痴女医今回はトイズハートの

「痴女医」

試してみました。

痴女の医者的なオナホールですね。


「痴女医」

AVや漫画では頻繁に登場する一種のジャンル的なこのシチュエーションなわけですが、現実には多少なりともエッチな女医の方と遭遇する事などさっぱりなく、現実的に起こり得るシチュエーションと言えば歯医者に行った時に担当の女医さんのおっぱいが当たるか当たらないかくらいのささやかな楽しみしかない世の中に、せめて「オナホールで楽しんでみよう」というコンセプトで生まれてきたのかもしれないのが今回のオナホール。

痴女医

例えば風邪なんかの軽い病気でこんな女医が出てくればテンションが上がる事間違いなしですが、わりと重めの病気の診察でこんなやる気満々な女医が出てきたら、実際にはどういう反応になってしまうのかとても気になりますね。

001

あまりにもシンプルすぎる「痴女医」というネーミングはトイズハートにしてはさほど珍しくないのでうっかりスルーしてしまう所でしたが、この造形を見て

「そうか、トイハの職業シリーズだったのか」

と、思い出す事が出来ました。

最近のトイズハートの中でもわりと攻めの姿勢のある内部構造で、高評価なものが多いシリーズですね。

重量は約236gで臭いや油っぽさは控えめな素材が使われています。

001

内部はこれでもかと言わんばかりのイボメインな構造で、ベースの壁部分には小さいイボがぎっしりと。
真ん中付近には上下から挟み込むような大きめのイボがついた構造になっていますね。

333

断面図で見てみると、大きめのイボというよりもせり出した壁が交互についていて、ジグザグの穴になっているのが確認出来ますね。

001

見た目通りなジグザグ穴よろしく、ペニスを上下からしっかりとボコボコと刺激してくるような挿入感となっており、特に裏筋側に感じる突起感が分かりやすくも激しく、そして心地の良い刺激になっていますね。

全体的にキュっと締まるようなタイトな締め付け感があり、程よく密着してくるような挿入感になっており、ベースの壁についているザラザラとしたイボの刺激と、裏筋側のごついイボの刺激のおかげで刺激寄りくらいに感じるバランスになっています。

裏筋側のボコボコとした刺激は特徴的ではあるものの、そこまで斬新さがあるわけでもなく、全体的な挿入感で言えばそこまで劇的に気持ちの良いものでもないんですが、このオナホールの良さはこれだけではありませんでした。

構造的に内部が真空になりやすいような弁の役目を果たす作りになっている為にバキュームがとてもよく効いていて、ペニスを引き抜く時にキュポっと吸い付くような空気の刺激が亀頭を襲ってきて、これがなかなか心地よいアクセントと気持ちよさを生み出している感じですね。

バキュームがどうだのこうだのとはパッケージや商品説明には一切書かれていないので、おそらく意図してこうなったはずではないにしても、このサプライズな刺激がなければおそらく★3つ程度で収まっていたオナホールが、バキュームが生み出すアクセントのおかげで★4にまで届いたオナホールになっているように思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:1600円前後
nkp(1g当たりの値段):6.8円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る