001今回はアイザムファクトリーの

「宝石のまじくるすたー」

試してみました。

ホットパワーズとの共同開発的なオナホールですね。


※今回は二本同時のワイド版のレビューとなりますので、明日のレビューはお休みさせて頂きます。

アイザムファクトリー

2016年に「宝石の妖精ソフト」と「宝石の妖精ハード」の2つをレビューしたので、もしかしたら覚えている方もいるかもしれない、出現率がはぐれメタルよりもずっと少ないこのメーカー。

http://www.aizam.tokyo/
001

ホットパワーズの商品紹介ページでもがっつり説明がされていますが、

高級ドール専用ホールを独自開発しているメーカー

との事らしく、基本的には上記の公式サイトでしか販売していないとても鎖国感のあるメーカーなわけですね。
そこに目をつけたホットパワーズが協力する事によってたまにこうしてきちんと流通された商品として浮上してきているわけですね。
001
さて今回は「宝石のまじくるすたー」というオナホール。
ソフトとハードで2種類発売されており、パッケージはどちらも同じで素材シールを貼る事で区別をつけているみたいですね。

完全に新作というわけではなく、「宝石の花弁 第8弾 まじくるすたー 五芒星(ペンタグラム)」というオナホールのリメイク版という事で、内部構造なんかはほぼ同じ構造が採用されているみたいですね。

002


造形はどちらも同じ、裏返しても使えそうな感じのモコモコとしたヒダがついた造形になっていますね。
重量はソフト版が約506g、ハード版が502gとなっており公式重量の500gとほぼほぼぴったりなサイズです。

ソフト版の方は少し柔らかめでかなりねっとりと手に絡みつくような素材が使われており、臭いはほどほどに抑えられていますが、少し油っぽさのある素材ですね。
ハード版はわりと固めな素材で、臭いや油っぽさはほどほどな素材が使われています。

003

内部構造もどちらも同じで、横ヒダがたくさんついた構造になにやら縦ラインに起伏がついたような構造になっていますが、この構造は裏返すよりも断面図なんかで見た方が複雑さが伝わりやすいですね。

hop26-27-4

「まじかるすたー」よろしく、入口から見るとちょうど穴が五芒星の形になっているような構造になっているわけですね。

前作の「宝石の花弁 第8弾 まじくるすたー 五芒星(ペンタグラム)」を試していなくても、

これが強烈なヒダ刺激の塊なんだ

というのは、この構造を見るだけで大体察っせてしまいますね。

とりあえずソフト版の方から試していきましょう。

001

想像していたような「ゾリゾリとした強烈なヒダ刺激」とは違って、ふんわりと優しい感じのまったり気味なオナホールとなっていますね。

もちろん横ヒダの刺激はあるんですが、例えばヴァージンループのような細かいゾリゾリとしたヒダではなく、もう少し厚めのヒダがモニュモニュと絡みついてくるような刺激になっており、刺激もかなりマイルドなので挿入してからしばらくは少し物足りないような印象ですね。
ある程度ペニスがこなれて敏感になってからは、

「イカさず殺さず」

のような絶妙なバランスのやんわりとした刺激がペニスに終始つきまとうような感じで、射精寸前の心地よさをキープしやすいオナホールだと思います。

五芒星構造のおかげで少し当たり方の違うヒダのアクセントをなんとなくですが感じる事が出来るので、単調な横ヒダ刺激に比べると飽きにくい挿入感になっていますが、「全く飽きの来ない」とはさすがに言えないくらいの単調さはあるので、複雑系のオナホールが好きな方にはいささか物足りないかもしれませんね。

肉厚感、挿入感、気持ちよさとすべてが平均点を上回っているようなオナホールなので、80点くらいはあってもおかしくない★5なオナホールだと思います。

002

さて続いてハード版の方ですね。
先にソフト版を使っていて「こりゃ★5かな」と悟っていたので、ハード版にも期待を寄せながら挿入してみたわけですが、「★5ではありませんでした」と断言する所からレビューを初めてみましょう。

固い素材になった事によって、五芒星の角の刺激がとても分かりやすくなっており

ヒダ刺激には違いないんだけどなんだかモコモコする

といったような不思議なアクセントがついた挿入感になっています。

そんな角のエッジ感がより感じられるようになった分、ペニスがリフトアップされるような形になり、全体的に密着感が薄れてしまう結果になっていますね。
ゾリっと感は十分に出ていて亀頭へもビシバシと刺激してくるので刺激は高めになっていますが、その密着感が薄れてしまった結果少し軽快な使用感になっており、刺激が高いわりにはガッツリと刺激してこないもどかしさみたいなものも感じてしまうオナホールですね。

五芒星のエッジ感が顕著に出ているのはプラスですが、その分単調さが増すような結果となっており、ソフト版よりも飽きやすい挿入感かもしれませんね。

ソフトとハードを使い比べても明らかにソフト版の方が気持ちよさの上では勝っている為に、★5をつけるわけにはいかず。
また、これが単体で発売されていたとて★5がつく程素敵感を見いだせなかったので、★4くらいがほどよい評価かもしれませんね。

まとめ

ソフト版はまったり気味。
ハード版は刺激寄り。


と、「なに当たり前な事言うとんねん」とおっしゃりたい方々の為に補足しておくと、どちらのオナホールも「寄り」な感じであって、完全なまったり系でも刺激系でもないくらいのバランスに仕上がっているという事ですね。

悪く言えば中途半端な、良く言えば万人向けな刺激加減なので、極端な刺激が好きな方にはどちらを使っても少し物足りなく感じるようなバランスだと思います。

また、五芒星の目新しい構造とは言え、安定感のあるヒダ刺激から大きく逸脱しているわけではないので「ヒダ刺激はもう結構」という方々にもあまり心に響かないオナホールかもしれませんね。

そうは言っても

「ヒダホール十傑」

みたいなテーマがあれば入ってくる事は間違いないくらいに、安定感のある気持ちよさはあるので、ヒダホールが好きな方であればお一つ手元に置いておいても間違いないのないオナホールだと思います。

ソフト版のオナホデータ

[まったり系]■■□□□[刺激系] (5段階:2)
ショップ平均価格:3900円前後
nkp(1g当たりの値段):7.5円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★★(5段階評価:5)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る

ハード版のオナホデータ

[まったり系]■■■■□~■■■■■[刺激系] (5段階:4から5)
ショップ平均価格:3800円前後
nkp(1g当たりの値段):7.5円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る