001

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりて、オナ郎がペニス休みを行ないながら、船舶免許の1級をこそこそと取りに行く為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルトグッズについての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

サプライズすぎる義理チョコ!? 今年は3種のチョコ入り「TENGA SWEET LOVE CUP」が本日8日(火)発売~15万円の1.4m「TENGA チョコタワー」も登場。林家ペーパー師匠のイベントも|ネタとぴ

1_o
TENGAが、バレンタインデーに先駆け、2019年1月8日(火)に、TENGAのカップ型商品にミルク・ストロベリー・ホワイトの3種類の味のチョコレートが入った「TENGA SWEET LOVE CUP(テンガ スウィート ラブ カップ)」を、TENGA取扱店やバラエティショップなどで発売します。

CESを賑わすハイテク技術を駆使した大人のおもちゃ|AFP BBNEWS

001
【1月10日 AFP】古くは印刷機からVCR(ビデオカセットレコーダー)、バーチャルリアリティー(VR)セックスに至るまで、アダルト・エンターテインメントは常に、ポルノ界に革新とテクノロジーの改良を促してきた。  

そして米ネバダ州ラスベガス(Las Vegas)で開催中の世界最大級の家電見本市「国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(International Consumer Electronics Show、CES)」を訪れる大勢のテクノロジー愛好家にとって、大人のおもちゃは、インテリジェント・トースターや人工知能(AI)搭載掃除機などから場所を空けてもらうべき存在なのだ。

女性向けアダルト玩具メーカーが世界最大級の家電見本市で賞を受賞、しかし馬鹿げた理由から賞は剥奪に|ライブドアニュース

dd2ed_88_be3a5af63a44a973b075bb7ecbca6015
女性向けアダルト玩具メーカーの「Lora DiCarlo」が、2019年1月8日からスタートしたCES 2019でロボティクス・ドローン部門の賞である「Innovation Awards」を受賞しました。しかし、CESの主催者側は女性向けアダルト玩具メーカーが受賞するのは不適切と考え賞を剥奪しており、これが話題となっています。

「アダルトVR」で不倫願望が鳴りを潜めた38歳男の“どハマり”(上)|DAIMOND ONLINE

img_4ce369f8517a27fd2090d6d34423ecfd44597
不倫願望が強いAさん(38歳)という知り合いがいる。  

願望が強いものの、良心のかしゃくやリスクへの尻込みから結局不倫をしたことはなく、これからもしないであろうと思わせる男性である。しかし会えば「先日知り合いになった誰々がかわいかった」と口を開き、ふた言目には「抱きたい」と身をよじるので、私がひたすら「本当にそうですね」「その通りだ」と相槌(あいづち)を打つ。おおむねAさんと会うとこうしてカウンセリングのような時間を過ごすのが常であった。

アダルトビデオ業界団体が違法動画紹介するまとめサイト4000件に警告文送付へ 悪質サイトには損害賠償請求も (1/2)|ねとらぼ

kikka_181227av3
アダルトビデオを製作する29メーカーからなる業界団体が、無断で転載されたアダルトコンテンツを紹介する「まとめサイト」に対し、近く警告文を送付することがねとらぼ編集部の調べで分かりました。対象となるのは約4000サイトで、悪質なサイトに対しては損害賠償請求に踏み切るとしています。

ッサンが美少女に変身!? VR空間で新たなアダルト市場が活性化|日刊SPA!

IMG-0679-550x734
技術革新(イノベーション)はマスターベーションから」。昭和の時代には家庭用ビデオデッキ、平成に入ってからはDVDやインターネットが男の欲望を満たし、それを世に知らしめた。元号も変わる今、発明され、発展する新たな技術は何か? すぐに使える2019年のイノベーションを紹介する。

「セックスドールは本物の女性よりずっといい」ユーザー男性3人が激ヤバ“SEXライフ”を赤裸々告白! 内容に衝撃…|TOCANA

0109sexdoll-3
セックスドールの進化は著しく、昨年は専門の“売春宿”も世界各地で話題となった。最近ではロボットやAIといったデジタル機器でに恋愛感情や性欲を抱く人々を指す「デジセクシャル(digisexual)」という言葉も登場している。

セックス用のリアルドールの流行は今年も続くと予想される中、今月8日付の英「The Sun」の記事では、セックスドールの男性ユーザー3人のリアルな声を取り上げている。「本物の女性より優れている」と語る彼らの赤裸々な告白を見てみよう。

