001

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりて、オナ郎がペニス休みを行ないながら、12月よろしく今年はわりと多めな忘年会の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルトグッズについての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

自慰行為をやめると体にどんな変化が起きるのか?|GIGAZINE

00
アメリカでは一般的に男性の70%、女性の50%が毎月定期的に自慰行為にふけっているといわれています。もし毎月、あるいは毎日行っている自慰行為をやめてしまった場合、人間の体にいったいどのような変化が現れるのかを、AsapSCIENCEがムービーで解説しています。

TENGAの広報女子に聞いた、百貨店で女性向けアダルトグッズを売った意味と成果|マーケジン

29470_arena
 2018年8月、大丸梅田店にアダルトグッズメーカーTENGAの女性向けアイテム「iroha(イロハ)」の期間限定ショップがオープンしました。TENGAで広報を担当している西野芙美さんと工藤まおりさんに出店の背景と成果、そして女性向けアダルトグッズのプロモーションとマーケティングについて聞いてきました!

アダルトグッズのTENGA 来年韓国に1号店|聯合ニュース

001
日本のアダルトグッズメーカー、TENGA(東京都港区)が来年下半期に韓国に初の実店舗をオープンする。

「大人」グッズ店、大丸梅田に再び登場|Lmaga.jp

iroha-1122
「百貨店にアダルトグッズ」という前例のない試みに注目が集まった、大阪の百貨店「大丸梅田店」での期間ショップ『iroha POP UP STORE』。11月22日の「いい夫婦の日」に向け、今年8月以来となる再出店が決定した。

アダルトボードゲームフェス2018 in TOKYOレポート|世界のボードゲーム情報サイト

LlgSM7z9_400x400
ゲームマーケット2018秋の前日となる11月23日、東京・阿佐ヶ谷の阿佐ヶ谷ロフトAにて、「アダルトボードゲームフェス2018 in TOKYO」が開催された。

今年3月に行われた「アダルトボードゲームフェス in OSAKA」に続く2回目で、前回の参加者を超える50名以上が参加し、大真面目にアダルトゲームの将来を語り合った。

靴下フェチ大儲け美女「年1500万円お小遣い」の本業は…|産経新聞

ecn1811220021-p2
異性の身体の一部や衣服などに異常な執着や偏愛を示すことを「フェティシズム(フェチ)」と呼ぶ。  そして、世の中にはいろんな「フェチ」がいる。胸フェチ、匂いフェチ、声フェチ、筋肉フェチ…。そんななか、欧米でいま、物議を醸(かも)しているのが“足フェチ”だ。  

なぜか。英ロンドンに住む33歳の女性の足フェチモデルが、自分が履(は)き古した臭い付きの靴下や靴を、自分のファンである“足フェチ”たちに売り、何と年間に10万ポンド、日本円にして約1500万円を稼いでいたことが分かったからだ。

「アダルトサイト閲覧姿を録画」で脅迫 被害1千万円|産経新聞

afr1811250007-p1
「アダルトサイトを閲覧している姿を録画した」などと偽メールを送りつけて仮想通貨をだまし取る詐欺被害が相次いでいる問題で、10月中に国内で約1千万円相当の被害が発生したことが25日、分かった。

利用者が過去に使っていたパスワードを偽メールの件名にするなどして動揺させる手口が被害拡大につながっているとみられる。

【速報】世界初、女性のためのSEXロボット「Henry」発売! 女性たちの“赤裸々すぎる要望”判明、ペニスのアップグレードも想定か!|TOCANA

1205henry-1
 セックスロボットとは男性のためのもの――もはやそんな考えは過去のものになるだろう。ついに女性向け、つまり男性型のセックスロボットの販売が始まるという。英紙「The Sun」が今月4日付で報じている。

「最近の若者は恋人とセックスをしなくなっている」という指摘|GIGAZINE

00
内閣府によると、先進国における合計特殊出生率は低下の傾向にあり、日本を含めて経済成長が著しいアジア各国でも合計特殊出生率が1.5を切っていることが判明しています。日本に限らず先進国の多くが少子高齢化問題を抱えていますが、その理由の1つに「若者のセックス離れ」があるという指摘があります。

なぜ若者がパートナーとセックスをしなくなってしまったのかを、The Atlanticが解説しています。

自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主になれるのか|Newsweek

webw181205-doll-thumb-720xauto-147731
セックスロボットの進化はすさまじい。いつの日か人間を愛し、それゆえに苦しむ能力を備えるだろうと、専門家はみている。

人間のかわりになるセックスパートナーとして売り出されている最新型の「セックスボット」は、外見は不気味なほど生きた人間そっくりだが、人間のような意識はない。感情を模倣してユーザーを誘惑するだけだ。
続きを読む

【閲覧注意】騎乗位SEXで勃起ペニスが「バキッ」と3つに折れた男! まるでバルーンアート、突然大きな音がして… 恐怖の「陰茎折症」|TOCANA

20181116_penis_01
台湾に住むリャオさん(62歳)は、陰茎が“折れる”という重傷を負った。英紙「The Sun」によると、モーテルでパートナーと激しく性行為に及ぶ最中、突然大きな音を耳にしたという……。  

