002今回はタマトイズの

「彼女のアソコ、下から見るか?横から見るか?」

試してみました。

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のパロディホールですね。


最新のアニメはさっぱり詳しくないとしても、アニメ映画の情報くらいは小耳には挟んでいるはずなのに、今回のパロディの元ネタとなっている「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」という名前を今日始めて知ったオナ郎です。
002
オナホられているのはおそらくメインヒロインの「及川なずな」というキャラクターですね。

突然リアルな女性がアソコを見せてくれるという夢のようなシチュエーションに遭遇した場合、もちろん下から見た方が全貌を把握出来るからそうしたいのはやまやまだけれども、そんなエロ全開な下心を隠すためにヘタレなオナ郎は「横からでお願いします」と言ってしまうかもしれません。

001

重量は約266gで、ぶよぶよとした皮の余っているかのようなどこかで見た事がある気がする造形ですね。
固さは普通くらいで、臭いや油っぽさはほどほどなこれまた今までにも何度も遭遇した事のある、見覚えなのある素材が使われていますね。

002

前半部分はイボっぽいようなデコボコとした構造で、奥のはシンプルな横ヒダになっていますね。

_SL1024_

何かやましい事でもあるんだろうか・・・

そう思わずにはいられないくらいに、露光量が高すぎていまいち断面図がハッキリしておらず、さらにはキャラクターのイラストと商品説明で肝心な構造が半分しか確認出来ないですね。

説明を読む限りでは一応左右非対称型の構造になっているようなので、角度も変えて試してみる事にしましょう。

003

素材の固さ加減のわりには内部はゆったりとした感じになっていて、まったり・・・とは少し違いますが低刺激な感じの挿入感ですね。

あまりヒダっぽいようなゾリゾリした刺激もなく、なんとなく壁についているデコボコとしたものがペニスをコスってくるような感じで、気持ちよくないわけではないけど「気持ちいい」と思えるのには何かがもう1つや2つ程足りなく感じてしまいます。

左右非対称型だというので、角度を変えて挿入してみても、つまりの所デコボコした壁がコスってくるような刺激には変わりはないので、左右非対称型のオナホールとしてもいまいちうまく機能していないような気がしますね。

射精までもっていくのは十分可能なんですが、まったり気味で無難なオナホールとしては昨日レビューした「アス掘るとキュン」の方が余裕で上回っているように思えてならないので、オススメ度としては★3には届かずな★2くらいがしっくりくる評価ですね。

残念ながら

「何度でも君に挿入する」

と言いたくなるようなオナホではなく、一度限りでさようならしたくなるようなオナホールですね。

オナホデータ

[まったり系]■■□□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:900円前後
nkp(1g当たりの値段):3.1円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る