oh-2388_500今回はRIDE JAPANの

「肉つぼヴァギナリターンズ」

試してみました。

肉つぼポケット的なオナホールですね。


毎月一つや二つのオナホールを発売していたRIDE JAPANサイクルにしては珍しく、7月と8月の「オナホの夏」いわゆる繁忙期にオナホをリリースしない、という余裕たっぷりな王者の貫禄を見せつけてくれたわけですが、約2ヶ月ぶりに新作が発売となりましたね。

oh-2388_500
「肉つぼヴァギナリターンズ」

なんというか非常に語感のいい名前となっており、「バットマンリターンズ」だとかそういう映画的なタイトルが頭をよぎってしまいますね。

リターンズの部分を日本語にすると「肉つぼヴァギナ返し」とかそういう言葉になるわけで、

001

サガシリーズ好きなオナ郎としては、こんなコラ画像を作りたくてしょうがない衝動に駆られてしまいます。
女性的なワグナスにはめちゃくちゃ効きそうな技ですね。

001

全長は約15cmで、重量は約286g。
300g以下で15cmもあるので、肉厚感よりも長さを重視した造形になっています。
いつものバンジータッチ素材で、少し柔らかめで臭いや油っぽさはほどほどな素材が使われていますね。

002
世界初!肉つぼポケット
みたいな事がパッケージに書かれていましたが、この矢印の部分は確かに特徴的な形になっていますね。
少し浮かせたイボ、というんでしょうか。
ポケットがついたイボみたいな形になっています。

003

肉つぼ、というよりもフジツボっぽい感じのイボとヒダ、そして所々についているポケットっぽい感じの返し部分がついている構造になっていますね。

oh-2388_502

なるほど、断面図で見る方が格段に分かりやすいですね。
こうして内部構造を見てみると、「肉つぼポケット」以外に正しい言葉が見つからないくらいに、そのままな内部構造ですね。

決してびっくりしまうくらいに超絶斬新な新構造ってわけでもないんですけど、こういうサラっと新しいアイデアの構造を盛り込んでくるところがRIDE JAPANの素敵な点ですね。

004

またこれ斬新な挿入感。

例えば行列の出来るラーメン屋だとか、有名シェフのレストランだとか、そういう所に行って食べた時の美味しさや新しい味の発見があったわけではなく、めちゃくちゃ家の近所にあったけど行った事がなかった定食屋なんかにたまたま入ったら、意外においしくてまた食べに来ようと思った時のような日常における新しい発見があった時のような、ふんわりととした満足感があるようなオナホールですね。

オナホを引き抜く動きの時は、わずかなイボ感のある内部構造がズルっと軽く刺激してくる程度の挿入感であまり気持ちいいものでもないんですが、オナホを挿入する動きの時には小さな複数のヒダがめくれまくっている刺激があってとても気持ちが良く、挿入時の刺激に特化したようなオナホールとなっていますね。

「ヒダ」という程ばりばりに引っかかってくるわけではなく、ちょうどいい柔らかさのまさしく「肉ヒダ」的な優しい複数のヒダが連続して亀頭を刺激してくる様は、なかなか他のオナホールでは味わえない体験ですね。

素材は柔らかく、挿入感もまったり気味な上に、肉ヒダの加減もそんなに強いわけではないんですけど、感じる刺激の強さはわりと強めになっていて、これはおそらく刺激の大半が亀頭に偏っている為に刺激寄りなバランスに感じてしまうんだと思います。

ただ、圧倒的な気持ちよさがあるわけではなく、新しい発見や程よい気持ちよさを持ち合わせた「ふんわりとした満足感」のあるオナホールなので、オススメ度的には★4で収まってしまいますね。

この「肉つぼポケット」が進行方向だけではなく、逆方向にも同じくらいついていて、行きと帰りに同じような肉ヒダ感を感じる事が出来ていれば、★5にも届いていたかもしれませんね。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:1400円前後
nkp(1g当たりの値段):4.8円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16MANZOKUショッピングで詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る