近所の病院に搬送されたリャオさんは、海綿体を包んでいる白膜の破裂によってペニスが腫れ上がる「陰茎折症(いんけいせっしょう)」と診断された。泌尿器科医のクオ・チア・チェンさんは、「彼が来院したとき、彼の陰茎は2カ所折れていて、すでに傷つき腫れていました。それは、まるでサクソフォーンのような形になっており、大きさはナスビくらいありました」と明かす。バルーンアートを想像していただければ状況がわかりやすいだろう。

サンローラン、男性の「アソコ」を象った仰天のアクセサリーを発売|フロントロウ

6ed2ed844b468ef6cd86871ca32f4951b1658dfe_xlarge
セレブ御用達ブランドであるサンローラン(Saint Laurent)が、驚きのアクセサリーを発売した。(フロントロウ編集部)  サンローラン(Saint Laurent)と言えば、フランスを代表するハイブランド。多くのセレブが愛用するこのブランドから、ある仰天のアイテムが発売された。そのアイテムはコチラ。

「変態は適度に楽しむのが大事」AV男優・黒田悠斗に聞く、日常生活と快楽のバランス|サイゾーウーマン

01kuroda
元風俗嬢で現在はプライベートセックスレッスンを行う曼荼羅が、会いたい人に話を聞く不定期対談コーナー「曼荼羅の部屋」。

前編から引き続き、webサイト「リビドーリブ」で、さまざまな性癖を持つ「変態さん」を紹介する「変態のすゝめ」を連載し、「性癖はセックスのスパイス」というAV男優・黒田悠斗さんに、自分の性癖の見つけ方や快楽と日常生活の折り合いについて、お話を聞きました。

眼鏡フェチ男が通行人の女性に眼鏡を無理やりかけ、淫らな行為に(英)|テックインサイト

bbc1811290027_001-300x222
世の中には変わった性癖を持つ人が存在するが、それが他人を巻き込む行為に及ぶとなると問題である。このほど英ウェールズで、とんでもない“眼鏡フェチ”男が逮捕された。『BBC News』『WalesOnline』などが伝えている。

「職業はAV女優、本業は僧侶。」人助けのため、新たな仏の道に挑み続ける”ニューハーフ僧侶”の半生|BLOGOS

raw
ある時は野太い声で読経する真言宗の僧侶、またある時は山伏として厳しい修行を行う修験者。さらにはトランスジェンダーのAV女優でもあるというかとうれいさん。7日放送のAbemaTV『AbeaPrime』では、「職業はAV女優。本業は僧侶。人生を賭けた実験」と話すかとうさんの生き方に迫った。

【速報】肩に塗るだけで精子が死滅する「塗るコンドーム」遂に爆誕! 米政府機関が臨床試験、避妊の新時代到来!|TOCANA

1130nest
 塗るコンドームの実現が、また一歩現実に近づいた。11月28日、米国立衛生研究所(NIH)は「NES / T」というゲルタイプの男性避妊薬の臨床試験を開始すると公表した。NES / Tはプロゲスチンとテストステロンという二つのホルモンを含んだゲルで、男性の肩から背中にかけて塗るだけで精子の量が避妊に十分なほど減少するというものだ。

「人形」「ラブドール」「宝塚」コスプレの進化系「なりきり」がもたらす効果とは|BLOGOS

raw
 「なりきる人」といえば、アニメやゲームのキャラに扮したコスプレイヤーが定番だったが、そんな「なりきり業界」に変化が起こっているという。美少女ドールモデルに日本を代表する歌劇団のヒロイン、さらには男性用の愛玩グッズまで、その対象が多種多様に広がってきているというのだ。21日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、その現場を取材した。

ラブホ業界は改装ラッシュ。千葉県松戸市にもラブホルネサンスの波が…/文筆家・古谷経衡|日刊SPA!

IMG-1583-550x978

少し前に、テレビ朝日系列で放送された「大改造!!劇的ビフォーアフター」という番組が流行った。番組内容は読んで字のごとく、著しく老朽化した住宅、住宅内動線が間取りのせいで不自然に歪んでいる、バリアフリーに未対応である、再建築しようにも狭小地である、もしくは建ぺい率や容積率・北側斜線等の規制があって上手くいかない――などなど、構造上著しく旧態依然とした住宅を「匠」の住宅建築士らが見違えるほど近代的で使いやすい住宅にリフォーム・再建築するというもの。

止まらない精子減少の行方──人類の終わりのはじまり?|GQ

p184-01k
この数十年で男の体に異変が起きている。生殖能力が著しく劣化し、年々精子の数が減少を続けているのだ。今のペースでいけばあと数十年で男の精子はゼロになりかねない。何が男から精子を奪ったのか。そして手遅れになる前に救世主は現れるのか。