001
今回はフィルワークスの

「てろまん」

試してみました。

コスパ重視なオナホのシリーズですね。

※今回は三本同時のワイド版のレビューとなりますので、明日のレビューはお休みさせて頂きます。



コストパフォーマンス
コストパフォーマンス(英語: cost performance)とは、あるものが持つコスト(費用)とパフォーマンス(効果)を対比させた度合い。コスパやCPと略されることもあるほか、費用対効果や対費用効果ともいう。

数値を算出する場合は、効果を費用で割る。

すなわち、費用が安く、効果が高いほど、コストパフォーマンスが高い。
オナホに当てはめて見れば、「気持ちよくて安いもの」程コストパフォーマンスが高く、「気持ちよくないのに高いもの」程コストパフォーマンスが低いという事になりますね。

オナホ動画.com内では「nkp」という数値を使って、1g当たりの単価を導き出していたりしますが、単純にそれはオナホの重量に対するコストパフォーマンスだったりするので、本来の意味でのコストパフォーマンスとは少し違った意味になってしまいますね。

851ef637

nkpにオススメ度の数を加味して計算すればオナホ本来のコストパフォーマンスが測れるのでは・・・?

実際にやってみた表がこちら。
001


nkpが1のオナホ。
つまり500gで500円くらいで買えてしまうオナホが、一番安くて満足度が高いと考えると、それの★5である「0.2」という数字がこの表の頂点になりますね。

では他の所を見てみると、例えば昨日レビューしたばかりの「ダリンセブン」が★4のnkp4くらいなので、OCPは「1」ですね。

では他の「1」の数字は
  • ★1のnkp1
  • ★2のnkp2
  • ★3のnkp3
  • ★5のnkp5
という事になるので、ここらへんのオナホールがダリンセブンと同じくらいの満足度であれば正しいはずなんですが、いくらnkpが1~3のオナホだからといって★1~3のオナホと満足度が同じなわけがないので説立証ならず。

001

どうやらnkpの1段階と★の数では大きな満足感の違いがあるようなので、このままの数字を計算するだけでは満足のいく表にならないみたいですね。

色々と数字をいじった結果★の数一つに対して4の数字を足した表がしっくりきたので当てはめてみます。
数字がややこしいので頂点を100%で表してみました。

001

おかしいやろ。

★の数の満足のパーセンテージはなんとなくそれっぽくなったものの、次がnkpが上がるにつれての満足度がひどい事になってしまいましたね。

nkpが1上昇する事で1.3くらいの数字が一番しっくり来たので代入。

そもそもnkpが1で★5のホールを基準にするからよく分からない表になるので、nkpが4で★5の位置を100%にしてもう一度表を作ってみましょう。

001

なるほど。
なんとなくそれっぽいような数字に落ち着いてくれましたね。

我ながらうさんくさい表を作ってみたものです。

あらかた作り終わってから
数値を算出する場合は、効果を費用で割る。
と書いてあるのを見て、全く逆の計算式になっているのに気付いてしまいましたが、結果はあまり変わらないので良しとしましょう。
001
さてそんな長ったらしい「OCP(オナホコストパフォーマンス)」の話をしてみた所で、今回はコスパを重視にして作られたという、まるでマッコスジャパン的なコンセプトのオナホールですね。

パッケージにはそんな事は書かれていませんが、ショップの商品説明にはしっかりとこう書かれています。
日本製でこの重量でこの価格⁉
コスパにも拘った「てろまん」シリーズ新発売! !
3種類の重量は約320g~350g。
価格は1000円~1200円で売られているので、単純なnkpは大体3とかそのくらいになる計算ですね。

