001

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりて、オナ郎がペニス休みを行ないながら、なんとか引っ越し作業も落ち着いてレビュー出来るような環境になったけど、「今日は第1土曜日やんけ!!オナホトピックス更新したろ!!」と通常レビューを来週の月曜日までひっぱる為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルトグッズについての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

義理TENGAが大ヒット中!! ビミョーな関係の男子にもぴったり☆なバレンタインチョコレート|messy

0126tenga-t
 “低刺激で粘度高めローション”の快感が、世の男性を虜にしているオナホールでお馴染みの「TENGA」。最近では、古舘伊知郎さんが「こんなに気持ちいいのかと」なんて絶賛したりもしてます。中高年層にますます広まりそうですね!  

男性だけではなく、“女性用TENGA”こと「iroha」も女性から絶大な指示を得ています。「iroha」の商品は<寝る前にパックをするように、お風呂でトリートメントをするように、自分で”気持ちよさ”を追求することはもはや女性のセルフケアのひとつである>をコンセプトに、女性のカラダと心をちゃんと考えて作られているんです。

新作がリリースされるたび話題を呼んでいますが、昨年末に発売されたヒダヒダが最高の快感を与える、バイブ「iroha ZEN」 も、すでに多数の方がレビューで絶賛していますね。

日本初?男性のオナニー実態調査 1週間の頻度は全国平均2.94回|HELASS PRESS

Depositphotos_145621415_s-2015
オナニーに及ぶ男性の生態を浮き彫りにした「オナニー国勢調査 全国男性自慰行為調査2017」(TENGA HEALTHCARE CONTENTS)が行われた。早速、その結果を覗いてみよう。  

発表によると、今回のインターネットによるアンケート調査は、楽天リサーチ株式会社が2017年9月25日~28日にわたって実施したもの。調査対象は、現在マスターベーションを行う頻度が「2, 3ヵ月に1回程度」以上の15歳-64歳の男性2,000人を、15歳から5歳刻みで10グループ各200名に分けて調査した。

AVを参考にする男性に告ぐ。セックス前に見るなら絶対「女性向けAV」がベター!|messy

0116av
先日、女性モデルが交際中の男性とのクンニ動画が流出、さらに拡散されてしまいネットで話題を集めました。

この動画を見た方々によるクンニに対してのコメント(感想)が数多く寄せられていたわけですが……気付いたのです。このクンニに対して女性は絶賛している方が多く「私が求めるクンニだ」「超気持ちよさそうなクンニ。絶対にひとりで動画見てオナる女子いるでしょ!」という書き込みもありました。

それに比べ男性意見は「まったりしたクンニしてるな~」「俺だったらもっと激しくするのにな~(この意見は特に多く見られましたよ)」とダメ出しをしているじゃありませんか!

カラフルな男性器同士が競い愛し合ういろいろぶっ飛びすぎなマルチゲーム「Genital Jousting」がついに正式リリース|GIGAZINE

00_m
登場キャラクターは全て「カラフルでポップな見た目の陰茎」というイカレた設定のマルチプレイ対応パーティーゲーム「Genital Jousting」が、14か月にもおよぶアーリーアクセスでの提供期間を終え、ついに正式リリースされました。ゲームの説明欄には「たるんだペニスと揺れ動くアナルを駆使して最大8人でプレイするオンラインもしくはローカルのマルチプレイパーティーゲーム」と書かれています。

「いやらしくない、セックストイを作ってみたい」。一流大出身の女性エンジニアがアダルト業界の常識を変えた|HUFFPOST

dims
女性によるカップルのためのセックストイが2015年、アメリカで生まれた。「エヴァ」と名付けられたその製品はアダルトグッズ特有の「いやらしさ」のないデザインと価格に見合った高い品質が従来と大きく違っていた。

「生みの親」はジャネット・リーバーマンさん。マサチューセッツ工科大で機械工学を学び、卒業後は3Dプリンターのデザインなどをしていた。そんな彼女がなぜセックストイを作ることになったのか。きっかけは、彼氏の誕生日に贈ったプレゼントだった。

セックスドールに中国男性は夢中|NEWSWEEK

magc180124-sexdoll-thumb-720xauto
<一人っ子政策が生んだ性犯罪対策の切り札か、女性蔑視を助長するだけの「大人のおもちゃ」か> 自転車からベッドまで、何でもシェアしてしまう中国人はたくましい。だから寂しい殿方を慰めるセックスドールをシェアするスマートフォン向けアプリの登場くらいで驚いてはいけない。 そのアプリは「タッチ(他趣)」。さまざまなタイプの人形が用意されていて、レンタル料は1日298元(約5000円)で保証金が8000元(約13万8000円)。もちろん1回ごとに洗ってから出荷する。

