_SL1200_今回はエーワンの

「マシュマロタッチ」

試してみました。

肉欲ボールの入ったオナホールですね。


我々が普段目にするオナホールといえば基本的には

それ単体で完結しているもの


なので、ついついその常識の枠から逸脱出来ずにいるわけですが、まだまだ「オナホールに別のサムシングを混入させて楽しむ」という異物混入系的な手法はまだまだ発展途上な段階にありますね。

また、そういったコンセプトのもので思い出すのはMATASUKEというメーカーから発売されていた「ORBE」というシリーズのオナホールですね。

40a01ccf
新感覚ホール!ORBE01|玉を入れて!そう!オナホに玉を入れるんだよ!

残念ながら評価は★1という悲しい結果になってしまった商品でしたが、まだまだこのジャンルには開拓の余地があるんじゃないかと思いますね。

_SL1200_

そんな前置きをした上で本日レビューするのがまさしくそんな商品で、

肉欲ボールというものを中に入れて楽しむオナホール

という少し変わったコンセプトになっていますね。
子宮に当たる新感触、ぷにぷにの【肉欲塊】ボール搭載 奥を突くたび、肉欲塊にぷにっと当たる極上の感触 奥の巨大ぷにぷにボールに当たる感触が、 子宮を犯す、子宮姦の感触によく似ている。

竿全体にねっとりと絡みつく横ヒダと、奥の少し大きめのイボが ゴリゴリと刺激し、奥まで一気に引きずり込む。

耐久性、伸縮性抜群 中のボールは取り出して洗浄することが可能です。
新しい。

新しいけどこりゃきっとダメなやつだと、先程からオナ郎のゴーストがそう囁いているわけですが、挿入してみるまで分からないのがオナホールというもの。
先入観を捨ててしっかりレビューしていきましょう。

001

重量は約435gと少し大きめなサイズのハンドホール。
少し柔らかめで、油っぽさはほどほど。
臭いは少しキツい感じの素材が使われていますね。

002

中には色の違う柔らかい素材のゴルフボールみたいな玉が入っていました。
これが今回最大のコンセプトとなる「肉欲ボール」となっているわけですが、正直な所

こんなものを入れるだけで気持ちよくなるなら世話がない

なんて思ってしまいますね。

本体の方は横ヒダがメインの構造になっているみたいですね。

toy9901629_2

明らかに異質なものが奥の方に佇んでいるのが分かりますね・・・。

toy9901629_3
亀頭で突く度、肉欲塊にぷにっと当たる極上の快感!
奥の巨大ぷにぷにボールに当たる感触が子宮を犯している感触に似ている!
とのことで、もしかしたらオナ郎の想像を超えるようなぷにぷに感がペニスに襲ってくるのかもしれない・・・という希望を胸に挿入していきましょう。

003

前半部分は分かりやすい感じの横ヒダの刺激なので、斬新さことはこれっぽっちもありませんが気持ち良さだけで言えば射精は十分可能な挿入感になっていますね。

肝心な肉欲ボールの部分は、たしかにモコっとした何かが奥の方に存在しているのは分かるんですが、そのボールにプニプニとノックするというよりも、

004

この隙間の部分にペニスが入り込んでしまうで想定していたような子宮に当たる感じがほとんど出ていない使用感になってしまっていますね。

一応横に入らないようにそっと狙いすましてストロークをすれば、プニプニとペニスの先端が壁に当たるような感じは出るといえば出るんですが、「一体お前は何がしたいんだ」というくらい気持ち良さの欠片もない挿入感の為に、それだったらまだ隙間の部分にペニスを滑りこませてボールをゴロゴロと動かす方が気持ちいいまである感じですね。

「むしろボールはなくてもかまわないのでは?」

という予感もしてきたので、ボールを抜いた上で挿入してみると、変に奥の方でつっかえる感じもなくなってストロークのしやすさは向上し、またバキューム感も上がって気持ち良さまで上がる始末になってしまいましたが、「奥の方でゴロゴロする」という特殊な挿入感ももちろんなくなってしまって普通のオナホに成り下がってしまいますね。

このコンセプトであれば、底の部分を厚くして特別柔らかい二層構造にでもしていた方が、子宮にプニプニと当たる感触も出やすくてよかったかもしれませんね。

ホールとしてのオススメ度は45点くらいの★3ですが、あまり上手く機能していない肉欲ボールで少し減点して★2くらいのオススメ度だと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:1663円前後
nkp(1g当たりの値段):3.8円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る