tsg0006089_01z今回はPPPの

「対魔忍凜子 空遁の術ホール」

試してみました。

対魔忍シリーズの続編ですね。


2013年に生まれたPPPというメーカー。

https://www.pxpxp.jp/top/
001

黒を基調とした目を惹くパッケージと素敵なイラストで存在感を示したり。
おまけ商法という新しいオナホの可能性を見せてきたり。
掃除機オナホ」という誰もやらなかった未知の領域に挑戦してみたり。
全頭ホール」というあまりみんなが手をつけていないジャンルに挑戦してみたり。

時代の流れと共にその形態を徐々に変化させてきたこのメーカーですが、さて昨今はというと・・・

001

公式ページの商品情報の欄を見ればわかる通り、オナホール以外のグッズをたくさん発売しまくっていて、もはやオナホだけのメーカーではなくなってしまったようですね。

オナホに限って言えばここ最近はリリースペースは少し落ち着いており、そのラインナップがすべて対魔忍シリーズばかりで、もはや

対魔忍オナホメーカー

になりつつある昨今のPPP事情

001

「対魔忍だけに絞って今後はリリースしていく」って事はないんでしょうけど、今年に入ってからはなかなか偏ったラインナップになっていますね。

「対魔忍の呪い」

があるだけに大丈夫なんだろうか・・・と少し心配になってしまうオナ郎です。
「対魔忍の呪い」とは

「対魔忍」と名のつくシリーズのオナホールの大半が、最早わざとやってるんちゃうんかというくらい軸ズレしまくっている事から、それが呪いでなければ説明がつかないような悲しい現象の事。

参考記事
対魔忍アサギ 光陣華ホール|コラボまではよかったんだ・・・コラボまでは・・・
対魔忍 ユキカゼ 雷銃撃ホール|シリーズで軸ズレしているのは最早仕様としか思えないレベル
対魔忍 紫/さくら|公式ホールとしての素晴らしいコンセプトと呪いについて
tsg0006089_01z

さて今回オナホられているのは「対魔忍ユキカゼ」に登場する「秋山凛子」というキャラクターですね。
今までのシリーズは200~300gのものばかりでしたが、今回は550gとなかなか気合いの入った重量になっているのが特徴ですね。

「対魔忍の呪い」などと茶化してみたりはしていますが、このシリーズはトルソー造形にコスチュームの装飾を入れてみたりと「コラボオナホ」のコンセプトを見事なまでに再現しようとしている素晴らしいシリーズではあるので、どうかまともに使える仕様でちゃんとした評価をさせて欲しいと思っていたりします。

001

重量は約520gなので、公式重量550gとは少し差がありました。
造形はやはり素晴らしく、衣装のような装飾やキャラクターと同じ爆乳仕様になっていますね。

002

背中側がこちら。

000

対魔忍ユキカゼの公式ページにあった画像で確認してみると、背中側はぱっくり開いた仕様になっており、それらもしっかり再現されていますね。

固さは普通くらいで、臭いや油っぽさはほどほどな素材が使われていました。

003

「アナルホール」と言ってもいいくらいに入り口がかなり狭くなっており、アソコっぽい造形やらは一切施されていませんね。

この割れ目のように見えるものは、造形的にお尻ではなくて太ももに当たるので、確かにこの位置にアソコの装飾がついているのはおかしいのですが、これはこれで太ももから挿入するような感じになっているので不自然さを感じてしまいますね。

004

内部にはマキビシのような角度のついたヒダから、真ん中は少し狭まって横ヒダ構造。
奥の方は小さめのイボが規則正しくついた構造になっていますね。

tsg0006089_04z

断面図で見てみると、裏返したときよりももう少しゴテゴテしたヒダがたくさんついているような構造に見えますね。

001

トルソー造形が自然になるように背中にはゆるいカーブがついているわけですが、断面図を見る限りでは穴が背中側に向かってゆるくカーブしているのが気になる所。

背中のカーブを考慮するのであれば青ラインのようにお腹側に向かってカーブしていれば自然な仕上がりになるはずなんですが、ここらへんが挿入感にどう影響を与えているのかがポイントですね。

005

それ見たことか。

正常位、つまりお腹側を上向きにして挿入してみると「肉薄」というほどほどペランペランになっているわけではないにしても、左右からの圧迫感の方が強く感じてしまい、あまり裏筋側への刺激みたいなものが伝わってこないですね。

試しに背中側を上向きにしてストロークしてみると、なんてことはなく当たり前のように裏筋側にもわかりやすい刺激が訪れてくれたので、誰がなんと言おうとも確実に肉厚に偏りが出来てしまっており、挿入感に影響を及ぼしてしまう結果となっています。

内部にはたくさんのプリプリとしたヒダが引っかかってくるような、横ヒダ系ともイボ系とも違うシンプルながらもわりと心地の良い刺激となっており、目新しさみたいなものは全くありませんが普通に射精してしまう分にはそれなりな満足感を得られるようなオナホールですね。

とりあえず背中を上向きにしてストロークすれば、そこまで肉の偏りを気にせず楽しめるオナホールではあるので★が一つ減ってしまう程の減点はありませんが、それよりもさすがに呪い呪いと言っても今回ばっかりは普通にレビュー出来るだろうと思っていた所にこの結果だったのが驚きですね。

001

例のごとくかっさばいてみた画像がこちら。

対魔忍の呪い

信じるか信じないかはあなた次第です。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:3100円前後
nkp(1g当たりの値段):5.9円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16DMMで詳細&レビューを見る