「スマートコンドーム」「セックスロボ」…進化するアダルトVRに加え、今年はAIのテクノロジーも?|HUFFPOST

01
世間のトレンドをいち早くキャッチし、それを広めてきたアダルト業界。1981年に日本初のアダルトビデオが誕生すると、作品数の多いVHSがβのシェアを上回り、1995年にWindows95が発売されると、アダルトサイトが爆発的な人気を博した。 当時、『東京トップレス』という日本初のアダルトサイトの立ち上げメンバーだったライターの安田氏は「素人が遊びで始めたようなものだったが、珍しいということで1日100万アクセスくらいを稼いだ」と述懐する。
 

「バイオニックペニス」を持つ女性用“絶倫”セックスロボットが年内発売! サイズ・形状・機能多数…学者「完全に男と代替可能」|TOCANA

malesexrobots1
 AIが搭載された“しゃべるセックスドール”が現実になった時代を迎えているが、年内にも女性向けの男性型セックスロボットがリリースされることが先日アナウンスされた。遂に時代はセックスロボットと暮らす生活を実現している――。

米・カリフォルニア州サンマルコスに拠点を構える等身大セックスドールメーカー最大手「Abyss Creations」は昨年、新ブランドのRealbotix(リアルボティクス)からAI搭載リアルドール・Harmony(ハーモニー)の予約販売を開始。人間とロボットとの性行為を含めたコミュニケーションが本格的に築きあげられる時代を迎えている。

TENGAが「学校教材」「不妊治療」に参入 2020年までに「事業の柱に」|niftyニュース

thumb-12144-318652-economy

「TENGAグループを支える第2の柱に育てたい」――こう力強く話すのは、TENGAヘルスケア代表取締役の鈴木雅則氏だ。

同社は、TENGAの社内ベンチャーとして2016年11月に設立。「性の悩みや問題のない社会へ」をビジョンに事業を展開する。 アダルト分野のイメージが強いTENGAだが、なぜ新たな挑戦に踏み切ったのか。設立の背景を取材した。

妊娠したラブドールで人工知能&アンドロイドの未来を先取り ― 菅実花が見せる「人間と人形の境界線」|TOCANA

kan_DSC_1882
 ラブドールを妊娠させて写真作品に仕上げた《The Future Mother》(平成27年度東京藝術大学大学院修了制作)で大いに話題となった菅実花が、新作《The SilentWoman》のシリーズを文京区立森鷗外記念館の2階にて1月28日まで展示した。これは同記念館の開館5周年記念事業シンポジウム「深読み?! 森鷗外―鷗外とピグマリオン・コンプレックス―」の関連展示として行われたものだ。

選手用に準備のコンドームは11万個 平昌五輪|CNN JAPAN

pyeongchang-winter-olympics-tease-exlarge-169
(CNN) 今月9日に開会式を迎える韓国の平昌(ピョンチャン)冬季五輪の大会組織委員会が、参加する90カ国・地域の計2925人の選手用に準備しているコンドームは11万個に達していることが3日までにわかった。

参加選手数で約100人少なかった前回のロシア・ソチの冬季五輪と比べ1万個多い。単純計算では、選手1人当たりコンドーム約37個の割合となる。約2週間続く大会日程では十分過ぎるほどの量となっている。

完全オーダーメイドのコンドーム革命|NEWSWEEK

magt180116-condom-thumb-720xauto

自宅で恋人といい雰囲気に。服を脱ぎながら、彼女はスマートフォンに手を伸ばし、彼の股間をパシャリ。「印刷」をクリックすると、クローゼットの中の3Dプリンターからゲル製のコンドームが。ジャストサイズで、真空パックのフランクフルトソーセージみたい。2人の楽しい時間は続く......。 完全な空想の世界というわけでもない。新興のテック企業が先頭に立ち、1920年代にラテックス製コンドームの大量生産が始まって以来の「コンドーム革命」が始まっている。

不買運動も効果なし… 韓国で“慰安婦コンドーム”がまさかの売上1位に|ライブドアニュース

_SX355_
日本のオカモト株式会社が製造したコンドームが、韓国の3大コンビニ(CU、GS25、セブンイレブン)でコンドーム売上1位を記録した。 韓国メディア『ヘラルド経済』が2017年12月に掲載した記事よると、各メーカーの3大コンビニ占有率はオカモトが34.2%で最も高く、その次に国内メーカーの東亜製薬(20.5%)、メディバイスコリア(8.5%)などが並ぶ。

性器増大の手術で失敗…男性器が壊死 50代男性が美容形成外科医を提訴 千葉地裁|産経ニュース

afr1802020023-p1
男性器を増大させる手術を受けたが失敗し、排尿などが困難になるなどの損害を受けたとして、50代の男性が手術を行った千葉県船橋市内の美容外科クリニックを相手取り、慰謝料など計約2億4千万円を求め千葉地裁に提訴した。