_SL1000_今回はトアミの

「むちトロやわマン生中出し!」

試してみました。

むちとろやわまんなオナホールですね。


さて今回は少し前にレビューした「ギチギチキツ狭!アナルブレイク」と同時発売されていたオナホール。
_SL1000_

スーパーマニアックなメーカーという孤高の存在になりえたはずなのに、前回くらいから少し無難寄りなものが続いており、今回のオナホールも「なんだか柔らかそう」くらいしかパッケージから情報が伝わって来ないですね。


001

重量は約278g。
「むちトロ」だとか「やわマン」だとかいった名前がついているのにも関わらず、素材の固さは普通くらいの加減になっていますね。
臭いや油っぽさは控えめ気味な素材ですが、パウダーが多少多めにかかっているので手にザラザラとした粉がついてしまう素材ですね。

002

内部は少し荒い作りなイボヒダの構造で、あえてそうなっているのか作りが荒いのか微妙に分からない千切れかかっているようなイボが真ん中についた構造になっています。

003

こちらが裏側。
大きめのイボが前半部分についていますね。

_SL1000_

断面図で見ると真ん中にあるイボはわりと綺麗な作りになっているようなので、やはり少しばかり作りの荒い構造になっているみたいですね。

全体的にはイボ寄りな構造みたいですね。

004

若干立体感のある微妙なうねりと共に、イボイボしいとも言えないくらいのザラっとした触感がペニスを擦ってくるようなきわめて無難気味な挿入感になっており、気持ち良さの点で言ってもそこまでいいとも言えないオナホールですね。

001

軸ズレというよりもおそらくそういう仕様なんでしょうけど、上と下とで肉厚の差が出てしまっており、下側はともかく上側が若干心もとないような肉厚感になってしまっていますね。

こういうもんだと割り切ればそこまで気にならないくらいの肉厚差ですが、そもそものオナホ自体がそこまで素敵な構造であったり気持ち良さであったりするわけではないので、これの肉厚が均一だったところで★2という評価は変わっていないんじゃないかと思います。

もうちょっとこう・・・とか、ここが違っていれば・・・みたいな改善案を出す隙間もないくらい★2なオナホールといった感じですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:1000円前後
nkp(1g当たりの値段):2.5円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る