淫惑ヴァージニティー今回はマッコスジャパンの

「淫惑ヴァージニティー」

試してみました。

前回に引き続き、マッコスジャパンの第2弾となるシリーズですね。


昨日のレビューでせっかくの第2弾のオナホールが★2を叩き出してしまい「安くてデカイだけなのでは・・・」とオナ郎に認識される一歩手前くらいにまで差し掛かってきたマッコスジャパン。

同時発売されているのは1.2kgのトルソー型ホールとこれまた重量級のオナホールで、

オナホ業界のコストコ的存在

というような印象があるメーカーですね。

4589431650054

パッケージはかなり大きいので置き場所には注意が必要ですね。
イラストは幼い感じのロリっぽい絵で、コンセプトも「ロリータトルソー」という事でそちらに寄せてきている感じですね。

ちなみにこちらのお値段は約3500円という事で2.9nkp程の価格となっています。
オナホールは大型になればなるほどnkpは下がっていく傾向にあるので、コスパが売りのマッコスジャパンとは言っても重量が大きくなるにつれてそのアドバンテージが徐々に減ってしまうのは辛い所ですね。

001

公式重量1200gに対して、実際の重量は約1187gと誤差は約1%程しかないのはかなり優秀な数値ですね。
おっぱいはかなり小さめで、コンセプト通りなかなりロリっぽい造形になっています。
素材は普通~少し固めくらいで臭いや油っぽさは控えめな素材ですね。

001

ロリっぽい造形にしてはお尻が少し大きめに作られていて、若干アンバランスさを感じてしまう造形ですね。

002

アナルもついた2穴仕様で、一応アナルには皺がつけられていますね。

pt03

内部は二層構造ではなくて一層構造になっていますね。
このくらいのサイズだと最近では大体着色用に二層構造になっている事が多いので、ちょっと珍しくも感じてしまいます。

どちらの穴もイボとヒダがミックスしたようなそこまで複雑すぎる感じでもない穴ですね。

003

やはり1200gでしかもトルソー型の造形では2穴にした時に十分な肉厚を確保できずに、お腹側の肉厚がかなり薄く感じてしまいますね。

どちらかというとザラザラとしたイボっぽいような刺激に加えて、うねりも何もないストレート感が半端ない挿入感となっており、気持ちよくないってわけではありませんがオナホールとしては少し無難すぎるような挿入感に感じてしまいますね。

一応トルソー型なのでハンドホールよりかは素体のようなものに挿入している臨場感みたいなものは多少楽しめるとしても、肉厚不足とマッコス素材特有の軽い肉厚感、そして無難な挿入感といまいちぱっとしないようなオナホールといった感じですね。

004

アナル側もドストレートな軽い挿入感となっているわけですが、こちらは大きめなイボっぽいものがあるのに加えて若干締め付けが強めになっているので、亀頭がコスられている感じが出ており刺激も少し高めになっています。

今度は背中側が少し薄くなっているので肉厚に偏りが出てしまっているのはどちらの穴も同じですね。
イボのちょっとしたアクセントと多少刺激寄りな挿入感という事もあってアソコ側よりかはまだ若干楽しめるような刺激や気持ちよさですが、決して★4が出る程ではなく★3で十分くらいな評価になってしまいますね。

アソコ側は★2寄りの★3、アナル側は★3ど真ん中といった感じの挿入感なので総合的なオススメ度は45点くらいの★3といった感じですね。

第1弾のコンセプト感のあったラインナップに比べると、第2弾はいまいちぱっとしない2つのオナホールで評価を少し落とす結果となってしまったマッコスジャパン。

このまま同じような評価のオナホが続いてしまうと

「コスパがいいだけ」

・・・というイメージを持たれてしまいかねないので、第3弾であっと驚くようなオナホールに期待したい所ですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■~■□[刺激系] (5段階:アナルは4)
ショップ平均価格:3500円前後
nkp(1g当たりの値段):2.9円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る