001

今回はおながんの

「ONA砲 ソフト/ハード」

の2種類試してみました。

これまた勝利の構造っぽい感じのオナホールですね。


※今回は二本同時のワイド版のレビューとなりますので、明日のレビューはお休みさせて頂きます。

勝利の構造をうまい事取り入れて「HeavensFall/Nine」と共に華々しく2017年にデビューしたおながんというメーカー。

まだまだメーカーとしてはラインナップも充実していない中、今回もまた「約束された勝利の構造」を取り入れてしまったオナホールを発売してきたみたいですね。

71gfiBuqSyL._SL1000_
71upsKIc-ML._SL1000_


やけにサイバー感のあるパッケージとイラストを採用した「ONA砲」というのが今回のオナホール。
ハード版とソフト版が二種類同時に発売されており、オナホ業界あるあるよろしくハード版とソフト版のイラストは同じものは採用されておらず、対になっているデザインになっていますね。

地球歴84年、第四次大戦から復興した人類は新たな脅威に晒されていた。

地球外から飛来した謎の敵性物体EOE。

その正体不明の黒い物体はあらゆる生物を捕食していった。

各ユニオンは軍を展開し迎撃するも既存の兵器では決定打を与えられず防戦を余儀なくされる。

この事態を受け地球統治機構8Aは対EOE組織を発足し新兵器を投入。
地球対EOEの戦いの火蓋が切って落とされた。
まるで大作SF映画や地球防衛軍さながらの商品説明となっており、

オナホールの事は一切書いていない

という割り切りすぎて心配になるくらいの説明分ですね。

体(てい)としては

「対EOE組織を発足し新兵器を投入」

この投入された新兵器というのが今回の「ONA砲」になる、という事なんでしょう。
まるでオナホールを中心に世界が回っているかのようなオナホ4コマ劇場のような世界観・・・あたい嫌いじゃない・・・嫌いじゃないよっ!!とだけ言っておきましょう。

001

ソフト版の重量は約257g、ハード版の重量は約255gと、どちらもほぼ大差はなく255gくらいの重量で作られていますね。

全長は約13.5cm程の定番なミドルホールのサイズですが、昨今では13cmが定番のサイズと呼ぶにはいささか時代遅れのような感じになってきており、オナホのロング化がRIDE JAPANを筆頭に進んでいるような気がしますね。

使われている素材は疑いようのないくらいにメイト製のもので、ソフト版はいつものおなぺっと素材が使われていますね。
確かおながんの前作の「刺突する肉壁」もメイト素材で2種類作っていましたね。
前回のものよりもハード版の素材が少し固くなったような気がするんですが、もしかしたら気の所為かもしれません。

001


こちらが入り口側からの画像。
どう見ても「HeavensFall/Nine」と同じような構造にしか見えないんですが、何がどう変わっているんでしょうね。

強いていうなら8本の縦ヒダが7本に減った

というのは大きな違いだと思います。

001

こっちがハード版の入り口ですね。
よく見ると縦ヒダの数がハード版の方が一本多くなっており、いよいよ「HeavensFall/Nine」とほぼ同じ構造になってしまっていますね。

001

ソフト版の方が成形の精度が高くて縦ヒダが綺麗に出ている感じですね。
縦ヒダの数も違うので、もしかするとソフト版とハード版で微妙なヒダの違いを出しているのかもしれませんね。

451d34dd-s

ちなみにこっちが「HeavensFall/Nine」の裏返した時の画像。
縦ヒダはまだいいとして、奥のイボっぽい部分の構造もかなり似た構造になっていますね。

71uaeHeduNL._SL1000_
71FDAcoe8fL._SL1000_

なんだかんだとSFっぽい感じの言葉で飾られた内部構造ではありますけど、結局の所

「HeavensFall/Nine」のヒダを一本減らしただけ版

そんな印象を頂いてしまうようなオナホールですね。

001

そりゃあ気持ちいいがな

これが気持ちよくなければ「HeavensFall/Nine」のレビューは一体何だったんだという事になってしまい、一体どこにオチを持っていっていいのかさっぱり分からなくなるくらい似たような挿入感となっていますね。

ゾリゾリとした横ヒダの刺激なのは間違いないんですが、縦ヒダがしっかりと支えてくれている分直接壁がコスってくるような密着感はなく、フワっとした挿入感になっているのがこのオナホの大きな特徴となっていますね。

例えて言うのであれば、板チョコの直接攻撃してくるかのような大いなるチョコ感とは違って、

1243822028

こんな感じのフワフワサクサクとしたチョコレートの触感を横ヒダで味わえるようなオナホール、と言えばより分かりにくくなったかもしれません。

「エネルギー収束口」と名付けられた奥の部分は、バキュームをするとキュポキュポと吸われているような触感を味わえるような構造になっていますが、構造自体に刺激の工夫がなく、「吸われている」くらいにしか感じないのがやや残念な所ですね。

001

ハード版も「HeavensFall/Nine EX-HARD」とほぼ同じような挿入感で、強烈なゾリゾリとした横ヒダがペニスを確実に昇天に導いてくれるようなシンプルかつ気持ちのいい刺激になっていますね。

これもまた縦ヒダクッションによるフワっとした挿入感になっている為に、壁からの圧迫感による強い亀頭への刺激が軽減されており、

横ヒダのゾリゾリとした刺激だけを抽出して強い刺激を生み出している

そんな感じの挿入感になっていますね。

所詮は横ヒダのゾリゾリとした刺激・・・言ってしまえばそんな挿入感ではあるんですけど、どこかのメーカーの十八番でもあるただのネジを入れて作っただけのような横ヒダ構造に比べると、明らかにワンラク上の気持ちよさや、挿入感の違いがしっかりと現れており「いいですね」と言わざるを得ないようなオナホールだと思います。

ONA砲まとめ

ソフト版、ハード版と共に★5をつけるには十分な気持ちよさがあるオナホール

ではありましたが、結局の所「HeavensFall/Nine」と「HeavensFall/Nine EX-HARD」と、どう違うんだ、と言われたら

ほぼ同じです

と言わざるを得ないくらい似たような挿入感や構造ではあるので、すでにHeavensFall/Nineを買ってしまった方には全くオススメする要素のないオナホールとなってしまったのが残念な所ですね。

なんだったら重量がHeavensFall/Nineの方が大きいので、そっちの方を優先した方がいいかもしれないまである始末で、「一応★5は付けておくけどなんだかなぁ・・・」といった気分で満載ですね。

新メーカーがヒット作を出して味を占めてしまう気持ちも分からなくはないですが、ほとんど同じようなオナホールを出して「いいですね」と言わせられるのもなんだか腑に落ちない気持ちにもなりますね。

オナホデータ

ソフト版[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ハード版[まったり系]■■■■□~■■■■■[刺激系] (5段階:4か5かくらい)
ショップ平均価格:2200円前後
nkp(1g当たりの値段):8.6円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★★(5段階評価:5)

■ソフト版の販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る

■ハード版の販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る