キュンデレツインズ今回はタマトイズの

「キュンデレツインズ」

試してみました。

双子的なツートン素材のオナホールですね。



ツートン成形

内部と外部で素材の違う二層成形とは違って、硬度の異なる素材を前後に配置して挿入感の違いを出してみよた成形方法を勝手にこう命名して呼んでいるわけですが、最近ではちょくちょく見かけるようになってきましたね。

ちょうど先月、同メーカーのタマトイズから「膣キュッと!俵締めヴァギナズムス」という似たようなコンセプトのオナホールをレビューしたばかりだったんですが、タマトイズ内で一押ししているのか何なのか、今回もツートン成形のオナホールが発売されてしまいました。

キュンデレツインズ
タマトイズの事なのでこれもまた何かのパロディなのかもしれない、と思いながらもさっぱり見当もつかなさすぎてもはや調べる気すら起きないので今回は元ネタ探しは華麗にスルーしておきましょう。

ツインズ、つまり双子的な女の子のアソコの違いをツートン成形で再現してみましたといったコンセプトですね。

001

重量は約300g。
ちょうど真ん中くらいから素材が分かれており、前半部分が少し柔らかめの素材。
後半部分が固めの素材となっていますね。

臭いはほどほど~少し気になる程度で、油っぽさもほどほど~少し気になる程度についているねっとりとした素材ですね。

002

内部は前半部分、つまり柔らかい素材の部分がイボっぽい感じの構造で、固めな素材となる奥の方はヒダっぽい感じの構造となっていますね。

ho6936jp-001

ツートン成形以外には特にこだわりや見どころもないような、ジェネリック寄りなオナホールに見えてしまいますね。
過去経験的にツートン成形のオナホールは「悪くはないんだけど、特別良くもない」みたいな感想になる事が多いんですが、それを払拭してくれるような素敵な挿入感があると期待して挿入していきましょう。

003

これに二つの異なる素材が使われているからと言って、「すげぇ!!」だとか「やべぇ!!」だとか言いたくなるくらいの驚愕の効果が直接現れているわけではないんですが、「ア~ハン、ナルホドデスネェ~」と頷いてしまうくらいにはツートン成形にした意味はきちんとありますね。

では具体的にどういった効果や挿入感になっているのかを説明していきましょう。

まず入り口から半分くらいまではまったり感のある柔らかい素材になっており、挿入時にはモニュモニュとした感触をペニスで感じる事が出来るようになっています。
その奥に進んでいくともちろん固めな素材の部分に突入していくわけですが、そこまでがっつりとゴリゴリと突然固くなるわけではなく、あくまで前半部分のモニュっとした柔らかさを残しつつも少しキュっと締まってくるようなナチュラルな固さの違いを味わう事が出来ますね。

それに加えて後半についている横ヒダが多少固くキツくなった素材と共に、密着感を上げながらペニスをジョルリと擦ってくるような挿入感になっており、まったり気味な挿入感でありつつも程よい刺激と締め付けを味わえるオナホール、といった感じですね。

ただこれが★4をつけられる程良かったのかと言われればそうでもなく、ある程度の実用性と一風変わった挿入感を味わえる無難気味なオナホール、くらいの★3が一番しっくりくる評価となってしまいますね。

ツートン成形のオナホールは分かりやすく素材の固さの違いを出してみた方がコンセプト的には面白いのかもしれませんが、今回のようにナチュラルな固さ加減の違いの方がオナホとしては実用性があるかもしれないといった点は新しい発見ですね。

オナホデータ

[まったり系]■■□□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:1200円前後
nkp(1g当たりの値段):4.1円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る
22_16x16DMMで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る