001今回はジョイボックスの

「にぎっ!!」

試してみました。

手コキ的なコンセプトのオナホールですね。


今年の4月に「ミニ名器 月華」を発売して以来、今の今まで新商品を出していなかったジョイボックス。

20130329_nakajimatomoko_53

「死んでもうたん?」

と言うにはまだまだ時期尚早ではありますが、オナホメーカーにとっては繁忙期でもあるオナホの夏をすっ飛ばすというのはなかなか珍しい事でもあるわけで、その裏には必ずのっぴきならない理由みたいなものがあるはずなんですよね。

001
そんなわけで無事に半年振りに発売してきたのが今回の商品。
コンセプトと名前にもなっている「にぎっ!!」の部分は後でじっくり触れてみるとして、とりあえずパッケージが今までのジョイボックスのものよりも、いい具合に仕上がっているように思いますね。

001

一時期のワールド工芸のパッケージの変化よりは著しく変わっているというわけではありませんが、なんというかスッキリとまとまっている感が出ているように思います。

oh-2406_505

さて今回は

「ギュっと握られるような圧迫感」

という事で、手コキ的なコンセプトになっていますね。
柔らかい女の子の手で握られているような刺激
手がッ!キュッ!! にぎにぎされちゃう? その快感がくせになる...!
オナホでハンドジョブを再現した場合、いまいち実用性の低い手の造形で表現する、というのが一般的な手法でしたが今回はそんなありきたりな手法ではなく、

いまいち実用性は低いけど技術力と独創性のある構造

のオナホールを今までたくさん作ってきたジョイボックスならではの手コキ感が表現されてみたいなので、しっかりレビューしていきましょう。

001

重量は約248g、全長は約13cm。
やけにゴツゴツとしたいかつい装飾が施されており、確かモンハンにこんな感じのランスやらガンランスがあったような気がしますね。

少し固めなで、臭いや油っぽさはほどほどなジョイボックスでメインで使われている素材ですね。

手の造形になっているわけでもなく、では一体どのように手コキ的なそれを再現しているのかというと・・・

001

なんと入り口付近に

手のようなヒダを配置する事で手コキ感を演出している

「さ、さすがジョイボックスさんだぜ!!」と言いたくなるような独創的な構造で手コキ的なそれを再現しようとしていますね。

独創的なアイデアなのは評価出来るとして、実際の挿入感でいかほどの気持ちよさやコンセプトを再現出来ているのかを想像すると、なかなかに厳しそうなビジョンしか見えないんですけど、そこは予想を裏切ってくれると信じたい所ですね。

001

少し分かりにくいですけど、矢印の部分に5本の指がついたペラッペラの手的なヒダがついているのが確認出来ますね。

001

反対側には手的なヒダが2つもついており、左右合わせて3本の手がついた構造になっていました。

いや~、独創的ですね。

oh-2406_504

断面図で見ると入り口付近に3本の手が迎えるようにして伸びているのが分かりますね。
奥の方は細かめな横ヒダがメインの構造になっていますが、奥には返しのついた大きめのヒダに3つのイボがついた構造になっている等、工夫が施されていますね。

001

さすがに、この程度のペラペラとしたヒダのようなもので手コキのギュっと握るような感じが伝わってくるわけではないとして、この入口の手のひら的なヒダはそれなりに刺激の特徴として現れている感じですね。

001

強いていうなら、こんな感じの割れた竹のようなヒダがこちらに向かってペシペシと当たってくるような感じとなっており、ヒダ自体はペラペラですけど素材はそれなりにしっかりしているので、ちゃんと刺激として成り立っているような挿入感ですね。

真ん中は横ヒダ系の刺激ですが、ヒダ部分の距離が短いのでそこまでゾリっとは刺激してこないくらいの感じで、奥の方には亀頭にほどよく引っかかるプリっとしたアクセントと、それについた小さいイボの感触もしっかりと伝わってくるような挿入感です。

全体的な感想としては

細かい造形ながらも1つ1つのパーツの刺激はしっかりしている

といった感じで、三段構造のようなオナホの場合はどれかのパーツがさっぱり分からなかったり、フワっとしていたりする事が多いんですけど、ちゃんと入り口→真ん中→奥とそれぞれのパーツの特徴をしっかりとペニスで捉える事の出来るような挿入感になっている感じですね。

普通にストロークしていても悪くないですけど、入り口付近でショートストロークをすれば指の部分がいい感じに亀頭を中心に当たってきたりするので、ロングストロークでもショートストロークでもどちらでも楽しめる幅の広さは持ち合わせています。

このくらいの感想を語れるくらいには特徴はしっかり出たオナホールではあるんですが、全体的な気持ちよさやで言うと、★3を上回る程に素敵感があるわけでもなく、

「それなりに楽しめてしまった★3くらいのオナホ」

という評価がなんだかしっくりくる感じだったりしますね。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:1200円前後
nkp(1g当たりの値段):4.8円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る