001今回はマジックアイズの

「真実の口 ぺろりん」

試してみました。

真実の口シリーズの続編ですね。


さてポカポカと暖かくなってきた所かすでに暑くなってきたこの季節。
そろそろマジックアイズの新作が出る頃だな・・・と待っていたら、発売されたのが真実の口の続編で少々驚きを隠せなかったりしています。

001
ほんの5ヶ月程前に「真実の口 アマガミ」が登場して、しっかり★5をつけたばっかりなので、さすがに真実の口シリーズはまだまだ遠い未来の話だろうと思っていたらあっという間に発売されてしまいましたね。

さて今回はどういった真実の口なのかというと・・・
思わず吸い付きたくなる様なラブリーな舌だしタイプ、真実の口ぺろりんの登場! !
弾力性のある優しい白い歯と締まる喉奥で密着感を追求! !
型崩れ防止と保管用で専用ケースに収納されておりますので造形を維持。
バキュームも期待できる無次元内層と口吸いにも使用できる多面的グッズぺろりんを是非お試し下さい! !
舌だしタイプ

という事で舌がペロっと飛び出た造形になっているみたいですね。

001

重量は約436g。
毎度お馴染みなマジックアイズの大きなロゴが刻印された本体ですね。
少し柔らかめで臭いはほぼなし、油っぽさもほどほど~控えめ気味な素材が使われています。

ぺろりんよろしく、かわいい舌がペロっと飛び出た造形になっていますが、舌が出ているフェラホールなんて今までに死ぬほど見てきているので、これだけではうんともすんとも言えない感じですね。

002

舌は出ている・・・確かに出ていますが、これといって新しい要素があるわけでもなさそうですね。
「マジックアイズだからと言って毎回超絶に新しいギミックがあるわけじゃないんだからね!」のパターンなのかもしれませんね。

003

少し面白そうなのは、口の奥にもう一つ穴が開いているような窄んだ構造になっている点ですね。

00

内部はもちろん二層構造で、グイっと曲がった大きな舌が特徴的ですね。

004

今までの画像ではさっぱり写っていませんでしたが、今回も真実の口シリーズという事でしっかりと歯が埋め込まれた構造になっています。

内部構造

やはり先程の窄みの部分は「真空喉輪締め」という独立したギミックになっていましたね。

005

うん、まぁなんというか

普通に良い

とあっさり言ってしまいたくなるくらいに、なんの変哲もなく当たり障りのない出来の良いオナホみたいな印象が強いですね。

内部の挿入感はふんわりとした柔らかい感じですが、バキュームやら穴の口径やらで密着感が少し高くなっており、それと同時に波打つようなデコボコとした壁がリズミカルに亀頭を刺激してくるのでほどほどに刺激寄りくらいのバランスになっています。

上の歯がカリカリと竿をコスってくる感じは「真実の口 アマガミ」と同じような感じですが、ぺろっと突き出た舌のせいで舌の歯がまったくカリカリとコスってこず、かといってその舌がペロペロと動いてきたりするわけではないので、歯のギミックの邪魔にしかなっていないような感じですね。

「真空喉輪締め」と名付けられている部分は、子宮系の構造のようにズッポンズッポンと出入りする度に刺激が味わえる程強烈な構造ではありませんが、一応クポクポと出入りするような刺激は楽しめるので程良い刺激のアクセントにはなっている感じですね。

奥の部分にもポコっと引っかかる部分があったりするので、奥まで突っ込んでも刺激の変化を楽しむ事が出来、おざなりになりがちな竿の部分は歯がカリカリと当たってくれたりと、ペニス全体でオナホを満喫出来るような挿入感ですね。

そう言えばこの歯は一体どれほどに挿入感の変化をもたらしているんだろう

と思って一度歯の部分を指で抑えてストロークしてみると、ものの見事に挿入感に面白みが消えてしまったので、フェラっぽさというよりも刺激のアクセントとしてちゃんと機能しているようですね。

気持ちはいいけどフェラっぽさで言えばほとんど皆無な挿入感と、やはりどうしても上手く機能していないような気がする舌ギミックを考えると★5をつけるわけにはいかず、かと言って★3をつける程に無難な挿入感でもなく・・・なので、オススメ度的には★4くらいが一番しっくりくる評価かもしれませんね。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:2300円前後
nkp(1g当たりの値段):5.2円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る
22_16x16DMMで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る