001

今回はGFFの

「もんむす・くえすとホール エルベティエ/魅凪」

の2つ試してみました。

前回に引き続き、「もんむす・くえすと!」の公式ホールですね。


「あらゆるモンスター娘を陵辱してみよう!」


そんなポンコツガーディアン的なシリーズではなく、

人気のあるエロゲーのモンスター娘達をオナホ化してみよう

と、どこかの誰かが思い立って商品化されたのが今回のオナホール。

前回の「もんむす・くえすとホール アルマエルマ」を見る限りでは、その愛のある再現度には感服させられたものですが、肝心な使用感で言えば今一歩といった所でしたね。

こういった公式アニメやゲームとのコラボで、なんてことのない筒状のオナホールよりも、そのキャラクターに寄せたり似せて作ったものの方が正しいとは思います。
ただせめて★5がつくような最高のオナホールとは言いませんが、★3くらいの普通に使えるレベルであればオナホ化した意味もあると思うので、なんとかそのラインは超えて欲しい所ですね。
4562226461059
4562226461066


全部で3種類発売されているので、本日はその残りの2つを試していきましょう。
「アルマエルマ」が四天王の一人だったので、残り2つも四天王の誰かなのかと思っていたらそうでもなく、「エルベティエ」は四天王の表記がありますけど「魅凪」の方はそうではないみたいなので、何も四天王縛りで作ったわけではないみたいですね。
キモイマジレスをすると、一人は四天王じゃないので、OVAの登場キャラから選んでるぽいですね。
前回のレビューでこんなコメントを頂いていました。
OVA、つまりオリジナリビデオアニメ版のキャラクターから選んでいるという事でなるほど納得。
無知なオナ郎の補足をしてくれている皆様にはいつも助けられていますので、マジレスありがく思っております。

127
c008

オナホ化されているのはこの2キャラ。
バビロン的な所の大淫魔の方はともかく、スライム的なキャラクターのオナホの方はふわとろ素材でシンクロ率を上げてきて欲しいですね。

010

魅凪の重量は約416g。
エルベティエの方は約426gとほぼ同じサイズで、どちらの造形もキャラクターの特徴を出した素晴らしいものとなっていますね。

残念ながらシリーズで全て同じ固めの素材が使われており、エルベティエのスライム感は再現出来なかったようですね。

002

大体同じように見えてしまいますが、魅凪の方は大きめのイボがちらほら。
エルベティエの方は小さめのイボがちらほらとついた構造になっています。

001

前半部分は同じような感じですが、真ん中からの構造が大きく違っていますね。
魅凪の方は螺旋系のヒダにイボがついた構造。
エルベティエの方は小さめの縦ヒダにイボがついた構造になっていました。

魅凪

004

なんとなくモコモコとしたヒダっぽいものはあれども、それが気持ちいいかどうかと言われれば、「そうでもない」と言ってしまいたいくらいの挿入感ですね。
キュっと締め付けてくるようなタイトな挿入感なのに、ここまでわかりにくい構造になるということはよっぽど中の構造が浅めになってしまっているということなんでしょうね。

005

普通にストロークした場合、背中の肉薄の部分にすっぽりと入ってしまい軸ズレさながらの挿入感になってしまい使用感もあまり良くない感じですね。

少し手で補正して上げると奥の方にまでグっと挿入することが出来るんですけど、この奥の部分がなかなかに強烈な子宮系のクポクポとした刺激になっており、刺激レベルが一気に2段階くらい跳ね上がるような挿入感になっています。

オナ郎はこれほどまでに強烈な子宮構造はあまり好きではなく、どちらかと言えば子宮部分に挿入しないで軸ズレさながらの背中側で肉薄感を楽しんでいる方がまだ気持ちいいまである始末でしたが、子宮系のクポクポ感が好きな方であれば、それなりに楽しめるかもしれませんね。

造形の素晴らしさを抜きにして純粋なオナホールとしての評価をすると★1か★2で迷って★2をつけておくレベルなので、やはりこの造形に価値を感じる上に子宮構造が好きな方以外にはあまりオススメ出来ないオナホールですね。

エルベティエ

009

すでに試した2つのオナホールと違って肉厚のバランスが一番取れており、お腹にも背中にも肉薄感の感じない挿入感となっていますね。
さすにが平べったくはなっている造形な上におっぱいに重量をとられているために、400gのオナホールと同じ肉厚感とまではいきませんが、300gくらいのオナホ感は出ているかもしれませんね。

内部の縦ヒダ感もそれなりに感じることができ、プリ、プリとなんとなく当たる感じも出ている感じですね。

さっぱり気持ちよくない

という、その挿入感さえ無視すれば、3つのオナホールの中で一番バランスが取れたオナホールかもしれませんね。

ペニスが萎える程に気持ちが良くないわけではなく、なんとか頑張れば射精くらいには到達出来そうだけど、「あんまりこれでイキたくないな・・・」と思えるような挿入感ですね。

造形に価値を感じれる方には・・・といっても、この挿入感ではその言い訳も少し辛い所がありますね。
オススメ度的には残念ながら★1をつけざるをえない感じです。

もんむす・くえすとホールまとめ

冒頭でも言った通り、公式として造形にこだわりぬいた姿勢は素晴らしく、これはこれで正解だとは分かってはいるものの、やはり肝心なオナホールの使用感がお世辞にも使えるレベルのものではなかったのが残念ですね。

造形にこだわり抜く公式ホールとしての姿勢は間違っていないと思うので、

せめて★3くらいには使えるオナホールを・・・っ!

というのが、全国の公式ホールを作ろうとしているメーカー様に伝えたい事ですね。

魅凪のオナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:2500円前後
nkp(1g当たりの値段):6円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る

エルベティエのオナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:2500円前後
nkp(1g当たりの値段):5.8円前後
オナ郎のオススメ度:(5段階評価:1)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る