001

ネット上のオナホールやアダルトグッズの関連記事などをまとめてお届けする 

「オナホトピックス」のコーナー 

という名をかりてオナ郎がペニス休みを行ないながら、横浜のボートショーに馳せ参じながらカジキ仲間と語り合う為の偽装のコーナーです。

本日は他サイト様の記事、ニュースでオナホールやアダルト業界についての知識や理解を深めていきましょう。 
また、オナホールのリクエストは出来るだけこの記事のコメント欄かメールフォームにおくって頂けると大変助かります。

【閲覧注意】イルカが魚をオナホールにして昇天、女性を逆獣姦も…! “性獣化”したイルカ動画3選!|TOCANA

20190218_dolphin_01
イルカは、かわいらしい外見と人懐っこさが人気の動物だ。医療や福祉の現場では、発達障害者などがイルカと交流する「ドルフィンセラピー」も注目されている。一方で、イルカは性欲がとても強いということはあまり知られていない。

【閲覧注意】コウモリが“セルフフェラ”で射精するオナニーの決定的瞬間! 自慰か前戯か… 口淫を重視する謎多き生態|TOCANA

20190301_bat_01
これまでトカナでは、おっさんをズリネタにするサルや、魚の死骸をオナホにするイルカなど、動物たちの奇妙なオナニーを紹介してきた。こうしたオナニーに負けず劣らずショッキングなオナニー動画をYouTubeから紹介しよう。

バレンタインに56回オナニーして死んだ“テクノブレイク少年”の最期がヤバすぎる! 警官も絶句の「きわめて痛ましい現場」とは?|TOCANA

valentinesdaytragedy1
バレンタインを最愛の人や仲間と楽しく過ごす予定はあるだろうか。この日を孤独に過ごしても何ら問題はないのだろうが、自分だけの自由な時間だからといって“アレ”のし過ぎには十分注意しなければならないようだ。

韓国でアダルトサイトが遮断され、ネットに苦悶の声が氾濫|BLOGOS

free_l
韓国のネット掲示板「clien」が大荒れに荒れている。コトの発端は、2月11日から、韓国政府が違法認定した有害サイトへのアクセスを、全面的に遮断したこと。有害サイトの多くが海外のAVサイトだったため、「これでは一人寂しい夜はどうしたらいいのか」と騒動になったのだ。

五輪を名目にコンビニから追い出された成人向け雑誌の末路|NEWSポストセブン

seijinshi01
コンビニエンスストアの商品配置といえば、外から見える窓際一面に雑誌棚があるのが定番だ。ところが、その売り場構成が崩れようとしている。

雑誌の販売が不振であることが主な理由だが、その先がけであるかのように、成人雑誌の取り扱いを大手コンビニチェーンが相次いで中止している。ライターの宮添優氏が、成人雑誌は消えるのか、生き残る可能性はどこにあるのかについてレポートする。

エロ表現で炎上の女子ソフト世界選手権PRバナーは「広告代理店の提案」|Yahooニュース

20190304-00010001-huffpost-000-2-view
「手クニシャン、そろってます。」
「ハードプレイがお好きなあなたに。」

何のキャッチコピーだか分かるだろうか。

実はこれ、今年11月に熊本市で開催される女子ハンドボール世界選手権大会の宣伝バナーなのだ。

“マジックミラー号”はいかにして生まれたのか?――赤字のなか起死回生をかけて臨んだ池袋で出演希望者の列を作るまでの物語を産みの親が語る|ニコニコニュース

21
 いまやアダルトビデオ界の一ジャンルとしてその地位を確固たるものとしたマジックミラー号。その誕生までの波乱万丈な経緯、撮影初日の知られざるエピソードを久保さんが語ります。

サガミゴムが全国で調査した「ニッポンのセックス」 5年ぶりの調査結果に驚きの変化が|しらべぇ

GettyImages-1001838382-600x400
「サガミ」といえば、爆発的な売れ行きを記録したコンドーム「サガミオリジナル」でおなじみ「相模ゴム工業」(以下、サガミ)。日本の性事情を赤裸々に調査して話題になった「ニッポンのセックス」が5年ぶりに更新したそうだ。

