001今回はメイトの

「桃ずきんちゃんdeもんもん!」

試してみました。

勝利の構造的なオナホールですね。


さ~て、今日のオナ郎さんは

「えぇ~~!そんシリーズがあったのかい!?」
「メイトついに我慢の限界」
「メイトのオナホ職人はどこへ?」

の3本でお届けします。

001

もんもんシリーズ第3弾

という事で発売されている今回のオナホール。
メイトと言えばボクおなシリーズが有名、というよりかはボクおなくらいしか有名なシリーズがなくて苦しんでいたはずなのに、ここへ来て聞いた事もない「もんもん」的なシリーズの第3弾が発売されてしまったようですね。

001

「お宝もんもん」、
「すももdeもんもん」
に続き、遂にあのシリーズに新作登場!!
このサイトも今年で遂に7年目を迎え、この7年間で発売されたメイトのオナホールはほぼ全てレビューしているはずなんですが、どちらの名前にもさっぱり聞き覚えがありませんね。

001


めちゃくちゃ古いぞ・・・


「お宝もんもん」の方はまだDMMでも販売されているようで、発売日を見てみたら2007年になっていました。

およそ10年前のオナホのシリーズを「みなさんお待ちかね!!」的な感じでシリーズ第3弾として出してくるメイトの商売根性はさすがといった所。
もしかしたら10年前はなかなか人気なオナホールだったのかもしれませんね。

007

重量は約309g。
メイトなのでいつものおなぺっと素材が使われており、もっちりとした柔らかさのある臭いや油っぽさはほどほどの素材ですね。

002

入口のビラビラのサイズがとても大きい造形になっているのが特徴ですね。
先程の以前のシリーズの造形を見ると、同じようにビラビラが大きめに作られているみたいなので、きっとおそらくこのビラビラ部分がシリーズの特徴なんでしょうね。

_SL1000_

こちらが断面図。

完全に約束された勝利の構造が採用

されていますね。

昨日レビューした「HeavensFall/Nine EX-HARD」しかり、メイトはOEMで他のメーカー向けにはこのような構造を作ってはいたんですが、ついに我慢が出来なくなってしまったのか、自社ブランドで勝利の構造オナホを作ってしまったみたいですね。

一応「HeavensFall/Nine EX-HARD」とは多少違った構造にしているとはいえ、ほぼ同じ時期にほぼ同じ構造のオナホをリリースしてくるメイトの根性はなかなかのものですね。

001

ヒダが千切れとる

HeavensFall/Nine EX-HARD」でもちょっと千切れかかった感じがあるな~とは思っていましたが、自社ブランドで出してきた方は、完全にヒダが千切れまくっており、

6b06ff0f

とまで言われていたメイトの技術班に一体何が起こってしまったのか心配になるレベルですね。

004

ちなみにこちらが反対側のヒダ模様。
一応縦ヒダはついているとはいえ、ボロボコになってしまったヒダが見るに耐えない姿になってしまっていますね・・・。

昨日に引き続き、2回連続でこのような事態を目撃してしまうと本当にメイトのオナホ職人は退職してしまったんじゃないだろうか説が濃厚になってきました。

005

はっきりとした横ヒダのゾリゾリとした刺激ではなく、どちらかというと「ヴァージンループ」と似た感じの切なくなるような細かくて優しい刺激になっており、挿入してからしばらくは少しゆるくて弱めの刺激にも感じてしまいましたが、少し経ってからはそのまったり系ホール特有のこみ上げてくる気持ち良さの高ぶりを感じる事が出来ますね。

縦ヒダが千切れまくっている為なのか、千切れまくってしまう程に頼りない構造の為なのかは分かりませんが、上下にストロークするだけではあまり立体感や縦ヒダ感を感じる事は出来ず、ちょっと角度を変えたり回転させたりするとプリっとひっかかる感じやザワっと撫でてくるような感じが顔を出してきますね。

とりあえず横ヒダの気持ちよさだけで言えば★4~★5は余裕でつけてみてもいいくらいの挿入感なんですが、もう少し縦ヒダを分厚くした方が気持ちよくなっていたのかもしれない・・・と思うと、挿入感だけのオススメ度は★4つくらい。

ほぼ不良品と言ってしまっても差し支えないくらいの千切れっぷりまで考慮すると、評価としてはもう一つ下げて★3にしてしまってもいいかもしれませんね。

オナホデータ

[まったり系]■■□□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:1400円前後
nkp(1g当たりの値段):4.3円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る
22_16x16DMMで詳細&レビューを見る