_SL1200_今回はエーワンの

「ブラックロック ダブルインパクト」

試してみました。

亀頭責め系のミニ電動グッズですね。



「ブラックロックシリーズ」

オナホ動画.comではひとつくらいしかレビューしたことがないけど、亀頭責め系の定番電動グッズとしてわりと認知されているのがこのシリーズですね。

a65828fa
ブラックロック|外出用の変態プレイにぴったりな亀頭マッサージャー

実は今回の商品でおそらく6つ目とかそれくらい長く続いているシリーズなわけですが、どう評価をつければいいのかイマイチはっきりと分かってはいないけど、たまにはこういうものもレビューしようと思ったわけです。

_SL1200_

そもそも一つしかレビューした事がないので今回の6作目となるこのブラックロックが前作のシリーズとどう違うのか、みたいな所がいまいちよく分かってないのでまずはそこから調べてみましょう。

001


NLSの商品一覧が親切にも装着している画像ばかりだったので、そこから拝借させて頂きました。
見ての通り、そのどれもが亀頭の先端にローターのついたゴム的なサムシングを装着して、フリーハンドで振動を楽しむ為に作られたのがこのシリーズの特徴ですね。

「トリプルエックス」という商品以外はすべて2つのローターが付けられており、要するにそのローターがどういう角度や位置についているのかがシリーズですべて違う感じですね。

今回のダブルインパクトは裏筋と亀頭の先端に装着するものになります。

002

こちらがローターの本体ですね。
一見普通のデュオローターのように見えますが、赤と青のローターで振動の強弱を変えているのが今回のダブルインパクトの核となるコンセプトの部分で、強と弱のローターを先端につけるのか、裏筋につけるのかで異なる刺激を楽しめるようになっているわけです。

スイッチを押すと7種類のパターンに変化してからもう一度押すと電源が切れる仕組みになっていますね。

003

こちらが亀頭へ装着する方の本体部分。
ギリギリオナホとしても使えなくもないくらいの固めの素材で作られており、臭いや油っぽさは控えめになっていますね。

004

この2つの穴に先程のローターを一つずつ装着するというわけです。

005

装着してみた画像がこちら。
ちなみに赤色が強振動のローターで、青色が弱振動のローターで視覚的にも分かりやすいですね。
これが反対だったら「普通逆やろ!!」とツッコんでいる所でした。

toy9902357_2

先端部分のローターガ縦になっているのは、尿道へ突き刺すためにそういう角度になっていたみたいですね。

ちなみに「ブラックロック7」(Amazonリンク)という商品が今回のダブルインパクトと一番似たような造りになっており、ブラックロック7の方はこの先端のローターが横を向いている造りになっています。

「ローターを亀頭で固定する」

それ以上でもそれ以下でもない分かりやすい商品なので、四の五の言わずにさっさと装着して試してみましょう。

006

とりあえず何も考えずに尿道部分を強振動側にして使ってみました。

振動はかなりダイレクトに伝わってくる感じで、主に尿道周辺にブルブルとした心地の良い振動を感じる事が出来ますね。
一旦勃起させてしまえば多少走ったくらいでは外れないであろう、しっかりと亀頭にフィットする着け心地ですね。

やはりゴム一枚挟んでいるので、振動をマックスにしても痛いくらいの刺激はなく、「らめぇぇぇ!!」と言いたくなるような亀頭を責められる感じでもなく、ただただブルブルとした気持ち良さで、おそらくこのまま延々と放置していても射精まで到達するのは難しそうだな・・・というくらいのモヤモヤとした気持ち良さが継続して与えられているような使い心地ですね。

007

逆にして使ってみると、いまいち物足りなさもあった裏筋への刺激が増してくれるので、赤い方を裏筋側へ持って来た方が少しだけ気持ち良さが増すような気がします。

ローターポケットの厚さの問題なのか、赤い方を先端に持ってきた時の方が1.5倍くらいモーター音が増すので、出来るだけ静かに使いたい方は赤い方を裏筋側に持っていった方が良さそうですね。

入り口部分が少しだけ狭く作られているので、完全に萎えた状態でも一応装着は可能になっていますね。
試しにパンツを履いて家の中をグルグルと歩き回ってみましたが、全く落ちる気配はなく、このままお出かけする事も可能なくらいフィット感がありましたが、一番静かなモードでも静寂な部屋では何かが振動している音が確実に聞こえてくるので、外を出歩く場合はあまり静かな場所にはいかない方がいいと思います。

一番最初につけた時はペニスも驚きを隠し切れずにわりと早いスピードで自然と勃起をしてくれたんですけど、15分とか20分くらい着け続けていると「あたい、飽きちゃった」と言わんばかりにペニスが萎えた状態になってしまいました。

個人的にはこの程度の刺激では亀頭責めと呼ぶには少し物足りなく、パッケージに書いている通り「亀頭マッサージャー」くらいの表現が非常にしっくりくる商品ですね。
  • 萎えた状態でもフィットしてくれる
  • 亀頭への振動はちゃんと伝わってくる
  • 静寂な場所で使用出来るほど静音ではない
  • 振動は気持ちいいが射精まで到達するにはいささか難しい
まとめて見るとこんな感じですね。

これ自体はおそらくですがちゃんと使える商品だというのは分かったとして、これが★5か?と言う程気持ちいいわけではなく、★4をつける程素敵な要素を発見出来たわけでもないので、普通に使える電動系グッズという事で★3くらいがしっくりくる評価のような気がしますね。

オナホデータ

ショップ平均価格:1400円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16DMMで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る