと挿入していると自然と射精感がこみ上げてくるようなオナホールで、フィニッシュ時の喉奥に突っ込んでの射精はなかなか満足感のあるものでしたね。

唯一残念な点と言えば、やはり舌がそこまで活躍しておらず、裏筋に多少モコっとした感触がある程度にしか機能していないので、もうちょっと舌の存在感があった方がフェラホールとしてもオナホールとしても面白かったかもしれませんね。

フェラチオ感を味わいたい

そんな方には、あれやこれやと口内を再現したハンドホールを使うよりも、全頭ホールを使った方が手っ取り早くその願いが叶うと思いますので、ぜひともオススメしたい商品ですね。

臨場感やフェラっぽさは大いに堪能出来たので勢いで★5を付けてみたい所ですが、レビュー基準に従った気持ちよさまで考慮した場合、★5は少し付けすぎ感があるのでオススメ度としては★4くらいで収めておきましょう。

オナホデータ

[まったり系]■■□□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:8000円前後
nkp(1g当たりの値段):5円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る
22_16x16DMMで詳細&レビューを見る