001

今回はラブクラウドの

「アソコもココも甘えん坊/いつでも発情期!」

の2つ試してみました。

シリーズではないですが、シリーズっぽい感じの小型ホールですね。



※今回は後半の方で少しオナ郎が荒ぶる部分が出て来るので、ラブアンドピースな方は閲覧には注意が必要です。

オナホールは重量に比例して気持ちよくなるわけではない

というのはずっと前からこのサイトでしてきた話で、特にオナホ初心者には知っておいたもらいたいような言葉ですね。
初心者のうちは200gのオナホールと600gのオナホールでは、600gのオナホールの方が圧倒的に気持ちいいだろう、と思ってしまいがちですがそう単純な話ではないのがオナホールの世界。

確かに大きくなるにつれて肉厚によるナチュラルな圧迫感等が増してくるので、「リアルさ」の点で言えば大きくなればなるほど有利になっていくわけですが、リアルに近づいたからと言って気持ちよくなるわけではないので、そういったプラスアルファの要素はあれども「気持ち良さ」はあまり肉厚には関係ないというのがオナ郎の持論だったりします。

その理論で言えば

重量が小さくなっても気持ちよさは損なわれないのでは?

という事になってしまうわけですが、そう単純な話でもないのがオナホールの世界。

その理由は3つ程あります。
最低限心地良いと感じる肉厚感というのが大体200g~250gの間からなので、そのグラム数を割ってしまうと肉に包まれているという感じがどんどんなくなってしまい、気持ちよさも損なわれていくというのが一つ。

もう一つはオナホールが小さくなるにつれて内部構造に制限がかかってしまい、複雑な構造が作りにくくなってしまうという点。

もうひとつはオナホールが小さく、そして短くなる事によってペニスとの接地面積が小さくなってしまい、快感を得られるポイントが狭くなってしまうというのが3つ目の理由です。

なのでまともなオナホールを作ろうとした場合、最低でも200gはないと同じ土俵で戦えなくなってしまうというのがオナホールの重量の性質で、200gの重量に満たないという事はそれだけですでにハンディを背負って戦っているようなものというわけですね。

001


そんな真面目くさい長ったらしい講釈をたまには垂れてみた所で、今回のオナホールは小型の中でも特に小型な100g以下の小型ホールが2つですね。

先程の話の流れからすると、最早100g以下のオナホールになんて存在価値がない

という結論に達してしまう事になってしまいますが、世の中には様々な需要があるので、出来るだけ低価格でオナホールを使いたいという方のニーズを満たす為にこうして小型ホールは日々作られているわけですね。

同じ土俵ではすでに戦えないとすると、小型のオナホールに求められる性能としては

無難に気持ちよく使えるもの

だと思うので、100g以下で★3以上が出たらそれはすでに十分実用的な商品なんだ、と思って頂ければまたレビューの見方も変わってくるかもしれませんね。

003

造形はどちらも違った形となっていますが、サイズがサイズなのでどちらがどちらのオナホールなのかちょっとよく分かりにくい感じですね。
上の画像の「アソコもココも甘えん坊」の方の重量は約62g。
下の画像の「いつでも発情期!メスA」の方の重量は約71gと、似たような造形ながらもパーセンテージでいうと10%以上の差がついていますね。

固さは普通くらいで油っぽさは控えめ気味。

なぜかバニラエッセンスの匂いがする

という嗅ぎ覚えのある素材が使われているわけですが、なんてことはない前回レビューしたラブクラウドの素材がまさにそれでしたね。

006

どちらの内部構造もめちゃくちゃシンプルなヒダ構造で、

わざわざ2つに分けて発売する必要があったのか

と、問いたくなるようなシリーズですね。

一体公式の商品説明ではどういった違いをつけているんだと思いながら調べてみると

アソコもココも甘えん坊
触り心地が良く、よく伸びる柔らか素材を使用。 ホール内部のヒダが感覚を倍増。 非貫通ホールで、携帯に便利なミニサイズ 本品はジョーク玩具を目的として製造された商品です。その他の目的で使用された場合の責任は一切負いません。
いつでも発情期!メスA
触り心地が良く、よく伸びる柔らか素材を使用。 ホール内部のヒダが感覚を倍増。 非貫通ホールで、携帯に便利なミニサイズ 本品はジョーク玩具を目的として製造された商品です。その他の目的で使用された場合の責任は一切負いません。
一語一句同じ説明分になっている始末

で、作ったメーカーすらもその違いを説明出来ない名前だけが違う商品のようですね。
ちなみに断面図の画像もどちらも掲載されておらず、まともに売る気ないんちゃうんかと思ってしまうようなオナホールですね。

001

しかもがっつり横からペニスが飛び出す始末


で、まともな商売する気ないんちゃうかと思わざるを得ないようなオナホールですね。

002

しかもシリーズで同じ軸ズレの仕方をしている始末

で、

オナホール舐めてんちゃうぞ

と怒りを覚えてしまうレベルのひどい商品ですね。

厳密に言えば軸ズレではなくて、先端が細くなっている上に、変な造形のせいでサイドがもの凄く薄く、さらには底面がやけに肉厚になっている為に、奥まで突ききった時にいとも簡単に横にペニスがそれてしまうというパターンですね。

唯一の救いがあるとすれば、めちゃくちゃ使い辛くて肉厚もペランペランではあるけど、どちらの構造もゾリゾリとした横ヒダなので100円分くらいの気持ちよさは感じられるという点ですね。

ほとんど同じ構造のオナホを2つ同時に発売するのもいいでしょう。
断面図を掲載しないのも許そう。

ただ、最低限まともに使えるオナホールを発売してくれ

と切に願いたくなってしまいます。

さらに言えば

一人でも多くのオナホユーザーをがっかりさせない為にもこんなオナホールは発売しないでくれ

と、心からお願いしたくなるようなオナホールですね。

オナホデータ

アソコもココも甘えん坊
[まったり系]-[刺激系] (5段階:そういったたぐいの評価はこのさいしたくない系)
ショップ平均価格:400円前後
nkp(1g当たりの値段):7.5円前後
オナ郎のオススメ度:(5段階評価:1)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る

いつでも発情期!メスA
[まったり系]-[刺激系] (5段階:そういったたぐいの評価はこのさいしたくない系)
ショップ平均価格:400円前後
nkp(1g当たりの値段):7.5円前後
オナ郎のオススメ度:(5段階評価:1)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る