001

今回はオナニス技研の

「オナホウルMとO」

試してみました。

前回に引き続き新メーカー「オナニス技研」のレトロ感のあるパッケージのオナホールですね。


「オナホの中身とパッケージはどちらが大事なのか」

純粋なオナホユーザーの方であれば「バーロ、んなもん中身に決まってんじゃねぇか」と思われるかもしれませんが、オナホールというものはパッケージの出来栄えで売上が大きく変わってしまうもの。

一昔前はパッケージだけが良ければ売れてしまう時代もあったものですが、Amazonのレビューであったり、オナ郎のレビューであったりとオナホの秘匿性みたいなものがなくなってしまった昨今ではパッケージも中身も同じくらい重要な要素になってきているように思いますね。

71D8qlbqPRL._SL1000_

71TpAcgxroL._SL1000_

そういった意味では「オナニス技研」のこのレトロ感溢れるパッケージは、他とは違った個性があって目を惹きやすく、ブランディングもそこそこしっかりしているので現代の流れには沿ったパッケージや販売戦略かもしれませんね。

ただ、第1弾のオナホールを2つ試してみた感想としては、どちらかと言うとジェネリック寄りな個性のないオナホールが並んだだけ・・・といった感じで、せっかくのパッケージが台無しになっているような印象を抱いてしまいますね。

さらにはコメント欄では
MUGEN∞ しりぺっとの仕込みオナホに似てる気がする
なんて情報まで頂いたので、「確かに似てたような気もするな・・・」と思って調べてみると、

001


完全に一致してしまう始末

で、J太郎さんよろしく「やれやれだぜ・・・」とため息が漏れてしまいそうになりますね。

ラブファクターと同じ会社なのか仲がいいのか、たまたま何らかの理由でかぶってしまったのか、プラスチックラバーだかなんだかは分かりませんが、

「ちゃんとオナホ作りしようぜ!」

と言いたくなってしまいますね。

001

第2弾は何かで使われていたすでにレビュー済みのオナホではない事を信じたい所ですが、一度そういう事があればどうしても疑いの目で見てしまいますね。

調べようにもこんなよくあるジェネリックな感じの造形のオナホは過去にたくさん試してきたので特定はさすがに出来ませんね・・・。
タマトイズらへんで似たようなオナホがあったような気がするんですが1つずつ調べる気もしないので、はじめて使うオナホとしてレビューしていきましょう。

全長はどちらも約13cm程。
オナホウルOの重量は約168gで、オナホウルMの方は約183gとMの方が15g程大きくなっていますね。

固さは普通くらいで、臭いはほどほど。
油っぽさは少し気になるくらいについている素材ですね。


001

オナホウルOの方はなんだかはっきりしないヒダっぽいものがちょこちょことついた構造。
オナホウルMの方は太めの横ヒダがメインで、真ん中にイボの固まりがついた構造になっていますね。

616SV08JJAL._SL1000_
こちらがオナホウルMの断面図。
どちらかと言うとイボメインな構造で無次元のようなうねうねとした構造になっていたようですね。

断面図の時点ですでに軸ズレしているパターン

のようにも見えるんですが、どうでしょうかね。

613saUaZQIL._SL1000_

こちらがオナホウルMの断面図ですね。
わりとくっきりとした構造なので、裏返した時とあまり大きな印象の違いはなく、ヒダメインでイボがアクセントでついている構造のようですね。

オナホウルO

001

横から飛び出してしまう程に軸ズレしているわけではありませんでしたが、レベル1くらいには軸ズレしており、一応まっすぐには突けるものの肉厚に偏りが出来てしまっていますね。

順方向で挿入すれば肉厚の薄い部分が下側に来る事になり、裏筋への刺激は減るんですが、奥の方にプリっと引っかかる部分がある為に刺激としては分かりやすいアクセントがついた挿入感になりますね。

逆方向で挿入すれば肉厚のある側が裏筋側になり、心地よさはアップして裏筋にデコボコとした鈍い刺激が走るような挿入感になりますが、プリっとした引っ掛かりがなくなってしまう為に挿入感としてはややつまらないものに感じてしまいますね。

どちらの方向だったとて、そこまで気持ちいいと思えるようなオナホールではなく。
かと言ってさっぱり使えない事もないくらいのオナホール・・・といった感じで、オススメ度的には★2くらいがちょうどいい評価だと思います。

オナホウルO

002

プリプリとした乱雑なヒダのような触感がなかなかに心地よく、真ん中のイボのモコっとした刺激もあったりでそれなりに実用的な挿入感になっていますね。

ただ、こちらもレベル1くらいには軸ズレして肉厚差が出てしまっており、片側はさきほども言ったような挿入感にはなるんですが、反対側はただのペニスの上側になんとなくヒダっぽいものが当たるだけの実用性にかける挿入感になってしまっていますね。

100g代のオナホールが全てこういった挿入感になるわけではないので、構造的に厳しいのか、技術的な問題を抱えているのかもしれませんね。

気持ちよさ的には★3くらいはつけてもいいかな、と思えるものですがやはり肉厚バランスが悪いという点を考慮するとオススメ度としては★2くらいで納めておくのが正しいような気がしますね。

オナホウルOのオナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:1000円前後
nkp(1g当たりの値段):3.8円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る

オナホウルMのオナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:1000円前後
nkp(1g当たりの値段):3.5円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る