001今回はタマトイズの

「膣キュッと!俵締めヴァギナズムス」


試してみました。

膣キュっとヴァギなんとか的なオナホールですね。


タマトイズには大きくわけて2つ。

ひと目パロディなのか否か

という裏コンセプトみたいなものが存在しており、前者の方はわりとジェネリック的なものが多く、後者の方は比較的真面目に作っていそうなものがあり、大体季節の節目に一つくらいのペースでそういったものがまぎれこんでいる感じですね。
_SL1024_
今回のオナホールもキャラクターこそ何らかのシークレットパロディかもしれないけど、ネーミングなんかはわりとオナホ寄りなものが付けられており、おそらく後者のタイプのわりと本気で作ってみた感じのオナホールですね。

それはそうと

「膣キュっと!俵締めヴァギナズムス」

なんて名前がRIDE JAPANが5年程前にリリースした「膣キュっとヴァギーナ」の進化形みたいなものに感じるのは、きっとおそらく気のせいだと思う事にしましょう。

001

重量は約350gな少し大きめなミドルサイズのオナホール。
今回のオナホールの一番の特徴は前半と後半で固さの違う素材が使わているツートン成形になっている事ですね。

002

前半部分は少し固めで、後半部分は柔らかめな素材が使われておりちょうど真ん中くらいから違う素材になっているようですね。
油っぽさはほどほど~少し気になる程度ついていますが、そのわりには臭いは若干控えめ気味に抑えられている素材が使われています。

003

入り口の穴はかなり小さめに作られおり、ほんの一握り程度の女性器らしい窪みがつけられた造形になっていますね。

004

内部は螺旋状のヒダに加えてその間に細かい横ヒダがついた構造になっています。
奥の方にはイボっぽいものがポツポツとついた構造になっていますが、ついている位置と素材の柔らかさでこのイボはおそらくほとんど機能しないんじゃないかと予測出来ますね。

_SL1024_

すっかり忘れていましたが、メインのコンセプトには「俵締め」というものが入っていたみたいですね。
おそらく入り口側の素材を固めにする事によって「俵締め感」を出そうとしているんでしょうね。

001

入り口がかなり小さく、さらには固めな素材な為に挿入に少し手間取ってしまい多少のストレスを感じるような使い心地になっていますね。

一度入ってしまえばその小さな穴と固さから生まれるキツキツな根本の締め付けはなかなかなもので、「締め付けられている」感がとてもよく出ている挿入感ですね。

奥の方はモニュモニュとした柔らかい素材がペニスを優しく包んでくるような心地の良さを感じますが、肝心なヒダやらなんやらの刺激がほとんどない上に、入り口の締め付けのアクセントが効きすぎていてのっぺりとした挿入感になってしまっているのが少し残念な仕上がりです。

中が締め付けられているわけではなくて、あくまで入り口がギュっと固い挿入感なうえに奥の方はのっぺりと柔らかい触感なので「俵締め」というよりもアナルのそれに近いようなオナホールかもしれませんね。

射精にまでは余裕を持ってこぎつける事が出来、ツートン素材もとりあえずうまくいっているような使用感ですが、それが素敵さを増しているのかと言えばそういう感じでもなく、

入り口がキツイまったり系のオナホール

それ以上でもそれ以下でもないような、★3くらいのオナホールといった印象を持ってしまいますね。

オナホデータ

[まったり系]■■□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:1360円前後
nkp(1g当たりの値段):3.8円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る