オナホトピックス

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりて、オナ郎がペニス休みを行ないながら、2017年の締めの為にこさえた企画を一生懸命まとめる為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルトグッズについての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

コンドームでは日本一、だけど悩みも…… 「オカモト」の社員さんに話を聞いてきた|ねとらぼ

taro_171107okamoto01
東京大学3年生・高野りょーすけが「オカモト」の社員さんに話を聞いてきました。

股間からアダルト玩具を露出 63歳古物商のコンプレックス|日刊ゲンダイ

3195d8551d83b7447550c46648953f1520171102131524631_262_262
「自分の性器のサイズにコンプレックスがあった。それを解消する目的だった。女の子の反応が快楽やった」  股間にドデカいアダルトグッズをあてがい、女子学生に見せつけたとして、大阪府警は10月30日、府迷惑防止条例違反(ひわいな言動)の疑いで、古物商の男(63=枚方市招提中町)を書類送検した。

全国の黒田さんや石黒さんに朗報! 名前に「黒」が入ればTENGA実質無料|KAI-YOU

CampaignBanner2
アダルトグッズメーカーの風雲児・TENGAが、また奇妙なキャンペーンを実施。名前に「黒」がつけば、なぜか新製品が実質無料になるという。 残念ながら筆者の名前に「黒」はつかないが、安田大サーカスのクロちゃんさんや黒田アーサーさんはもちろん、黒がつく人は応募してみるといいだろう。 キャンペーンは、新製品『FLIP 0(ZERO)BLACK』発売日である12月7日からスタートする。

その昔、巨乳は悪だった? “大きなおっぱい”は日本ではどのように扱われてきたのか「巨乳の誕生」著者に聞いた|ねとらぼ

kurata_yasuda03

今では普通に使われている「巨乳」という言葉。しかし、この言葉が生まれたのは比較的最近で、そもそも日本ではもともと、おっぱいは性の対象として見られていなかったと言います。  「巨乳」という言葉はいつから生まれたのか。日本人はいつごろから、おっぱいを性的に見るようになったのか。実は意外と知られていなかったおっぱいの謎と歴史を、書籍「巨乳の誕生 大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか」の著者・安田理央さんに聞いてみました。

オナニーの世界記録保持者は意外なことに日本人だった(9時間58分)|デイリーニュースオンライン

23
男子ならば一度は「連続何回イケるかな?」「どれだけ長くオナニーしてられるかな?」と考えてチャレンジしたことがあるだろう。大抵は途中でどうでもよくなってさっさとオナニーを終わらせてしまい、そんな挑戦のこともすぐに忘れてしまうが、これはほとんどの男子が通る道だ。  しかし、そんなくだらない記録に大真面目に挑戦する者たちが、この世には存在する。そして、そんなオナニストたちが毎年集結してアスリートのごとく新記録を目指してしのぎを削り合う大会があるのをご存知だろうか? それがオナニーの世界大会『マスターベータソン』である

彼女とセックスとオナニーは完全に別物ってわかってる。それでも彼氏のオナニーが許せない理由|メッシー

midoriokamako_topban
わたしはオナニーが大好きだが、男性もまたオナニーをする生き物である。 頭では理解していても、自分の彼氏に限っては嫌だ、と心の中で拒否をしている自分がいる。 先日、妊娠中の姉から電話があり、世間話や姉の愚痴を延々と聞かされていたのだが、その話の中で姉がこう訴えてきた。

「旦那の精液まみれのティッシュがゴミ箱に捨ててあった。こんなの初めて」 ……わたしも、交際中の彼・サトル君がゴミ箱に捨てたであろうソレを発見した経験があった。その時は、めちゃくちゃ発狂した記憶がある。

【超・閲覧注意】世界最凶の自慰行為「尿道ウジ虫オナニー」がヤバすぎる! 亀頭を這いずり回る無数のウジ虫が、スルリと尿道に吸い込まれ…!|トカナ

1710_maggotsdiveintopenis_1
トカナでは以前、「ハエウジ病」によりペニスが壊死した男の惨状を紹介した。インド・パンジャーブ州の病院で撮影された映像は、“竿”の内部で蠢く無数のウジ虫の姿を捉えていた。完全に壊死したペニスは原型を留めておらず、また睾丸との結合部位の皮膚には、ウジ虫に喰い破られた穴が……。