「セックスロボットとの性行為が半数に」との予測…中国、男性余剰で代替手段の必要性|ビジネスジャーナル

post_26684_01
 女性よりも男性の数が多く、男女比率の不均衡が深刻な問題となっている中国。このたび、そんな中国の識者の口から、驚くべき主張が語られた。それは、将来的に中国で結婚適齢期の男性が増加するにつれ、セックスロボットの普及・使用が一般化していくというものだ。  

2月上旬、台湾中央通信社の取材に応えた社会学者の李銀河氏は、「2050年には、ロボットとの性行為が人類全体の性行為の半分を占めることになるだろう。(中略)これは非常に興味深い話である」と主張した。 

セックスロボットの普及が目前に、法規制の解決すべき課題とは?|GIGAZINE

mark11
「ロボットとのセックスは今後50年以内に一般的になる」と約半数のアメリカ人が考えていることが2017年の調査で示されました。

しかし、現実味を帯びてきたセックスロボットを法律で規制することについては、まだまだ解決すべき問題が残っていることをミネソタ大学の法学者であるFrancis X. Shen氏が述べています。

【ART×SDGs】田舎町で生まれた「おっぱい展」NYブルクリンにて開催決定!!|PRTIMES

d41472-1-959986-9
おっぱい展とは、おっぱい(女性)にまつわるエトセトラを、アートを通して世の中に伝えていきたいというアーティスト思いからSDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)に賛同し「子どもたちのため」「女性のため」「社会のため」「乳がん啓蒙のため」など、自分だけではない周りの人たちや、社会のこと、他の国の人々のことをもっと考える「きっかけ」になるためのイベントとして2017年より開催しています。

TENGAプロデュースの期間限定バーに行ってみた|おたくま経済新聞

TENGA_Lump
みなさんは、TENGAと聞いて何を思い浮かべるでしょうか? もしかしたら女性は分からないかもしれませんが、男性はほぼ100%の人が理解していると思います。そう、世の男性たちをめくるめく世界へいざなう魔法(魔性?)の道具。そんなTENGAを開発している株式会社TENGAさんが、なかなか日常生活では話すことができない“性”の話を気軽にできる大人の空間「BAR AGNET(バー・アグネット)」をプロデュース。

2月14日~16日、六本木に期間限定でオープンしたというので、初日2月14日の夜「プライベートの予定がなーんにもない」筆者が行ってきました。ちなみにこのイベントの一般参加枠は応募制、すでに締め切っているのでその点ご注意を。

女子が自慰行為を行うのは普通のことなのか?|GIGAZINE

woman-865022_960_720
「女の子がマスタベーション(自慰行為)することは普通ですか?そして、健康に影響はありますか?」という17歳の少女の質問に、学術系メディアのThe Conversationが回答を掲載しています。

性に関する事柄を誰かに直接尋ねるのは難しく、かといってGoogle検索では適切な答えが返ってこないこともしばしば。The ConversationのQ&Aコーナーでは、そんな質問に対してシドニー工科大学准教授のMelissa Kang氏が答えています。

男らしさ = アソコの大きさ? ペニスの展覧会がイギリスで大反響|GLITTY

20190304_pe1
女子と同じく、男子だって自分のアソコに悩んでいる…。
男子のペニスの多様性を訴える「The Penis Gallery(ペニスの展覧会)」が、イギリスで開催されました。

ペニスを“24年間洗わず”女性40人とセックスした男が出現! チーズのように熟成した大量のチンカスが… 視聴者ドン引き!|TOCANA

smegma_01
24年間一度もペニスを洗っていない男が海外で話題になっている。  

英紙「Daily Mail」(2月6日付)によると、その男の名はザック。これまで40人の女性と寝たと豪語するモテ男だが、ここ最近、射精が困難になる経験が度重なり、イギリスのテレビ番組「The Sex Clinic」に出演。驚愕のチン事情が明らかになった。  

アフリカに伝わる秘法!? 性交前に男性器をウォッカに浸して持続力アップ「2時間はイケる」|日刊サイゾー

drink_vodka-246x400
南アフリカ共和国で、セックスする前にペニスをウォッカに浸して持続力をアップさせている男性がいると、同国のタブロイド紙「デイリー・サン」が伝えている。  

記事によると、この特殊な方法を実践しているのは、ヨハネスブルク郊外のソウェトに住む36歳の男性、スボニソ・ムチャリ氏。