マッコスジャパンの平均nkpは確か3くらいだったので、業界的に見れば確かに最安値と言っても差し支えないくらいの安さになっていますね。

001


一番小さいもので約321g。
一番大きいもので約351g程あるので、単純に肉厚コスパだけを追い求めるのであればオレンジ色の「エンヴラスウォート」がいいですね。

素材はすべて同じものが使われており、普通くらいの固さで少し油っぽく。
粘土っぽい臭いが漂ってくる思い出深いあの工場で作られている素材が使われています。

一時期のえずいてしまうくらいの臭いのひどさは今はなく、昔に比べるとだいぶ臭いも落ち着いてきてようやく実用に耐えうるくらいの素材になってきた感じですね。

0014

ピンクのワイドストラクチャーは大きめのヒダと、奥にイボがついた構造。
オレンジのエンブラスウォートは網目っぽい感じのヒダに、大きなイボがついた構造。
グリーンのクロークロールは浅めのヒダで、他の2つに比べると少し特徴が薄く感じるような構造になっていますね。

81VVYXnP2-L._SL1500_

こちらがワイドストラクチャーの断面図。
入口付近には大きめのヒダと、奥にイボと裏返した状態とあまり大きな印象の違いはない構造ですね。

81Zf9t-e4ML._SL1500_

こちらがエンブラスウォート。
網目状のヒダというよりかは、小さなイボがたくさんついたイボメインな構造のようですね。

81Rat9hjD8L._SL1500_

最後にクロークロール。
シンプルそうに見えた内部構造は「ねじり」が加えられた穴になっていたようですね。

ワイドストラクチャー

001

入口付近の大ぶりのヒダがブリブリと引っかかってきてくれるので、シンプルながらもそれなりに気持ちのいい挿入感になっていますね。

奥の方のイボ的なものはあまり挿入感には影響していない感じですが、意識を集中させてゆっくりとストロークすればなんとなく引っかかりもあったりと、まるっきり無駄にはなっていないとは思えるくらいにはイボの役目は果たしている感じですね。

程良いバキューム感もあって、ヒダ刺激がしっかりしているので射精する分にはなんの不自由もなく、オススメ度としてはど真ん中な★3くらいなオナホールだと思います。

エンヴラスウォート

002

断面図では大きめのイボが特徴的でしたが、実際の挿入感ではイボ的なひっかかりはあまりなく、これもまたまるっきり無駄にはなっていないくらいのささやかなコリっとした引っ掛かりがあるくらいの挿入感になっていますね。

刺激のメインは大きめのイボよりも、壁にびっしりとついた細かいイボの方で、これがストロークする度にペニス全体にザラザラとした刺激を与えてくれていますね。

程良いバキューム感もあって、奥にある子宮ゾーンのような所にクポクポと出入りするような挿入感もアクセントとしては程よく、こちらも射精する分にはなんの不自由もないくらいに無難な気持ちよさを与えてくれるようなオナホールですね。

オススメ度は★3で間違いないでしょう。

クロークロール

003

なるほど、「ねじり構造」になっているのは確かに伝わってくる感じで、挿入感にすこしひねられているような抵抗を感じる事が出来ますね。

ただ、内部に引っかかってきたりするようなものがほとんどなく、全体的にのっぺりとした挿入感になっているので気持ちよさの点では他の2つよりも劣るオナホールといった感じですね。

真ん中らへんにコリっとした部分もあると言えばあるので、そこに集中してストロークをすれば射精出来なくもないくらいの満足度となっており、オススメ度としははっきり★2だと言えるようなオナホールだと思います。

まとめ

少し油っぽさのある素材は気になる所ではありますが、クロークロール以外のオナホールは無難ながらもしっかりと気持ちよさはあるオナホールなので、とにかく値段が安いものが欲しい方であればとりあえず買ってみてもそこまでガッカリするような出来ではなく、普通に使って射精出来てしまうくらいのオナホールだと思います。

異種構造【てろまん】ワイドストラクチャーのオナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:1000円前後
nkp(1g当たりの値段):7.5円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る

多種疣連鎖【てろまん】エンヴラスウォートのオナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:1000円前後
nkp(1g当たりの値段):2.9円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る

回転隘路【てろまん】クロークロールのオナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:1000円前後
nkp(1g当たりの値段):3円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る