001

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりて、オナ郎がペニス休みを行ないながら、あっという間に訪れてしまいそうな2100回帰年の準備を始める為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルトグッズについての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

大丸の大人グッズはなぜ成功したのか?|Lmaga.jp

iroha6
「百貨店にアダルトグッズ」という前例のない試みに注目が集まった、大阪の百貨店「大丸梅田店」での期間限定ショップ。8月22日から13日間の出店で来場したのは約1500人。目標の3倍以上の売上を記録したという。

ダッチワイフの起源は? 「大人のおもちゃ屋」の歴史を辿る|AERAdot.

2018090600026_1
社会風俗・民俗、放浪芸に造詣が深い、朝日新聞編集委員の小泉信一が、正統な歴史書に出てこない昭和史を大衆の視点からひもとく。

今回は「大人のおもちゃ」。性にかかわる生々しい言葉は隠語や外来語に言い換える。そうすれば、オブラートに包むように抵抗感が薄まる。「大人のおもちゃ」という言葉にはそんな知恵だけでなく、遊び心も感じさせる。今で言う「アダルトグッズ」よりも味わいがある。

男子が抱える「射精の闇」 性の悩み「救済システム」訴える医師|ウィズニュース

001
インターネットテレビ局Abema(アベマ)TVの番組「Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~」が8月、「男の性教育」を取り上げました。番組では芸人たちが自慰行為や包茎の悩みなどを赤裸々に話合いました。番組に出演した聖隷浜松病院の今井伸医師(泌尿器科)は「男は勝手に覚えるものだ」という風潮に警鐘を鳴らします。今井医師が心配する「射精の闇」について話を聞きました。

量産される「底辺バーチャルYouTuber」……次の一手は“エロ配信”しかない!?|おたぽる

0925_youtuber
気がついたら、当たり前の存在になってきた、バーチャルYouTuber(VTuber)。毎日のように、新しいVTuberはデビューを続けている。さらに『Vカツ』を筆頭に、誰でもすぐにVTuberを作成することのできる技術も普及。今後「自分もやってみよう」と思い立つ人は多いハズだ。  

だが、そんなVTuberの中でも、多くの視聴者を握っているのは、ごくわずか。現在、数千人は存在しているといわれるVTuberだが、再生回数が4ケタ台も当たり前。つまり、ほとんどのVTuberは、儲かる儲からない以前に、誰も観てくれていないというわけである。

【閲覧注意】便秘に悩む男の腸内から出てきた“水風船”がヤバすぎる! 心の闇が生んだ悪夢|TOCANA

20180912_balloon_01
世の中には、風船に性的興奮を覚える“風船フェチ”が存在する。彼らは、幼い頃に遊んだ風船の手触りや幼児番組に映っていた風船のイメージなどに囚われ、風船を性の対象と見てしまうという。

風船フェチの者は、風船を膨らませたり割ったりしてオナニーするほか、風船に性器をこすりつけて疑似セックスを楽しむこともある。しかし、風船を食べるのは、かなり珍しいケースといえよう。そんな世にも奇妙な事例がオーストラリアで報告され、英紙「The Daily Mail」などで報じられた。

0.01ミリ、東京五輪でもアピール コンドーム、五輪とともに進化|ウィズニュース

001
東京オリンピックの開幕まで、2年を切りました。五輪のたびに話題の一つになるのが、選手村で配布される「コンドーム」です。2016年のリオデジャネイロ五輪では45万個が配布されたといいます。

コンドームのゴムの薄さはこの10年ほどで劇的な進化を遂げ、今や0.01ミリ台の極薄時代。コンドーム大国でもある日本のメーカーは東京五輪、そしてその後の未来にどんなビジョンを描いているのでしょうか。メーカーの熱意に心を打たれ、学生時代にコンドーム産業の経営史を研究していた記者が、担当者を訪ねました。

【閲覧注意】ペニスの先からツノが生えてしまった男がヤバすぎる! 記録的な大きさと“黄色味”に医師戦慄=インド|TOCANA

20180913_penis_01
傷ついた尿道が修復される過程で内腔が狭くなる「尿道狭窄症」の治療のため、インドに暮らす60歳の男性は「尿道形成術」と呼ばれる外科手術を受けた。しかし手術から2カ月後、なんと男性のペニスの先から約3cmの長さの“ツノ”が生えてしまった。ツノは、ニューデリーの南東約500kmに位置する都市ラクナウのキング・ジョージズ・メディカル大学で、専門医によって切除された。

45歳のバイオニックペニス男、初セックスを果たした数日後に緊急入院! 童貞を捨てたことが原因か… 5日間意識不明に|TOCANA

0928AW-1
今、トカナ編集部が注目しているのは、生まれつきペニスがなく、人工のペニス(バイオニックペニス)を作る手術を受けることで、つい最近ようやく童貞を捨てた45歳のイギリス人男性である。念願かなって恋人との初セックスから数日後、なんと彼は自宅で倒れ、緊急入院したというのだ。一体何が起きたのか? 英「Daily Mail」(今月27日付)からお伝えする。

日本人の「精子力」が危ない!! 禁欲はNG! 下半身の「放熱」を|FNNPRIME

00370770HDK
厚生労働省が、不妊治療を受ける男性への経済的支援を拡充する方針を発表しました。 来年度から、治療1回につき15万円の助成を、初回に限って30万円に引き上げ、女性への支援と同水準にするということです。 その背景にあるのは、不妊の約半分は男性側に原因があることでしょう。

「ロボット売春宿」に抵抗感、ラブドール専門店の出店差し止め 米ヒューストン|AFPBB NEWS

img_d1db4eca4572807bbe422000af50800a101364
【10月4日 AFP】米テキサス州ヒューストン(Houston)は3日、カナダのラブドール専門店が計画していた同市での出店を差し止めた。出店をめぐっては住民から抗議の声が上がっていたほか、地元メディアも「ロボット売春宿」と呼んで批判していた。  

Steamで初の「無修正100%」アダルトゲームが審査を通過。今週金曜からリリース|engadget

eroge
Valve社が運営するPC向けゲーム配信プラットフォームSteamにて、初の「無修正100%」のポルノゲーム、日本でいうエロゲーが審査を通過したことが報告されました。 この決定をTwitterで報告したDharker Studiosは、様々な成人向けビジュアルノベルを手がけてきたデベロッパーです。同スタジオの『Negligee:Love Stories』は公式なサムズアップ(承認)を得たとされ、今週の金曜日にリリースされると述べられています。