001今回はタマトイズの

「発情コンプレックス」

試してみました。

発情トロトロ構造のオナホールですね。


孤高のパロディメーカーの名を欲しいままにしてしまっているタマトイズ。
一昔前は「チクワーク」なんていう今は亡きパロディメーカーみたいなものが生まれていましたが、現在のオナホ業界では

ほとんどもうタマトイズくらいしかパロディをやっていない

所まで来てしまいましたね。
_SL1024_
元ネタが全くわからない

という所までが、このサイトでの一つのテンプレートとなっており、そもそもパロディしているのかどうかも怪しいオナホールを挟んだり挟まなかったりしてくるタマトイズに振り回れている毎日です。

一応「発情コンプレックス」という名前でそのまま検索してみると、

229book3068pl

名前そのままな成年コミックが検索に引っかかってきたんですが、おそらく今回のものとは全く関係ないんじゃないかと思います。

001

重量は約451gで薄ピンク色をした丸みのある造形のオナホールですね。
ねっとりとした少し柔らかめな質感の素材で、臭いは控えめ気味ですが油っぽさは若干気になる素材感となっています。

002

ベースの壁にはイボやら横ヒダやらが。
一番特徴的なのは螺旋状に並べられた大きなイボのラインですね。

003

反対側はこんな感じで、イボではなくて螺旋ラインに横ヒダがついたような構造になっていますね。

005

掲載されている画像で見ても素材が白っぽすぎてちょっと分かりにくいですね。
簡単に言うとイボやらヒダやら突起やらがついた螺旋状のヒダが3本入っている構造になるんだと思います。

断面図ですでに軸ズレっぽい雰囲気が出ているような気がするんですが、そうなっていない事を祈りながら挿入してみましょう。

004

十分な肉厚感がそうさせるのか、断面用に使ったオナホールがたまたまそうなっていたのかは定かではありませんが、軸ズレっぽいようなものはどこにも見当たりませんね。

縦ヒダによる軽い立体感と、それに加わるイボとヒダのミックスした刺激がとても心地よく、また縦ヒダが螺旋状についている為に刺激も単調になりにくかったりで、特にこれだ!!といったような斬新さはないんですが、

普通に使えて普通に気持ちいいバランスの良いオナホ

という印象が強いですね。

柔らかめな素材ながらもゾリゾリだのボコボコとした壁のエッジ感もそれなりに高くなっているので、刺激は中の上くらいの強さ加減で、刺激寄りと言い切るまではいかないですが真ん中よりかは若干刺激よりくらいのバランスになっていますね。

挿入する角度を変えて上げればヒダっぽかったりイボっぽかったりの刺激の変化も楽しめるのもいい所。

★5をもぎ取るほどには突出した点はなにしても、オナホールとしては十分満足のいく仕上がりになっており、パロディだかなんだかよくわからない上にオナホとは全く関係のなさそうな名前のオナホールでこのレベルのものをしれっと出してくるタマトイズの胸板の厚みみたいなものを実感出来るオナホールといった感じですね。

オススメ度としては★4は余裕でついてしまうくらいのオナホールだと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:1900前後
nkp(1g当たりの値段):4.2円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る
22_16x16DMMで詳細&レビューを見る