61QoIoqKwnL._SL1000_今回はピーチトイズの

「キノコ娘」

試してみました。

ビンビンなキノコ的なオナホールですね。


床オナ系のクオリティの高さもさることながら、ハンドホール部門でもわりと面白いオナホールを連発しているピーチトイズというメーカー。

そろそろ床オナ系よりもハンドホールで力を発揮してほしい・・・なんて思ってもいたんですけど、今回はその期待に応えるかのように、ハンドホールを発売してきてくれたようですね。
61QoIoqKwnL._SL1000_
可愛い娘のビンビンなキノコを味わってみよう
つまりどういう事だってばよ!の画像を出すまでもなく、

すなわち、ふたなりだとか男の娘的なチンチン的なオナホール

という解釈をする事が出来ますね。

昨今ではオナホにチンチンオプションがついたオナホールも珍しくなくなってはきたので、今更こんなコンセプトだからといって特に驚いたりはしない・・・というのが若干悲しい所。
5年くらい前だったら、鼻からオナホがニュルンと飛び出るくらいの衝撃があったものですが、それだけ「ふたなり」だとか「男の娘」の文化が日本に根付いてきた、という事なんでしょう。

200

ごっつカリでか

一体前世でどれほどの徳を積めばこんなでかいチンチンに生まれてくるのか、いやむしろこのサイズだとむしろ罰ゲームかもしれないくらいの巨根なチンチンそのものが飛び出してきましたね。

さすがにこれが「ふたなりディルド&ホール」の時のようなコンセプトだったら「殺す気か」と捨て台詞を残してそうそうにレビューをやめていた所ですけど、今回はチンチンをチンチンに挿入するだけなので何も心配はありませんね。

重量は約328gで全長は約16cm。
極太なわりには長さは16cmとまだ現実めいたサイズといった感じですね。
油っぽさほどほど~少し気になる程度で、臭いも若干気になる程度についている素材となっています。

001

さてどっちから挿入するんだろうと思って調べてみると、これまた現実味のある尿道側から挿入するスタイルのオナホールのようでした。

そうですね。
玉の上のプニョ」と同じスタイルですね。

001

内部構造は入り口から、「縦ヒダ→横ヒダ→グニョついたヒダ」と三か四段階くらいに分かれた構造になっていました。

001

グリップが効いて握りやすい形状

知ってたよ。
だってチンコだもの。

001

弱肉強食

この頂点にいる我々人間は、普段捕食される側の気持ちになんて一切考えた事もないし感じた事もないわけですが、このオナホを使っている時だけは

捕食されている側の気持ちが良く分かる

感じで、「おぉ・・・ペニスよ、小さくてすまぬ・・・」と為す術もなく巨大なチンコに捕食されている我がペニスを客観的に眺めているような気分になれますね。

そんな特殊な気分を味わえるという点以外で言えば、内部の挿入感はわりとシンプルな感じになっていて基本的には横ヒダ系のジョリジョリとした刺激が裏筋を中心に襲ってくるような挿入感となっていますね。

普通の横ヒダ系のオナホとはちょっと違う点で言えば、その横ヒダのジョリジョリの間隔がものすごく短くて、ヒダの数が倍にでもなったかのような挿入感になっていますね。
もちろんヒダ系のホールなので気持ちよさはそれなりにあって、射精にも楽勝で到達出来るようになっていますが、倍に感じるヒダ感だけでは少しインパクトが弱く。

チンチン的なコンセプトにしても「捕食されている感」は「玉の上のプニョ」でも同じく感じていたので、珍しさとか目新しさではあまり評価出来ない感じですね。

それなりに実用的なチンチンホール

という意味ではオススメしやすいですが、★4には届かずな★3くらいが適正な評価なんじゃないかと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:2300円前後
nkp(1g当たりの値段):7円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る