tsg0005994_01z今回はエグゼの

「こちら布袋駅前 つるぺたガール研究所 ぷるとろソフト」

試してみました。

こちら布袋駅前つるぺたガール研究所」の続編ですね。


こちら布袋駅前 つるぺたガール研究所

51e0kiezI9L
こちら布亀駅前つるぺたガール研究所 | 幼女に挿入を拒まれたいならこのホール
こちら布袋駅前 つるぺたガール研究所|なぜか人気のあるつるぺたガールの人気な理由が再レビューする事でようやく解決した模様

通称「こちつる」と呼ばれているこのオナホール。
このサイトのランキングにも度々登場しているのでご存知の方も多いと思いますが、唯一と言っていい程オナ郎が評価をめちゃくちゃ低くしているのに、ランキングに上がってくるオナホールだったりします。

最初ランキングに登場した時は

「なんでこんなオナホールが・・・」

と思っていたものですが、あまりにも不思議すぎたので再レビューした所、なるほど人気なのも分からなくはないと思えるくらいには特徴はあって一応は納得出来た感じですね。

tsg0005994_01z

さて今回はそんな「こちつる」の続編となるシリーズで、「ふわとろ版」と「ハード版」とで2種類発売されているのでまずはふわとろ版からレビューしていきましょう。

使われているイラストは前作とぱっと見同じように見えるんですが、よく見ると細部が違うような気もしなくもない感じ。

450

なるべくぴったり合うように半透明にして合わせて見た所、本当にめちゃくちゃ微妙な加減でぴったりと重なってくれないイラストになっていました。

前のイラストを元に細部を変更したのか、めちゃくちゃ似たような絵をもう一枚描いてもらったのかどっちなのか判断に困ってしまうぐらい本当に微妙な違いですね。

001

重量は約257gで使われている型は前作と同じっぽいですね。

「ぷるとろソフト」

という名前からしてふわとろ系のオナホなのかと思いきや、外側の素材はふわとろと呼べるほど柔らかいわけではなく、「少し柔らかめ」くらいの硬度に収まっていますね。

臭いや油っぽさはほどほどくらいの最近のエグゼがよく採用している素材が使われていますね。

001

内部は厚めな二層構造になっており、一応外側よりかは柔らかい素材が使われているはずなんですが、こちらもふわとろという程柔らかいわけではなく、外側の素材との硬度差はあまり感じないくらいに収まっていますね。

001

比較用にノーマル版の断面図を横に添えてみました。
比べてみると大体似たような構造にはなっているみたいですが、完全に同じノックが使われているというわけでもなく、かなり似せた構造が採用されているみたいですね。

001

やはり挿入してみてもふわとろライクなまったりした感じはないですね。
前作の「こちつる」のような亀頭にトゥルっと大きく引っかかってくるような挿入感はそのままで、素材が少し柔らかくなることでマイルドな刺激になって使いやすくなっていますね。

ただ、そのほかに引っかかったりザラついたりするような刺激ポイントもなく、とにかく亀頭をトゥルっと引っ掛けるだけ、ただそれだけのオナホールといった感じで気持ちよくないとまではいきませんが、正直な所

「そんなにいいオナホールではないな・・・」

と思ってしまいますね。

001

底が薄くなっているので耐久性も少し心配になってしまい、オススメ度としては★3には届かずな★2くらいが程良い加減なんじゃないかと思います。

素材が違えばオナホは別物

という名言があるとは言え、そもそも評価はあまりよろしくないオナホの素材が変わったとて、評価が劇的に変わるという事はなく、なんというか予定調和な挿入感・・・という感じでした。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:1700円前後
nkp(1g当たりの値段):6.7円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る
22_16x16DMMで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る