ぬるぬるナタデココニーズ今回はRIDE JAPANの

「ぬるぬるナタデココニーズ」


試してみました。

ナタデココ的なオナホールですね。


「ナタデココのような・・・」

今までにもレビュー内でこのような表現でオナホールの挿入感を説明する事が何回かありましたが、今回はそんな比喩表現するまでもなく

ナタデココがコンセプトになったオナホール

の登場ですね。

ぬるぬるナタデココニーズ

まさかのナタデココがコンセプトになるオナホールが発売するとは微塵も思っていたなかったので、今回のコンセプトはちょっとびっくりな登場ですね。

なんというか、内部構造を表現する為に使っていたものがこうしてオナホ化されてしまうと、そのうち例えるものがなくなってしまうんじゃないかと若干不安になってしまいますね。

ただ、「聖闘士星矢の必殺技を食らった時のような挿入感を再現!」なんてオナホールが今後出てくるとは思えませんが、「軟骨の唐揚げをペニスで食べているような挿入感を再現!」なんてオナホールはひょっとすると発売されてしまうかもしれませんね。

45

重量は約268gで、表面の綺麗なつるつるとした造形になっていますね。
使われているのはバンジータッチ素材で、臭いや油っぽさはほどほどなRIDE JAPANの基本となっているノーマル素材です。

11

裏返した内部構造を見る限りでは「ナタデココ感」の一切ないイボメインな構造になっていますね。
通常のオナホールであれば、こういったコンセプトの場合見た目でナタデココが中に入っているような構造になっている事が多いわけですが、目に見えない挿入感をコンセプトにしてきたというのはかなり珍しい事例かもしれませんね。

_SL1000_

裏返して見る時よりも断面図で見た方がイボの群れが凶悪そうに見えますね。
ナタデココというよりも見た目だけで言えば、

肉腫を植えられた虹村億泰の父親っぽい造形・・・

20160430094015

のほうがしっくりくるような気がしますね。

59

しまったな・・・


億泰の父親とか言ってしまったものだからそのイメージが抜けない始末

で、我ながらひどい表現をしてしまったものだと今では反省しています。

ナタデココという程ザクザクコリコリしたような感じではなくて、似たような所でいうとどちらかと言えば

大小のタピオカがたくさん詰まった挿入感

JPG

といったような表現のほうがしっくりくる感じで、所々タピオカがダマになってひっかかってきたりと複雑なイボの触感を味わえるようなオナホールですね。

そんな表現よりも「億泰の父親的な肉腫感のある挿入感」という方が実にしっくりきたりするわけですが、あまりこんな表現をすると営業妨害だと言われるのでやはりタピオカで押し通す事にしましょう。

イボのざらついたような触感もしっかりあり、塊でひっかかってくるような複雑なイボもありと、イボ系のオナホールとしてはほんの少し斬新に感じるような構造で、なかなか良いオナホールだと思います。

バンジータッチ素材の柔らかさと、イボ本来のひっかかりの薄さもあって刺激レベルはそこまで高くなく、かといってまったり気味かというとそこまで低刺激な挿入感でもないので、ペニスによっては少し中途半端な刺激具合に感じる人もいるかもしれませんね。

オススメ度的には余裕のある★4といった所で、★5には一歩届かずなオナホールですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:1400円前後
nkp(1g当たりの値段):5円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る
22_16x16DMMで詳細&レビューを見る