日本の週刊誌、女子大生の「セックスランキング」で謝罪|BBC

_105125898_jpwomen2
日本の男性週刊誌が、飲み会でセックスに持ち込みやすい女子大生を大学別にランキングした記事を掲載したことを謝罪した。 週刊誌「SPA!」に掲載されたこの記事に、大勢が強く反発した。

10代男女を対象にしたセックス意識調査 「避妊は面倒」女性が上回る|ライブドアニュース

896fe_1591_9ace31124efbffa676d2a9d1f296d81c
日本財団は12月18日、17~19歳の男女800人を対象に実施したセックスについての意識調査の結果を発表した。 全体の23.3%、約4人に1人がセックスの経験があることがわかった。経験率は男性25.3%、女性21.2%で男女に大きな差はなかった。経験者に経験人数を聞くと、全体の54.3%が1人と回答した。初体験の年齢は、17歳が24.7%で最も多く、次いで16歳が19.8%、18歳が17.9%だった。

【速報】世界一過激な「SEXツアー」に“16歳の童貞少年”が参加決定で超話題! キメセク、乱交、女体盛り… 父親「俺も行きたい」|TOCANA

briansex_02
悪名高いセックスツアー「セックス・アイランド・エクスペリエンス」が今年も開催される。12月14日~17日にかけてカリブ海に浮かぶ秘密の「セックス島」に性豪男性30人、性病検査をパスしたラテン系の売春婦60人が集結し、えもいわれぬ快楽の日々を過ごす。だがこの度、参加者の中に16歳の“童貞”少年がいることが分かり、去年にも増して大きな話題になっているのだ。

女性の価値観をも変えてきたAV界の鬼才たち|日刊SPA!

av_08_01-550x574
人間のあくなき欲求である「エロ」は、いかにして進化を遂げてきたのか? 今日の発展に多大な影響を与えたキーパーソン達を厳選し、ここに紹介していく。 創意と工夫で新境地を開拓してきたAV界の鬼才  ’81年から始まったといわれる日本のAV。その黎明期から監督として関わり、AV最初の大ヒット作である『ドキュメント ザ・オナニー』シリーズを手掛けたのが代々木忠氏。名前がクローズアップされた初めてのAV監督だ。

セックスロボットなんて未来の話? でも、「それ」はすでにここにある|BuzzFeed

001
カリフォルニア州サンマルコスにあるリアルドール(RealDoll)社のセックスドール工場を訪れてからというもの、どうしても気になっていることがある。男性セックスロボット、とりわけシスジェンダー(身体的性別と自分の性同一性が一致している人)向けのものは、下腹部にモーターを入れないとピストン運動ができないという問題があるのだ。そうした運動ができる口紅型バイブレーターが15ドルで買えるのに、2万ドルを出して、重量50kgのシリコン製ドールを欲しがる人はいるのだろうか。

妻が夫のペニスを切り取った「ロレーナ事件」の真実を妻&夫本人が語るドキュメンタリー「Lorena」公式予告編登場|GIGAZINE

00_m
1993年にアメリカで起きた「ロレーナ事件」では、妻が夫のペニスを切断するという衝撃的な内容が世間の注目を集めました。過熱する報道から隠れるように発言を避けつづけた妻ロレーヌと、ペニスを切断された夫ジョンの間に何があったのか?の核心に迫るドキュメンタリー「Lorena」をAmazonプライムビデオが製作・配信します。そのLorenaの公式予告編ムービーが公開されました。

中国 足フェチビデオや政治パロディーを禁止へ|スプートニク

5791318
中国で9日、足フェチから国歌パロディーまで、すべてを禁止する新しい規則が発表された。このように中国政府は「有害」情報を排除するための努力を続けている。英紙「ガーディアン」が報じた。

出前ドリンクからコンドームが⁉ 店側は「ゴム手袋」と弁明も、真相は……|日刊サイゾー

gomu001-400x286
日本円で11兆円ともいわれる中国のフードデリバリー市場だが、衛生面での問題が頻発に指摘されている。そんな中、デリバリーされた食品の中から信じられないもが出てきたと話題になった。 「網易新聞」(12月5日付)によると同3日、中国版Twitter「微博」に、以下のような文章が投稿された。