ho7177pl今回はマジックアイズの

「UnREAL BODY(アンリアルレディ)」

試してみました。

極彩シリーズの大型のトルソー版ですね。


実はこの商品。

2018年の7月とオナホの夏まっさかりに発売されていた、マジックアイズのチカラコブがモコっと見えるような期待の新作ということでかなり楽しみにしていたオナホなんですが、なぜ今なんだと。

なぜ7月にレビューしなかったんだ

というのにはもちろん理由があるわけです。

ho7177pl

もちろんオナ郎は発売されてすぐくらいには入手していたんですけど、なかなかAmazonの方に姿を現さない・・・というか、

Amazonに一度登録されていたけどページが抹消されている始末

で、もちろんマジックアイズの新商品がAmazonに登録されないなんて事はありえないので、これはどういう事だとマジックアイズの中の人に電話して聞いてみる事にしました。

マジックアイズの中の人「実は名前の”アンリアルボディ”というのがちょっとまずくて、パッケージを総入れ替えしている最中なんです」

なるほど。

つまり、元々「アンリアルボディ」という名前で販売していたけど、のっぴきならない理由があって「アンリアルレディ」という名前に変えようとしている最中だったわけですね。

オナ郎の手元にあるのは「アンリアルボディ」名義のパッケージだったので、「え、このままレビューしちゃって大丈夫ですか?」と聞くと

「パッケージだけ送らせて下さい」

001

というわけで、送って頂いたパッケージのダンボールがこちら。

マジックアイズの中の人「しばらくすればAmazonさんにも掲載されて、他の通販サイトさんの名前も変わる予定です!」

なんて事を言っていたので、じゃあAmazonに登録されて他の通販サイトの名前がアンリアルレディになったタイミングでレビューすれば分かりやすくていいじゃない~、と思っていたのが7月の終わり頃。

そして12月4日現在の状況がこちら↓

001


002

001

どないなっとんねんと。

アンリアルボディやらアンリアルレディやらで入り混じったレビューになるとややこしいから、全部のサイトがアンリアルレディ化するのをじっと待っていたのに12月になっても一向に反映されていない始末。
12月のマジックアイズの新作をレビューする前に、このどうしようもない子を何とかしないといけないな・・・と思って、

オナ郎「もうのっぴきならない理由も含めてレビューしちゃっていいですか?」

と聞くと「大丈夫です・・・。むしろネタにして下さい・・・。」と申し訳なさそうな感じでお返事を頂いたので約5ヶ月も遅れてのレビューになってしまったという訳です。

FANZAのサイトM-ZAKKAは「アンリアルレディ」に変更されていました。

001

長々とここまでに至る話をしてしまいましたが、気を取り直してレビューしていきましょう。
重量は約946g、全長は約22.5cmの大きなトルソー型のハンドホールとなっていますね。

ho7177jp-003

一体何に期待していたのかというと、今回からマジックアイズの「アンリアルスキン」という新素材が投入されているらしいので楽しみにしていたわけですね。

そんな期待の新素材はと言うと、固さは普通くらい。
臭いは控えめ気味なものになっていますが、今までどのオナホールでも嗅いだ事のないような不思議な臭いが漂っていますね。
消しゴムだとか、なんかの袋だとか、そんな感じの工業製品っぽい臭いのような気がしますね。

普通くらいの固さでマジックアイズが「新素材」とまで謳った素材なので、油っぽさもゼロなのでは!?という期待がありましたが、そんな事はなく。
ほどほど~少し気になるくらいには手がヌメってしまい、期待していたわりにはそこまで感動するような新素材ではありませんでしたね。

強いて言うなれば、素材の表面がやけにサラサラとしていてキメの細かさみたいなものが感じられる素材になっているので、おそらくここらへんにこだわりがあるんだと思います。

001

約半年間、オナ郎のオナホボックスに放置されていたからかどうかは分かりませんが、気になってしまうレベルにたくさんのシワがついてしまっていますね。

001

このくらいのサイズだとうっかり二穴仕様にしてしまいがちですけど、しっかり一穴にしてきたのはさすがのマジックアイズのバランス感覚。

極彩成形よろしく、内部の穴と入り口のビラビラが繋がっている造形になっています。

ho7177jp-002

ぎりぎり裏返せそうで裏返せない構造だったので、こちらが断面図。
内部には厚めのヒダがびっしりとついた構造で、奥には子宮スポットがついている感じですね。

001

そんなに良くはないな・・・

造形のクオリティはもちろん十分満足の行くものではあるとしても、焦らしに焦らされまくった待望のオナホのわりには肝心な挿入感はどうも今一つ物足りない感じですね。

断面図で確認出来るような安定感のありそうな厚めのヒダは、そこまでゾリゾリと刺激してくるわけでもなく、ペニスで感じるヒダの感触はどちらかというと浅めで、多少ザラついてくる程度に抑えられていますね。

入り口付近の肉厚がてんこ盛りになっている為に、入り口付近の肉厚感と締めつけ感が強めで、ヒダの触感も入り口付近に集中している感じですね。
その分、お腹周りがトルソー造形のために肉厚が多少少なめになっている為に、圧力みたいなものが足りずに、真中部分だけヒダっぽい刺激が弱まるような挿入感になってしまっていますね。

一番奥までペニスを突ききると、子宮の入り口にキスするかのようなクポっとした優しい刺激を亀頭の先端に感じることが出来、亀頭がまるまる子宮に飲み込まれるような子宮感のある構造ではありませんが、奥のアクセントとしては十分機能している感じですね。

逆に言えば、

その奥の部分がなければなんとも言えない無難すぎる挿入感

なオナホールとも言えるわけで、子宮口のアクセントが加わることでなんとか★3はキープ出来たかな、といったような感想になりますね。

大きめなトルソーの造形美に価値を感じられない人には少しオススメしにくいようなオナホール

だと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:4700円前後
nkp(1g当たりの値段):4.9円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る