ZEMALIA SEKUSIIオナホ今回はZEMALIAの

「ZEMALIA SEKUSIIオナホ」

試してみました。

Amazonで猛威を奮っている謎のメーカーのオナホですね。


「ZEMALIA」

今回初めてレビューするこのメーカー。

Amazonのカテゴリーの「ホール」のページに行くと、どんな統計方法かはさっぱり分かりませんが一応売れ筋順に並んでいるらしく、その中でわりと上位の方に見たことも聞いた事もないオナホールがあるわけですが、そのメーカーがずばりZEMALIAですね。

001


TENGAやヴァージンループが上位に、そしてボルソフ姉さんと温泉欲情の間に挟まれている謎のオナホールが今回レビューするやつというわけです。

001
しかもAmazonの年間ランキングに入っているヴァージンループにもセブンティーンボルドーにもついていない

ベストセラー

のタグまでついている始末。

さらに言えば、カスタマレビューで

001

85%の星5つという絶大な支持を得ているオナホール

という事で、「すごい!すごいよ!!!」なんて皮も剥けていないような純粋無垢な少年よろしく感嘆の言葉が出るわけでもなく、

001

そんな気持ちで胸が一杯になってしまいますね。
レビューするオナホも(わりとまじで)あんまりないので、ここらで一発レビューしてみようと思います。

003

パッケージはわりとシンプルな感じで、海外製のアダルトグッズの臭いを感じるデザインとなっていますね。

0121

Amazonで登録されている名前でもある「SEKUSIIオナホ」なんて言葉はどこにも書いておらず、おそらくパッケージ全面の右上に書かれている「DEBBY」というのが本来の名前っぽいですね。

002

わりと衝撃的な事実なんですけど、カンパニーネームが

「ZEMALIA GLOBAL UK LIMITED」

なんていうユナイテッドキングダムの臭いを漂わせている事ですね。

まさかのイギリスのメーカーだった

そんなオチはきっとないんでしょうけど、なんとか探し当てた公式ページを見ても中国のメーカーだなんて事は書いておらず、ただ分かるのはかなり巨大なグローバル企業なんだなという事くらいですね。

http://www.zemalia.com/
001


パッケージから得られる手がかりとしてはMADE IN CHINA製だということ。
それとバーコードが

001

695~から始まっているので、ユナイテッドキングダム的な名前はともかく

中国で作って中国でパッケージしている

それだけは間違いない事実だと思います。

日本のメーカーのオナホールも中国製のホールがそれはもう皆さんが気付いていないだけでたくさん混じっているのが現状なので、オナ郎としては別に中国製だからどうとかいう偏見は今更感じたりしないですね。

004

重量は約422gのギリギリ大型サイズのオナホール。
固さは普通くらいで、臭いほほぼなし、油っぽさは控えめ気味な素材が使われていますね。

001

このくらいのサイズで貫通型のオナホールというのも珍しく、片側はアソコ。
もう片側はフェラチオ感の楽しめる口の造形になっています。

005

こちらが口側ですね。
造形としても見た目はなかなかいい感じな出来ですね。

007

歯までついている

2017年の現在となってはそこまで珍しくもない歯付きホールですが、こんな貫通型のオナホールにもサラっと採用されているのはあまり見かけませんね。

006

アソコの造形もなかなかリアルな造りになっており、そんじょそこらの国内メーカーのオナホールよりももしかしたら丁寧に作られているんじゃないか、と思ってしまいます。

アソコの周りには「鳥肌」っぽい感じのリアルな質感が再現されているのはなかなか素晴らしいですね。

「鳥肌スキン」

みたいな名前でこれから流行るんじゃないかしら、と適当な予想をしておきます。

008

内部は二層構造で、フェラ側には大きめの舌が付けられています。
横ヒダっぽいものが少々ついていますが、どちらかというと大きめの山脈系のヒダがメインの構造に見えますね。

_SL1200_

触っていただけではさっぱり気付きませんでしたが、内部にパワーリングが2つ搭載されていたみたいですね。
「ほんまかいな」と思って確認してみると、確かにコリコリとした固いサムシングがホールの内部に2つ埋め込まれているのが分かります。

009

フェラチオが下手くそだとかそういうレベルではなく、もはや

わざとやっている

としか思えないくらいに、ストロークすると竿の部分に歯がずっと当たり続けていて、ちょっと痛いというか怖さも感じる挿入感ですね。

「おいおい!!歯が当たってるから!!!」と抗議したとて、

「当たってるんじゃない、当ててるんだ」

とドヤ顔で言われそうなくらいのわざとらしさで「甘噛フェラ」みたいなジャンルが存在するのであればそれはそれで成立していそうですが、挿入感としてはあまり気持ちのいいものではありませんね。

中の壁もなんだかあまりピンとこない造りになっており、ヒダだとかイボだとかいったものは確認できず、なんとなくモコモコとした壁でなんとなくペニスをコスっているだけの刺激加減になっています。

歯の裏側に舌が隠れているので、それが動くような事もなく、ただただ歯を当てられ続けながら広めの空間にペニスを行ったり来たりさせるだけのようなオナホール・・・といった感じですね。

010

アソコ側にはさすがに歯はついていないので、フェラ側に比べるととても使いやすく感じてしまう挿入感ですね。
わりと全長は長めに作られているので、普通にストロークする分には貫通してしまうことも、反対側の歯に当ってしまう事もなく、穴を閉じれば非貫通ホールっぽい使用感にもなり、やはり2穴ホールの正解はこのくらいのサイズなのかもしれないと改めて感じてしまいます。

左右からギュっと挟まれるような肉厚加減が印象的で、意図的に付けられた肉の偏りみたいなものを感じる事が出来ますね。
ただ、内部構造がこれまたぼやけた感じになっており、ヒダみたいなものもなく、イボみたいなものもなく、

なんとなくモコモコとした壁になんとなくペニスをコスり続けているだけ

のような面白みと気持ちよさに欠ける挿入感になってしまっていますね。

まとめ

なんだかうそくせーステマ感のあるAmazonレビューの数々や、謎のランキング上位だとかいった怪しさ満開のオナホールではありましたが、造形や素材感、そしてオナホール自体のコンセプトなんかはしっかりしており、どちらかというと好印象なオナホールといった感じですね。

そんな造形や素材やコンセプトに見合わないくらい内部構造がぼんやりしすぎている


といった印象が強く、射精は出来ない事もないですが射精させる為の一番重要なパーツが欠けているように感じられました。

オススメ度としては★3寄りな★2くらいがほどよい評価なんじゃないかと思いますね。

追記

さて記事をアップしようかという段階になって、Amazonのページを見にいくとZEMALIAの商品が根こそぎなくなっているという事態になっていました。

002


あまりもあからさまなアレやコレを見てAmazonが何かしらの対処をしたんでしょうね・・・。

001

何もレビュー当日にやらなくてもいいじゃない・・・

と、明日もレビュー予定のZEMALIAのもう一つのオナホールを片手に涙するオナ郎でした。
こんな事ならアホほど時間のかかった昨日のコンドームの記事より先にこっちをやっておくべきでした・・・。

オナホデータ

[まったり系]■■□□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:2300円前後
nkp(1g当たりの値段):5.4円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る