あふれんばかりの丸々と肥えたウジ虫が、穴の周辺で身をよじり合わせる姿は何とも形容し難い気持ち悪さだ。  一体どうすればペニスにウジ虫が湧くのかは謎だが、海外の過激動画投稿サイト「the YNC.com」には、尿道内に湧いた無数のウジ虫を撮影した動画も投稿されている。

コンビニのエロ本販売中止に賛否 「元気の源」「買えるのは勇者」の声も|しらべぇ

ThinkstockPhotos-482511397-600x400
コンビニエンスストアでの成人誌(エロ本)販売中止に、イオングループのコンビニ・ミニストップが踏み切る。 22日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で同話題に関して議論。視聴者も巻き込んで、賛否が巻き起こる結果になった。

週4回ロボットとセックスしている中年既婚男性の日常「どんな体位でもイケて最高、肉感も人間そのもの」その時妻は…?|トカナ

robotsex_01
英紙「Daily Mail」(23日付)によると、米・ジョージア州アトランタに住むジェームズさん(58)は、妻・タインさんと今年で結婚36年目を迎えるが、なんと、ジェームズさんはラブドールの“エイプリル”と週に4回も事に及んでいるという。妻のタインさんも当初は夫のラブドール中毒に当惑していたというが、現在では受け入れ、ジェームズさんが人間の女性と浮気しないことを喜んでいるそうだ。

記事 NEWSポストセブン2017年11月11日 07:00結婚できない男3000万人超の中国で狂い咲くラブドール産業 |BLOGOS

P29doll1
性産業、とくにAVや「大人のおもちゃ」といった分野では、日本は世界でも独特なポジションを築いてきた。日本のクールジャパンは、実はこうしたアダルトコンテンツにも支えられていたわけだが、昨今、その構図が崩れてきたという。ソフト戦略を重視し始めた中国共産党の進撃は、凄まじい。ノンフィクションライターの安田峰俊氏がレポートする。

幼児型ラブドール購入で6か月の懲役 ノルウェー初の事例|Yahooニュース

001
ノルウェー国営放送局NRKによると、子どもを連想させるラブドールを購入した23歳のノルウェー人男性が6か月の懲役を言い渡された。 幼児・小児に性的嗜好・性的欲求を抱く小児性愛者(ペドフィリア)の犯罪を助長させるとして、ノルウェーではラブドール輸入増加は議論となっていた。 子どものような形のラブドールはノルウェーの空港で税関により押収されるケースが多発しており、地元の警察は警報を鳴らしていた

日本初!男性機能のトレーニングツール「メンズトレーニングカップ」をTENGAヘルスケアより発売|ValuePress!

czMjYXJ0aWNsZSM1NDczMiMxOTMzMTgjNTQ3MzJfb1R4aWVzWXNmZy5qcGc
 日本初!男性機能のトレーニングツール「メンズトレーニングカップ」をTENGAヘルスケアより発売株式会社TENGAヘルスケア ! 2017年11月22日 13時 株式会社TENGAヘルスケア(東京都港区/取締役 佐藤雅信)は、2017年11月22日(水)より、日本初(※)の男性機能(遅漏、腟内射精障害など)のトレーニングツール「MEN'S TRAINING CUP(メンズトレーニングカップ)」を発売いたします。

おっぱい・女体が過剰に性的な意味づけをされ、モノ化されているということ|ウェジー

youtube1127
youtubeに投稿された「フリーおっぱい」なる動画が注目を集めている。  これは、あきえとあやっつぉんの二人組ユニット・ぺぷしるが投稿したもので、フリーハグならぬ「フリーおっぱい」を掲げたあきえが、渋谷で道行く人に“おっぱい”を揉ませるという動画だ。利用規約に違反しているとしてすでに元の動画は削除されているが、現在も転載動画が複数残っている状況にある。  
ネット上の反応には「マッサージだから問題ない」「うらやましい」「そこまでして有名になりたのか」、容姿や胸の大きさについて直接的/揶揄的な反応、「危ない」「触っているやつらもバカ」など、様々なものがあった。