714byqdeQxL._SL1100_今回はエーワンの

「ブラックロック外伝 神威-KAMUI-」

試してみました。

神の次元へ突入した亀頭オナニーグッズですね。


亀頭オナニー、亀頭マッサジャーアイテムとして定番な「ブラックロックシリーズ」。
今までにかなり多くのシリーズが発売されていますが、その中でレビューしたものは2つ程。
新作くらいは追ってみようと言う事で、今回は外伝版となるブラックロックの新作をレビューしてみましょう。

714byqdeQxL._SL1100_
亀頭オナニーは神の次元に突入!

そんな大体なキャッチコピーと共に「神威」の名が付けられたのが今回の商品。
パッケージの至る所に「強さ」だとか「破壊的」だとか「超振動」だとかいった言葉が書かれているように、今回の一番の特徴は強振動のローターが搭載されているという点みたいですね。

001

バイブ・ローター業界にもわりと造詣の深いオナ郎が補足として説明しておくと、この「6V」という部分が強振動の生みの親になっています。

MA_16091004415942

ローターと聞いてぱっと思い浮かぶような、このような形のピンクローターは「3V」で動くように作られています。
乾電池一つが1.5Vなのでそれが2つになって3Vの計算ですね。

なので、このような形のローターは今まであれば電池を2つ入れれば動いたんですが、数年くらい前に

「ローターの電池を倍にして強力な振動を生み出してやろう」

というコンセプトの「ラストインパクト」というローターが発売されました。
最強ローター ラストインパクト
最強ローター ラストインパクト(Amazonのリンクです。)

3Vが6Vになっただけで・・・と思うかもしれませんが、およそ人間の性感帯が許容出来るレベルの振動を遥かに超えた振動を生み出す事に成功しており、これのヒット以降6Vのローターというのがアダルトグッズ業界でちらほら見かけるようになった、というわけですね。

あの強力な振動を自分のペニスで味わう事になるとは、これっぽっちも想像していませんでしたね・・・。

001

どちらが本体なのか良く分かりませんが、こちらが亀頭に被せるゴムパーツの方。
少し硬めの素材が使われており、臭いや油っぽさはほとんどありませんね。

南米のジャングル辺りに自生していそうな禍々しいフルーツみたいな造形になっており、先端の空洞部分にローターを仕込めるようになっていますね。

内部は縦ヒダの間に小さなイボが規則正しく並んだ構造になっています。

001

こちらがローター側。
電源ボタンと、パターンボタンがついたシンプルなローターになっており、ローターの玉部分は小さめに作られています。

001

電池ボックスに直接電池を入れるタイプではなく、分離出来る電池ボックスに電池を入れてから、それを本体に装着するタイプのものが採用されています。

オナホールの素材や構造でメーカーが分かったりするのと同様に、バイブやローターなんかもボタンや電池ボックスでどこのメーカーのものかがある程度分かるようになっており、エーワンはこのセパレートタイプの電池ボックスをよく採用しているような気がしますね。

001

電源を入れるとコントローラー側のライトが点灯するようになっていました。
振動パターンは3段階と非常にシンプルなものになっており、弱→中→強の振動の強さだけをコントロール出来るようになっていますね。

ただ、以前触った事のある6Vのローターよりも少しパワーが劣るような気がしますね。
振動が強いには強いんですけど、このくらいの振動であればほどほどに気持ち良さを感じられるかもしれません。

001

このローターを先程のゴムパーツに装着して、亀頭に被せてスイッチオンすればハンズフリーで亀頭への振動が楽しめる。
そんなシンプルな商品ではあるので、四の五の言わずに試してみましょう。

001

普通に気持ちよく、ハンズフリーで楽に刺激出来る

振動の刺激なので当たり前のように気持ちよく、ローターもしっかり固定されているのでズレたりする事もなく、スイッチを入れるだけでペニスに刺激を与えられる、というのはこのシリーズの特徴みたいなものなので、今回もそこらへんは余裕でクリアしている感じですね。

6Vの刺激がどんなもんなのか

というのが、今回の大きなポイントになる点だと思うんですけど、使ってみた感想としては

「ちょっと振動が強いだけでどうという事はない」

といった感じで、さすがにパワーが上がっているだけに「振動が弱い」だとかそういう事を感じる事はないんですけど、「悶絶するような刺激」だとか「もう我慢出来ない!」といったような大げさな事態になる事はなく、「あ~、気持ちいいわ~」くらいの感想以上のものは出てきませんでした。

しばらく使っていると振動にも慣れてきて、なんだか物足りなさを感じた原因を探ってみると、先端部分に垂直にローターが当たるような設計の為に、一番強く振動が当たる部分が尿道らへんで、射精感がこみ上げてくるようなダイレクトな振動を味わえないのが物足りなさの原因になっているようでした。

試しにローターを一度引っ張り出して、ペニスの裏筋の部分に直接当たるようにはめ込んでみると、いい感じの気持ちよさと、ダイレクトに亀頭を刺激してくる感じがアップしてくれたので、単純な気持ちよさとしては裏筋側にローターが当たるような造形の方が良かったのかもしれませんね。

振動自体は気持ちいいんですけど、これ単体で射精にまで持っていくのは少し難しく。
これはこれとてしっかりと役目を果たせているような感じは十分あるので、このアイテムに何を求めるのかで評価は変わるんじゃないかと思いますね。

パワー重視なローターの為に、

亀頭に装着して強振動を楽しむ

という点では優れていますが、

音が大きい分、外出時の着用には不向き

という欠点もあったりするので、用途によって向き不向きがある商品ですね。

普通に使えて普通に気持ちいい、そんな電動アイテムなのでオススメ度としては今回も★3くらいがちょうどいい評価なんじゃないかと思います。

オナホデータ

[弱振動系]■■■■□[強振動系] (5段階:4)
ショップ平均価格:-円前後
オナ郎のオススメ度:★★★(5段階評価:3)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る