61tjg64C8-L今回はエーワンの

「6連子宮 吸淫リリス」

試してみました。

6連子宮の小悪魔的なオナホールですね。


「6連子宮」

もはやオナホールに子宮がついているのなんて朝飯前。
子宮が2つや3つついているのも昼飯前。
6つや7つついているのも晩飯前くらいの勢いでオナホールの子宮構造が加速してきた昨今。

61tjg64C8-L

現実的な話、女性に子宮が2つや3つもついているはずがないので、一般的な女性のイラストをパッケージに掲載するには少し無茶のあるコンセプトなわけですが、

001

大魔王マモーンの666番目の娘

というやけに子沢山な大魔王の娘的な設定なので、子宮がいくつついていようがなんら違和感のないコンセプトに仕上げてきたわけですね。

ちなみに「666」は悪魔的なものを表現する時によく使われる有名な数字ですね。

001
https://ja.wikipedia.org/wiki/666

一応Wikiで「666」を調べてみると上のような事が書いてあり、おもわず脳内に「やりすぎ都市伝説」のBGMが頭に流れてしまいました。

001

重量は約283gのほどよいミドルサイズで、蛇腹っぽい感じの造形になっていますね。
少し柔らかめで、臭いや油っぽさはほどほどな素材が使われています。

002

入り口から少し入った所に一つ目の子宮の入り口が見えていますね。
なんというかコンセプト通り悪魔っぽいような感じに見えなくもないですね。

003

内部は二層構造になっており、外側よりも少し固めの素材が使われていました。
6連子宮という事なので少し高めのヒダがいくつもついた構造になっていますね。


005

子宮ゾーンの一つ一つが違う構造になっているようですが、おそらくこのベースについている壁のイボやらヒダやらはほとんど機能しないような気がしますね。

004

ペニスがこなれてくるまでは少し痛いと思うくらい刺激の強さになっていますが、ある程度慣れてくれば強すぎるわけでも弱すぎるわけでもないくらいの程よい加減のバランスになっているのが分かる感じですね。
「連続した子宮」なのかどうかは分かりませんが、ポコポコポコポコと大きめのヒダをカリが通過しまくるような挿入感になっており、決して斬新な挿入感ではありませんが連続して当たってくる子宮的なヒダのおかげでそれなりに心地よい気持ち良さはあると思います。

アクセントとして楽しめたのは6つ目となる一番奥にある子宮スポットの部分。

6

普通にストロークしているだけではこの部分の存在感など皆無でしたが、あるのかどうか確かめる為にゆっくりとキスするかのように近づけてみると、引き抜いたときにわずかながらのチュポっとした触感を亀頭の先端に味わう事が出来ました。

この部分の存在感のおかげで、「まぁ★3だろう」という感想から「★3か★4」でぎりぎり迷ってしまうくらいまでに昇格した感じですね。

ただ、★4と自信を持って言える程素敵感があったわけではないので、58点くらいの★3くらいがちょうどいい評価だとは思いますね。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:1087円前後
nkp(1g当たりの値段):3.8円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る