oh-2398_500今回はホットパワーズの

「触手裏剣 すじズリ」

試してみました。

触手裏剣シリーズの続編ですね。


皆さんご存知の通り、オナ郎はほんの少し前に二日間で限定版サキュ手裏剣を10種類も試してお腹が一杯な所なので、待望の触手裏剣の新作が発売されたからといって、昔懐かしのケロッグコンボのCMよろしく

hqdefault

「モウガマンデキナイ!」

という高めのテンションで飛びついてしまう事もできなかったりしますね。

昨日のレビューでは残念にも★が一つだったので、お腹が一杯だとしても期待値はかなり高めな触手裏剣の新作でお亀直しをしたいという気持ちを抱えながら元気にレビューしていきましょう。

oh-2398_500
さてすでに説明不要も不要なくらい有名な触手裏剣シリーズの最新作ですね。
限定版サキュ手裏剣を除けば、このサイトでレビューしたのは全部で7種類で、

平均点は★4.4

と、ヴァージンループシリーズの平均評価の★4.8に次ぐ約束された勝利のシリーズとも言えるようなオナホールだったりします。

とある事情で先にどんなオナホールなのかを説明しておくと、「フェラ魔チオ」というオナホールが過去にあったんですが、それに採用されていた内部構造の一部だけを固くする「特殊二層構造」を触手裏剣にも採用してきたみたいですね。

00

フェラ魔チオ」の時でも余裕で★5をつけていたくらいに実用性のある構造でしたから、それが触手裏剣に採用されていたとすると、

0aab045a

と久しぶりにこの画像を使ってみたい衝動に駆られるというもの。

ではなぜいつもの「パッケージの画像→オナホの画像→裏返しの画像→メーカーの断面図」という黄金のレビュールートを辿らずに中身の紹介をしたのかというと、ずばりコレが原因です。


RIDE 【ポイント2層】うらすじデラックス
うらすじデラックス(リンクはAmazon)

「へいへぃ~~!!コンセプト被ってるよぉ~~~!!!」

全く別のオナホールとは言え、コンセプト的には丸かぶりした二種類のオナホールがほぼ同時期に発売されてしまうという、メーカー側にとっては悶絶級の事態。

「おいおい、どっちを先にレビューしたらいいんだってばよ・・・」

と多少悩ませてくれましたが、うらすじデラックスの方が発売日が後ろだったので、先にホットパワーズの方をレビューさせて頂く事にしました。

ホットパワーズは「フェラ魔チオ」で一度特殊二層構造を採用しているので、まだ驚きは少ないですが、RIDE JAPANにとって特殊二層構造は初の試みでしたからね。

当然こうなってくると、「どっちのオナホが良いんだ」という事にもなってくるので、できればオナ郎的にも1~2ヶ月はリリース日を軸ズレさせてほしかった所です。

001

重量は約399gで、造形はシリーズですべて同じものが採用されているみたいですね。
素材はかなり柔らかいのでおそらく、ホッパのメテオ素材の「バリ柔(-2)」が使われているんだろう・・・なんて予測をしながら確認してみると、

hop42-sozai

くくく、やはり正しかったですね。
前回の「限定版サキュ手裏剣」の「バリ柔(-2)」では臭いがかなりキツかったのに対して、今回の臭いはほどほど~控えめ程度に収まっているので、やはりオナホの着色と色は密接な関係にあるような気がしますね。

油っぽさは少し気になる程度にはついている素材ですね。

002

これまでに何度も見てきた触手裏剣の入り口ですね。
高い縦ヒダを少し回転させる事によって手裏剣のような構造に見えるのがこのシリーズの大きな特徴ですね。

矢印のついた赤い2本のヒダに「ギチ硬(+3)」の素材が使われているみたいですね。

003

ギチ硬の素材の部分は当たり前な話かなり硬くなっており、触ってみるとコリコリとした触感になっていますね。
評価の高かった「フェラ魔チオ」では外側の素材が「ふわ柔(-3)」で中の素材が「バリ硬(+2)」だったので、両方の素材を一段階ずつ硬くしているバランスになっているようです。

調べてみると「限定版フェラ魔チオアーネ」と同じ素材バランスが採用されているみたいですね。

004

いやぁ、気持ちいい。

色々言いたい事や伝えたい事はあるけど、とりあえず「気持ちいい」というこの気持ちだけは先にお伝えしておいた方がオナ郎の心境は伝わりやすいんじゃないかと思いました。

なんとなく想像していたような刺激とは少し違っていて、「そう来るのかね」といったような意外性のある挿入感になっており、ファーストインサートの時点では気持ちよさを感じながらも少し戸惑ってしまうような挿入感ですね。

ハード素材の触手裏剣部分ははっきりくっきりとした刺激になっており、商品名通りな裏筋をズリズリとしっかりと刺激してくる感じですね。
裏筋のモッコリコリとした異物感を感じながらもゾリゾリとした細かいヒダが同時に刺激してきて当然の如く気持ちよさに溢れた挿入感になっていますね。

ただ、ちょっと待てよと。

裏筋の硬い二本のヒダの刺激は抜群に仕事をしているとして、

「他の手裏剣ヒダは一体どこへ行ってしまったんだ!?」

といったような挿入感でもあり、分かりやすい固めの素材が裏筋を刺激してくるインパクトの強さに隠れるようにして、残りの4本のヒダの存在がほとんど消えているように思える挿入感になってしまっていますね。

わかりやすくこのオナホール説明してみるとすれば

「二本だけ触手裏剣」

みたいな言葉が一番適切な表現かもしれませんね。

「じゃあ全てのヒダを硬い素材にすればもっと良かったのでは?」と思うかもしれませんが、それをしてしまうと刺激抜群のオナホールになってしまう上に、「すじズリ」よろしく裏筋に特化した今回のコンセプトとは大きく異なってしまうので、なるほどある意味これはこれで成立しているのかもしれません。

まったりとした柔らかい挿入感の中に、裏筋を刺激してくる二本の触手裏剣の刺激はそれはもう十分と言えるくらいに気持ちいいものではあるんですけど、触手裏剣としてのグニョグニョとしたあの独特な挿入感の良さが失われてしまっているのが、触手裏剣構造が好きなオナ郎としてはなんだか複雑な気持ちになってしまいますね。

例えばこれが、

001

こんな感じの「特殊三層構造」とも呼べるような、外側の素材はそのままで、二本のヒダをギチ硬(+3)に。
そして残りのヒダを普通(0)かもしくは硬(+1)の素材にして残りのヒダ感をもう少しブースト出来ていたのであれば、触手裏剣のグニョグニョとした挿入感を残しつつも裏筋に特化したオナホールが完成していたのかもしれませんね。

なので、そんな色々な事が頭を駆け巡ってしまい、

「気持ちはいいんだけど★5はつけがたい」

といったような感想になってしまって、オススメ度としては★4に収めざるを得ない感じですね。

「細けぇことはともかく、まったりしながら裏筋だけを刺激して欲しいんだよ」

という方には細けぇことはともかく、オススメしたいオナホールですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:2700円前後
nkp(1g当たりの値段):6.75円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)

■販売店はこちら■
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る