001今回はスカットスッキリの

「股間観光シリーズ03 大阪」

試してみました。

股間で観光するシリーズの第3弾ですね。



オナホールで日本全国を旅出来たら・・・!

そんなコンセプトと共に、47もある都道府県を一つずつオナホ化しているのが今回の「股間観光」というシリーズ。

79547686
股間観光シリーズ01熊本|なぜか熊本県をフィーチャリングした観光オナホ

a589b4c2
股間観光シリーズ02 北海道|日本全国をペニスで旅する謎のシリーズの第2弾が登場

こんなネタっぽいオナホはせいぜい第1弾、よくて第2弾が出たら消えてなくなってしまうはず!なんて思っていたらとうとう第3弾まで発売されてしまう始末で、もしかして本当に47個のオナホが完成・・・するわけねーよな!と現実の厳しさを改めて再確認した所で「大阪編」をレビューしていきましょう。


001
道頓堀ゴリタコ構造

という事で大阪名物のたこ焼きがコンセプトになったオナホールですね。

001

ヒョウ柄はいくらなんでも大阪を馬鹿にしすぎ

なんて事は一切なく、なんだったらオナ郎が実家に帰った時に姉と母の二人共がヒョウ柄の服を着ていて「どんだけヒョウ柄好きやねん」とツッコんだ事があるくらいなので、この描写は一切間違っていないと関西人のオナ郎が太鼓判を押しておきましょう。

001

付属のローションはたこ焼きにかけるソースよろしく茶色い着色がされていますね。
ほんとにソースが入っているんじゃねぇだろうな・・・と思って一応臭ってみましたが、なんてことはない無臭のローションでほっとしたようなガッカリしたような不思議な気持ちになってしまいましたね。
002

重量は約241gで外型の造形はシリーズで同じっぽいですね。
普通~少し固めくらいの素材が使われており、ホッパ素材でいうところの「+1硬」という素材が採用されているみたいですね。

油っぽさはほどほど~少し気になる程度ですが、少し臭いがキツめで鼻を刺すような刺激臭が漂ってきますね。

003

「大阪編」な上に「たこ焼き構造」とパッケージにしっかり書かれていたので、「な、なるほど・・・これがたこ焼き構造か・・・」とひと目みただけで理解する事が出来るわけですが、なんの前情報もなかった場合

「和歌山の紀州梅構造だな!」

と答えてしまう可能性がかなり高いですね。


004

裏面はザラザラとした有機ヒダのような壁になっており、一応「カツオブシ加工」というそれっぽい名前がついているみたいですね。

1-1965a

このシリーズに限って言えば、挿入感うんぬんよりもいかに地域の特色を再現出来ているかだけでオススメ度をつけてもいいような気がしてきますが、そういうわけにはいかないのでしっかりレビューしていきましょう。

005

その一番特徴的な3つのたこ焼きイボが、想像ではもう少しゴリゴリと裏筋に当たってくるような刺激になるのかと思いきや、実際はそこまでゴリゴリとした触感にはなっておらず、ちょっとした突起の連続がコロコロと裏筋で転がっているかのような優しい触感になっていますね。

どちらかと言えばフェラチオホールの舌みたいなものがコロコロと動いているかのような挿入感になっており、微妙な固さ加減の素材とねっとりした触感との相性はなかなか悪くないように思いますね。

奥の底の部分がやけに肉厚になっている為に、寸詰まり感が半端ない挿入感になってしまっており、あまり奥の方までグリグリと挿入するには不向きなバランスになってしまっているのが少し気になる点で、ミドルクラス以上のペニスをお持ちの方はあまり奥の方まで楽しめずに浅めのストロークを強いられてしまうかもしれませんね。

たこ焼きを再現しようとした結果、見た目だけで言えばかなりインパクトのあるオナホールになってしまいましたが、挿入感で言えばそこまで特殊だったり使いにくいわけでもなく、がっつりオススメしたいわけではないけれども、それなりに実用的なオナホールにうまくまとめ上がっている感じですね。

オススメ度的には★3がちょうどいい評価だと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:1500円前後
nkp(1g当たりの値段):6.2円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る